--12345678910111213141516171819202122232425262728293031--
100円ショップ
- 2017/08/13(Sun) -
夕刻、近所の100円ショップに行ってきた。
買ってきたのはコレ。

2017081399.jpg
品名は「醤油さし」と書いてある。

え?だからどうしたって?
コレがねぇ、翡翠撮影にはとっても重要なアイテムなのよ。
そう、捕まえて鳥刺しにして喰うのに・・・バキッ!!☆/(x_x)
この記事のURL |     機材 | CM(2) | ▲ top
RX100 デジスコ化 その7
- 2017/06/20(Tue) -
センセから機材をお借りしてのRX100デジスコ化計画、なかなか巧く進まない。
このほどセンセからTE-11WZ PROMINAR (25~60× WIDE ZOOM)とターボアダプタP2をお借りしたので、再度トライすることに。

アイピースとカメラの接合には、ターボアダプタTA4とP2を2段重ねする。

20170620010.jpg
この際、アイピースの見口ゴムとスライド金具は取り外す。
(これに気付かず、取り付けられずに苦労した)
カメラはユニバーサルアダプタに乗せて接合。
以前は遮光に苦労したのだが、今回はカメラのレンズ部がアダプタの奥深くに挿入出来るので、遮光の心配は無用だった。

20170620012.jpg
カメラはユニバーサルアダプタに搭載するのだが・・・
これの「芯出し」が非常に手間が掛かる。
1ヶ所のネジを緩めりゃすぐに全体がズレてしまい、一発ではなかなか決まらない。
とっても便利そうで、とっても難儀するアダプタだ(^^;)

20170620011.jpg
全てを組み終えると
20170620009.jpg
RX100への電力供給は、スマホ用モバイルバッテリーを流用する。

さて、試写だが・・・
とりあえずベランダから遠方を狙って・・・
といってもこのお天気、気温高めで大気の揺らぎが凄い・・・
というわけで、きっちりとした試写評価はまた後日。

画像は全てオリジナルサイズ、加工していない。
隣のビルの照明(100m)

SS:1/800 F:5.6 ISO:125 EV±0 分割測光 焦点距離10.4mm アイピース倍率x25 換算焦点距離700mm
20170620002.jpg
SS:1/640 F:5.6 ISO:125 EV±0 分割測光 焦点距離10.4mm アイピース倍率x40 換算焦点距離1120mm
20170620001.jpg
SS:1/400 F:5.6 ISO:125 EV±0 分割測光 焦点距離10.4mm アイピース倍率x60 換算焦点距離1680mm
20170620003.jpg

う~ん・・・
適当に組み上げただけで、いきなりこの画質かよ・・・たまげたぞ。

写距離約300mの道路案内板

SS:1/500 F:5.6 ISO:125 EV±0 分割測光 焦点距離10.4mm アイピース倍率x25 換算焦点距離700mm
20170620004.jpg
SS:1/400 F:5.6 ISO:125 EV±0 分割測光 焦点距離10.4mm アイピース倍率x40 換算焦点距離1120mm
20170620005.jpg
SS:1/250 F:5.6 ISO:125 EV±0 分割測光 焦点距離10.4mm アイピース倍率x60 換算焦点距離1680mm
20170620006.jpg

こりゃホントに凄いね。

ちょっと色気を出して、デジタルズーム。

SS:1/250 F:5.6 ISO:125 EV±0 分割測光 焦点距離21.9mm アイピース倍率x40 換算焦点距離2360mm
20170620007.jpg
SS:1/320 F:5.6 ISO:125 EV±0 分割測光 焦点距離37.1mm アイピース倍率x40 換算焦点距離4000mm
20170620008.jpg

アイピースの倍率を60倍にすれば、6000mmもの超望遠撮影となるが・・・
さすがにブレがもの凄く影響してくる。
足元をかなり固めて、しかもレンズの芯出しもかなり追い込まなきゃダメだ。

それにしてもだ、チャチャッとやっただけでこの高画質だぞ・・・
もっと撮影条件の良いときに、きっちりと追い込んでから翡翠撮影をしてみたいものだ。
この記事のURL |     機材 | CM(6) | ▲ top
| メイン | 次ページ