---12345678910111213141516171819202122232425262728293031-
久々の2,000枚越え
- 2017/03/29(Wed) -
0450起床、晴れ。
2017032901.jpg

32003KT 9999 FEW020 SCT/// 04/01 Q1020 RMK 1CU020
    北西の風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高2,000ftの積雲 20000ft以上に僅かな雲あり
    気温4度、露点温度1℃ 気圧1020Hp

    今日は終日晴れ、風も弱いとの予報。
    陽射しがあって暖かそうなので、いつもより少し薄着で出撃。
0545、出撃。

    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0550、河口現着。
    今朝の日の出は0533、すっかり明るくなっている。
    水位は昨日より10cmほど低下しているものの、まだCM席前には流れがあった。

2017032902.jpg

0601、上流から翡翠飛来、対岸土手越えで本流上流へ。

0603、対岸土手越えで下太郎飛来、そのまま堰下へ。
0607、下太郎は眼前を通過して合流点CB枝へ。
0608、下太郎は本流上流へ飛び去った。

0621、対岸土手越えで翡翠飛来、そのまま霞上流へ。

0639、下太郎、蛇籠枝に飛来するもすぐに本流上流へ飛び去った。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1600 F:4.0 マニュアル露出 ISO:720 EV±0 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017032903.jpg

0641、霞上流から本流上流に向けて翡翠通過。

0648、下太郎が小魚を給餌咥えしてCB枝に飛来。

SS:1/1600 F:4.5
2017032904.jpg
    ギャル曽根を探しているようで、すぐに本流上流へ飛び去った。

0656、対岸土手越えで翡翠飛来、そのまま霞上流へ。

0657、対岸土手越えで翡翠飛来、そのまま霞上流へ。

0658、対岸土手越えで翡翠飛来、そのまま霞上流へ。
    下太郎がギャル曽根を探しているのだろう。

0659、下太郎が端枝に飛来、このとき既に小魚は咥えていなかった。
0700、下太郎は霞上流へ。

0706、霞上流から翡翠飛来、対岸土手越えで本流上流へ。

0707、対岸土手越えで翡翠飛来、そのまま霞上流へ。

0735、ギャル曽根が堰下矢板に飛来。
    機材を担いで上流へ移動。
    対岸に、掘削中の巣穴が見えた。
    昨日の午前中には無かったので、半日で掘ったのだろう。
    ここは昨夏の大雨で崩れたところで、近いうちに埋め戻される予定。
    ということでここはアウトだぞ~。

2017032905.jpg
SS:1/1600 F:4.5 ISO:320
2017032906.jpg
    この後ギャル曽根は背後の土手にアタック1回、霞上流へ飛び去った。

0751、霞上流から本流下流に向け翡翠通過。

0755、霞上流から翡翠飛来、対岸土手越えで本流上流へ。

0802、ギャル曽根が対岸土手の壁枝に飛来。

SS:1/1600 F:6.3 ISO:560
2017032907.jpg
    ギャル曽根、すぐに竹林下へ。
    直後、CB枝に下太郎飛来、壁枝へ。

SS:1/1600 F:6.3 ISO:900
2017032908.jpg
SS:1/1600 F:6.3 ISO:560
2017032909.jpg
0803、ギャル曽根、蛇籠枝へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1100
2017032910.jpg
0804、ギャル曽根、壁枝へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:640
20170329011.jpg
2017032912.jpg
    この後ギャル曽根は霞上流へ。
    下太郎は蛇籠枝へ。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1100
2017032913.jpg
2017032914.jpg
0809、下太郎、土壁にアタック1回。
2017032915.gif
    下太郎は対岸土手を越え、本流上流へ飛び去った。

0814、下太郎が小魚を給餌咥えし、下流から霞上流に向け通過。

0819、下太郎が小魚を咥えたまま霞上流から飛来、対岸土手越えで本流上流へ。

0849、霞上流から翡翠飛来、対岸土手越えで本流上流へ。

0859、霞上流から本流下流に向け翡翠通過。

0900、フィールド上空を2羽の翡翠が追いかけっこ、ぐるぐると飛び回った。

0914、ギャル曽根が蛇籠枝に飛来、すぐに壁枝へ。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2017032916.jpg
2017032917.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1250
2017032918.jpg
    この後ギャル曽根は竹林上へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1000
2017032919.jpg
0915、竹林直下にダイブ、特大サイズのお魚をゲットしてブロックへ。
2017032920.gif
2017032921.gif
    これが本日唯一のダイブだった。
    ギャル曽根、調理に手間取り、お魚を持ったまま竹林下の藪へ。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2017032922.jpg

0918、霞上流から下太郎飛来、対岸土手越えで本流上流へ。

0920、霞上流から本流下流に向け翡翠通過。

0921、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。
    すぐに霞上流から下流に向け翡翠通過。

0923、CB枝に下太郎飛来。
0924、下太郎は本流上流へ飛び去った。

0929、下太郎が竹林下のブロックに飛来。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1000
2017032923.jpg
    すぐに竹林下のギャル曽根の傍へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1400
2017032924.jpg
2017032925.jpg
2017032926.jpg
0930、2羽とも対岸土手を越え、本流上流へ飛び去った。

0932、CB枝に下太郎飛来、すぐに本流下流へ飛び去った。

1001、堰下矢板にギャル曽根飛来。

1003、蛇籠枝に下太郎飛来。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:800
2017032927.jpg
1004、下太郎は壁枝へ。
    直後、ギャル曽根も壁枝へ。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:500
2017032928.jpg
2017032929.jpg
2017032930.jpg
    この後2羽は対岸土手アタックを開始した。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017032931.jpg
2017032932.jpg
2017032933.gif
2017032934.gif
2017032935.gif
2017032936.gif
2017032937.gif
2017032938.gif
2017032940.gif
2017032941.gif
1022、2羽は霞上流へ飛び去った。

    壁アタックの様子は動画でも撮影。



1024、壁枝にギャル曽根飛来。
SS:1/2000 F:6.3 ISO:500
2017032942.jpg
    ギャル曽根はすぐに霞上流へ飛び去った。

1032、合流点端枝に下太郎飛来、CB枝へ。
1033、下太郎は本流下流へ飛び去った。

1035、本日の撮影を終了し撤収。

撮影枚数は2000枚を軽くオーバー。
こんなにシャッターを切ったのは・・・去年の夏以来かも。

2017032943.jpg
それにしてもD4Sのバッテリーも凄いよね。
購入してから3年経過、この間に90回も充電しているバッテリーなのに、2600枚撮影してなおも64%の残量だなんて・・・
凄い、凄すぎる!

さて、この2羽、いったい何処で営巣するのだろう。
今日の様子では、巣穴はまだ決まっていないようだ。

明日の予報は日中は晴れで風も弱そう。





この記事のURL |     翡翠 | CM(4) | ▲ top
急展開
- 2017/03/28(Tue) -
0450起床、高曇り。
2017032801.jpg

33010KT 9999 FEW020 BKN/// 04/M03 Q1015 RMK 1CU020
    北西の風10KTS、視程10km以上
    雲量1/8、雲高2,000FTの積雲 その上に雲底20,000ft以上の雲
    気温4℃、露点温度氷点下3度 気圧1015Hp
    予報では9時頃をピークに北風が強めとのこと。
0545、出撃。

    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0550、河口現着。
    2名先着済み。
    現着時にCM席至近枝に翡翠がパーチしていたとのこと。
    CM席の前は思った以上に水がある。

2017032802.jpg
    今日は合流点ではなく、CM席から撮影することにした。

0555、下太郎とギャル曽根が対岸土壁に飛来した。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/500 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV+0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017032803.jpg
SS:1/320 F:4.0
2017032804.jpg
    この後約20分間、2羽は対岸土壁で巣穴掘りをしながら飛び回った。
SS:1/320 F:4.0
2017032805.jpg
SS:1/320 F:4.0 EV-0.33
2017032806.jpg
2017032807.jpg
SS:1/800 F:4.0
2017032808.jpg
2017032809.jpg
SS:1/800 F:4.0
2017032810.jpg
2017032811.jpg
2017032812.jpg
2017032813.jpg
2017032814.jpg
SS:1/800 F:4.0
2017032815.jpg
2017032816.jpg
2017032817.jpg
SS:1/800 F:4.0
2017032818.jpg
2017032819.jpg
2017032820.jpg
2017032821.jpg
SS:1/800 F:4.0
2017032822.jpg
2017032823.jpg
2017032824.jpg
2017032825.jpg
2017032826.jpg
    ギャル曽根、蛇籠枝上方でホバリング
2017032827.gif
SS:1/800 F:4.0
2017032828.jpg
2017032829.jpg
2017032830.jpg
2017032831.jpg
0614、2羽は霞上流へ飛び去った。

0719、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

0723、下太郎、本流ブロックにパーチ、すぐに本流下流へ。

0726、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

0729、ギャル曽根と下太郎が堰下蛇籠に飛来。
    下太郎はすぐに飛び去ったようで姿が見えなくなった。
0735、下太郎、何処かで小魚をゲットし給餌咥えで蛇籠に飛来。
    ギャル曽根がボケて見えるのは前草被りのため。

SS:1/1000 F:5.6 ISO:500
2017032832.jpg
2017032833.jpg
    ギャル曽根が下太郎ににじり寄るが、下太郎、すぐには餌を渡さない。
2017032834.gif
2017032835.gif
    あらら、蛇籠の裏に隠れて見えなくなっちゃった・・・
    でもどうやら給餌に成功したようだ。
0738、2羽は対岸土手を越え、本流上流へ飛び去った。

0741、下太郎が霞上流から飛来、対岸土手を越え本流上流へ飛び去った。
    直後、ギャル曽根が堰下に飛来。

SS:1/1000 F:5.6 ISO:400
2017032836.jpg
0742、ギャル曽根は対岸土手を越え、本流上流へ飛び去った。

0749、対岸土手越えで翡翠飛来、そのまま霞上流へ。
    直後、対岸土壁の巣枝に下太郎飛来。

SS:1/1000 F:5.6 ISO:250
2017032837.jpg
2017032838.jpg
2017032839.jpg
0752、下太郎はCB枝へ。
SS:1/2500 F:6.3 ISO:1100 EV±0
2017032840.jpg
0754、下太郎は本流上流へ飛び去った。

0826、霞上流から本流下流に向け翡翠通過。

0827、堰下にギャル曽根飛来、すぐに本流下流へ飛び去った。

SS:1/1250 F:5.6 ISO:250
2017032846.jpg

0828、本流下流から翡翠飛来、対岸土手を越え本流上流へ飛び去った。

0834、堰下にギャル曽根飛来、すぐに本流下流へ飛び去った。

SS:1/1250 F:5.6 ISO:220
2017032848.jpg

    この後は翡翠は全く飛来せず。

0930、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
モズ
♀がやたらとカメラに近づいてきた。
ロクヨンの最短撮影可能限界以内に入り込んでくるので、後ずさりしながら撮影。

2017032841.jpg
2017032842.jpg
2017032843.jpg
2017032844.jpg
2017032845.jpg
2017032847.jpg

明け方はペアで飛来し多いに楽しませてくれたのだが・・・
その後はカメラ席からは見えないところで遊んでいるようで、採餌も普段とは違う場所でおこなっているようだった。
久々に大量撮影したのだが、大半が同じような絵柄で、最終的には100枚も残らなかった。

それでも数日前までは破局かと思われた2羽の関係、急展開してペアになったようで何よりだ。
営巣場所も解らず採餌場所も解らず。
でも、それでも2羽がしっかり愛を育んでくれればそれでOK。
時々「おこぼれちょうだい」で撮影させてくれればね(^^;)

明日の予報は終日晴れで、風も弱く穏やかな一日になりそうだ。
この記事のURL |     翡翠 | CM(6) | ▲ top
| メイン | 次ページ