---12345678910111213141516171819202122232425262728293031-
防風板
- 2017/02/08(Wed) -
この季節、北風を受けながらの撮影は辛い。
防寒衣、防寒靴、帽子、更にはカイロ等の暖房具、色々と対策はある。
一番対策が難しいのが手。
手袋は色々と種類があるが・・・これだっ!という手袋が無いんだよね。
釣り用のものや写真撮影用のものから、百円ショップで売られているものまで、色々と試してみたのだが・・・
納得のいくものに出会わない。

結局、カメラ防寒防水カバーを使うのが一番。
でも面倒なのと、とっさに手が入らないという不便さも。

というわけで今年もまた「防風板」を作成した。
基本的には昨年まで使用していたものと同じ。

違うのは「素材」
これな~んだ!?

20170208005.jpg
約30cm四方の、クッションタイル。
お値段は・・・たぶん1枚100円もしない。
これを使って早速防風板を作成。

20170208002.jpg
20170208003.jpg
20170208001.jpg
20170208004.jpg
20170208006.jpg

指直前の曲げ部分は、スポンジの中に2mmの銅線を差し込んで曲げ加工してある。

え?
右や左からの風はどうするのかって?
MFでは、北に向けての撮影ばかり。
だから北風さえ凌げればそれでOKなんだな(^^;)
この記事のURL |     機材 | CM(4) | ▲ top
レンズリュック
- 2017/01/13(Fri) -
600mmレンズを収納運搬するために使用していたロープロ600AW2がくたびれ、その代替としてレンズコート社のリュックを購入したことについては、過去にブログに記述してある。
その「絶対買ってはいけないリュック」だが、だからといってそう簡単に買い換えるというわけにもいかない。
何だかんだ手を加え、約4ヶ月無理して使い続けてきた。
しかし・・・やっぱりどうにもならん。

というわけで、ロープロ600AW3を購入した。
通常なら3万円前後なのだが、アマゾンで20%オフで販売されていたので 21,620円で購入した。

20170113138.jpg
中は600AW2と殆ど同じ。
20170113139.jpg
蓋の裏側にあったメモリーカード入れは若干の形状変更が行われていた。
20170113140.jpg
何のために使うのか不明な小さなベルト4本とその袋がついていた。
20170113141.jpg
早速現有機材を収納、その他に必要な小物類を取り付け収納した。
右側にはロープロの小物入れを取り付け、その他に防寒衣やテントペグ等を収納。

20170113142.jpg
左側にもロープロの小物入れと、ホワイトガソリンタンク用ポケットを取り付け、テントペグを収納。
20170113143.jpg
ロープロ600AWは蓋を大きく開いたとき、その蓋が地面に接してしまう。
どろんこになる場合も考えられるのだ。
その対策として、蓋に紐を取り付けた。

20170113144.jpg
これで蓋は常に宙に浮いている状態となる。

さて「絶対に買ってはならないリュック」とふたつ並べて見たが・・・
その大きな違いにすぐに気付くだろう。

20170113145.jpg
それはショルダーハーネスの開き方。
ロープロのハーネスは大きく開き、かつ上方につり上げられている。
それに比しレンズコート社のリュックのハーネスはだらしなく垂れ下がり、開き方も少ない。
この差は、背負いやすさの違いに直結する。
ロープロの場合は片手を通した後にもう片方に腕を通しやすいが、レンズコート社のリュックは・・・腕は通らない。
つまりレンズコート社のリュックは、制作者が使用試験をしていないということ。
よくもまぁこんなものを売るもんだと呆れる。

ロープロ600AWは2個目の購入だが、やはり「売れてるもの」は「良いモノ」なんだと改めて認識。
明日から実戦投入。
この記事のURL |     機材 | CM(2) | ▲ top
| メイン | 次ページ