--123456789101112131415161718192021222324252627282930---
タボ、どうした?!
- 2011/11/30(Wed) -


0500起床、晴れ。
予報通りであれば今日は夕方まで良く晴れるようだ。
今日もまず河口に行きデジスコで撮影、そしてその後はベースキャンプで撮影という予定。
昨日のデジスコ画像がイマイチだったので、今日はちょっと変更してある。
0620出撃。

撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
デジスコの画像はCANON DPPで現像し3000x2000pixにトリミング、デジ眼の画像はNIKONのCaptureNX2で現像して1800x1200pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
画像はクリックで1500x1000pix表示。

0630、河口現着。
    ここで撮影している人達もブラインドフェンスを設置し、枝を立て、至近距離撮影が出来るように工夫してあった。
    ここでは素焼きの水瓶にお魚を入れて餌付けしているようだ。
    誰もいないが、場所をお借りして撮影。
0640、雌翡翠が飛来し、15mほどのところに立ててある止まり木にパーチ。

Canon PowerShot S90+KOWA TSN-824M(50x) SS:1/10 F:5.0 ISO:80 EV+0.67 焦点距離(mm),7.49(1,748mm)
2011113002.jpg
ズームしてドアップで。
SS:1.0 F:4.9 EV+1.33 焦点距離(mm),22.5(5,250mm)
2011113004.jpg
0646、雌翡翠はビルマ川本流の護岸に飛び去った。
    距離約80m。シャッターを押した瞬間に飛び去ったので、面白い写真が撮れた(笑)

SS:1.0 焦点距離(mm),22.5(5,250mm)
2011113005.jpg

0711、先ほどとは違う別の雌翡翠が、100mほど上流の枝に飛来した。
    遠すぎて撮れず。
0713、最初に来た雌翡翠が、40mほど上流の枝に飛来。

SS:1/6 F:3.5 EV+0.33 焦点距離(mm),12.85(2,998mm)
2011113006.jpg
しきりに上空を警戒している。空を見上げたが、猛禽等は見えなかった。
SS:1/25 F:5.0 EV±0 焦点距離(mm),6.85(1,598mm)
2011113017.jpg
ちょっとズーム。
SS:1/25 焦点距離(mm),12.85(2,998mm)
2011113016.jpg
更にズームしてテレ端。
SS:1/3 F:4.9 EV+0.33 焦点距離(mm),22.5(5,250mm)
2011113013.jpg
SS:1/2 EV+0.33 焦点距離(mm),22.5(5,250mm)
2011113011.jpg
2011113008.jpg
0720、別の雌翡翠は上流へ飛び去り、0730にはこの雌翡翠もビルマ川本流へ飛び去った。
天候その他撮影諸元は違うが、画像そのものが昨日よりマシになったと思う。
変更したのは雲台と三脚。
雲台はザハトラ、三脚はGITZOのカーボン5型。
足回りが固まり、ブレが少なくなった。

0735、河口での撮影を終了し、ベースキャンプ(BC)へ向かう。

0740、BC現着。
    先着カメラマンが楽しそうに談笑していた。
    聞くと、タボと#3♀が飛来し、派手に遊んでくれたらしい。
    15分早くBCに戻っていれば、だっくも楽しめたんだけどなぁ(笑)

0745、頭上をチョウゲンボウが通過。

NIKON D3+AFS NIKKOR600F4G ED SS:1/3200 F:5.0 絞り優先AE ISO:500 EV+1.0 スポット測光 焦点距離(mm),600.0
2011113021.jpg

0757、タボが0番枝に飛来。
SS:1/2000 EV-1.0
2011113022.jpg
直ぐにダイブし、微サイズのお魚をゲット、そのまま上流方向へ飛び去った。
SS:1/800
2011113023.jpg
0759、またまたタボ飛来。
    約10分間の長考の後、5番枝に移動。
0811、5番枝からダイブしMサイズのお魚をゲット。
    飛び出し。

SS:1/1600
2011113028.jpg
離水連写3枚。
SS:1/3200
2011113029.jpg
2011113030.jpg
2011113031.jpg
6番枝で調理。
SS:1/3200
2011113032.jpg
0815、6番から0番へ枝移り。
    飛び出し。

SS:1/3200
2011113033.jpg
0番枝飛びつき連写2枚合成。
SS:1/1600
2011113035.jpg
この後0番枝上で長考し、0828、5番へ枝移り。
飛び出し連写2枚合成。

SS:1/2500
2011113038.jpg
5番枝飛びつき連写2枚合成。
SS:1/2000
2011113042.jpg
0830、5番枝からダイブし川エビをゲット。
0835、2番枝へ移動。

SS:1/3200
2011113046.jpg
すぐにダイブして微サイズのお魚をゲット。
離水連写3枚。

SS:1/1250
2011113047.jpg
2011113048.jpg
2011113049.jpg
2番枝に戻り、再び獲物を狙う。
SS:1/3200
2011113051.jpg
0836、ダイブして水棲昆虫?をゲット。
    離水連写8枚。

SS:1/2500
2011113052.jpg
2011113053.jpg
2011113054.jpg
2011113055.jpg
2011113056.jpg
2011113057.jpg
2011113058.jpg
2011113059.jpg
どうやら水棲昆虫ではなく、植物の葉のようだ。
SS:1/2000
2011113061.jpg
3番枝へ。
SS:1/3200
2011113063.jpg
この後4番枝へ移動したが、何かを見つけたようで、真っ直ぐ下流へ飛んで行った。

0854、ワンド奥水路の葦原でタボが休憩していた。

SS:1/4000
2011113065.jpg
急に、向いている方向とは反対方向にダイブ。
ダイブ連写2枚合成。

SS:1/3200
2011113067.jpg
草陰で離水。採餌は失敗のようだ。
SS:1/4000
2011113069.jpg

0932、またワンド奥水路にタボ発見。
0934、水路奥へダイブし下流へ飛んだ。
0938、タボ0番枝に飛来、何もせずに上流方向へ飛び去った。

0955、本日の撮影を終了し撤収。

早朝のショーには間に合わなかったが、それでもそれなりに楽しめた。
昨日の昼以降、タボに何かあったのだろうか、俄然やる気になったようだ(笑)
亜紀ダメの亡き後を継ぐタボ、それなりに自覚してもらわなくちゃねぇ(^^:)

早いもので明日から12月。
予報は、午前中は雨で午後は曇り。
さぁて、どうしよう。雨天撮影か、それとも遅出午後撮りか。



※資金運用状況(閲覧希望者はパスワードを請求して下さい。)
11/30 ¥-313
この記事のURL |     翡翠 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
土壇場
- 2011/11/29(Tue) -


0500起床、曇り。
予報どおり、今日も暗い・・・
何だか今日の鳥撮りを占うような空だ。
のんびりと朝食をとり、夜明けを待った。(今日の日の出は0630)
0635、出撃。

撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
デジスコの画像はCANON DPPで現像しノートリ、デジ眼の画像はNIKONのCaptureNX2で現像して1800x1200pix にトリミングし、それぞれ1500x1000pixにリサイズしてある。
画像はクリックで1500x1000pix表示。

6時半を過ぎると通勤時間帯となり、道路は渋滞し始めていた。
いつもなら5分の道のりを15分掛かって河口現着。
今日はまず最初に河口でデジスコ撮影をしてから、ベースキャンプ(BC)へ向かう予定だ。

0650、河口現着。
    デジスコの電源を入れた直後、雌翡翠飛来。
    しかし遠い。距離は約80mくらいあり、いくらデジスコと言えど歯が立たなかった。
0658、雌翡翠は上流へ飛び去った。

0705、再び雌翡翠飛来。近い!
    ところが・・・シャッターを押す前に釣り人がやってきて、雌翡翠は上流へ飛び去った。

0723、またも雌翡翠飛来。写距離約15m。

Canon PowerShot S90+KOWA TSN-824M(50X) SS:1/25 焦点距離(mm),6.0(1,400mm)
2011112904.jpg
SS:1/25 F:5.0 ISO:80 EV+1.33 焦点距離(mm),10.7(2,497mm)
2011112903.jpg
SS:1/6 焦点距離(mm),18.19(4,244mm)
2011112905.jpg
0728、雌翡翠はビルマ川本流へ飛び去った。
0800、河口での撮影を切り上げBCへ向かう。

0805、河原現着。
    先着カメラマンに聞くと、今朝は全くダメダメとのこと。
    とりあえずデジイチでスタンバイ。

0826、タボ、上流側柳枝に飛来するも、すぐに姿が見えなくなった。
0842、タボ、対岸桑の木に飛来。対岸でダイブしMサイズのお魚をゲット。
    タボは桑の木の下の藪の奥に引きこもってしまった。

0900頃、他のカメラマンは全員撤収、だっく一人居残り。

0930頃、藪の奥から出てきたタボは、またまた対岸でダイブしMサイズのお魚をゲット。
    そしてまた藪の奥に引きこもってしまった・・・
    う~ん・・・ダメだコリャ・・・

0950、BCでの撮影を諦め、再び河口へ移動。
1000、河口現着。
1047、雌翡翠が上流側の枝に飛来。写距離約25m。

NIKON D3+AFS NIKKOR600F4G ED SS:1/640 F:5.6 絞り優先AE ISO:500 EV-0.33 スポット測光 焦点距離(mm),600.0
2011112909.jpg
シャッターを1回押した直後、どこからともなく、双眼鏡を持った集団が現れ、雌翡翠は金切り声を上げながら上流へ飛び去った。o(;△;)o
1050、河口での撮影を諦め、再びBCへ向かった。

1100、BC現着。0番枝にタボがパーチしていた。
    急いで機材の準備をし撮影開始。
    ところが・・・目の前の側道を土煙を上げながらクルマが通過。
    タボは驚いてワンド奥水路へ逃げ込んだ。
    う~ん、何でこんなジャリ道を猛スピードで走るかなぁ・・・

1136、タボ再び0番枝へ。
    撮影しようとしたとき、今度は通行人が・・・
    タボ、またまたワンド奥水路へ逃げ込んだ。
    ダメだコリャ・・・o(;△;)o
    お腹も空いたし、12時になったら引き上げよう。

1159、フィールドの後片付けに取り掛かったとき、0番枝にタボ飛来。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:500 EV-1.0
2011112912.jpg
をぉ!やる気満々のようだぞ!

1207、ダイブして川エビをゲット。
    AF遅れて着水離水を撮り逃した。

SS:1/3200
2011112914.jpg
6番枝で昼食。
SS:1/1250
2011112915.jpg
いつもならこれで飛び去ってしまうタボだが、今日はもっと食べたいようだ。
5番へ枝移り飛びつき。

SS:1/800
2011112916.jpg
5番枝でお魚を探すタボ。
SS:1/1250
2011112917.jpg
1208、5番枝から飛び出し連写2枚。
SS:1/1000
2011112918.jpg
2011112919.jpg
Mサイズのお魚をゲット!
またまたAF遅れて離着水撮れずo(;△;)o

SS:1/3200
2011112920.jpg
2011112921.jpg
6番枝に戻ってお食事。何だかとっても嬉しそうな顔をしている(^^:)。
SS:1/1600
2011112922.jpg
これを食べ終えたら飛んでっちゃうだろな~。
?(゚_。)?(。_゚) ンンッ??まだ食べたりないようだぞ??
1209、6番枝直下にダイブし川エビをゲット。
    離水連写4枚。

SS:1/800
2011112923.jpg
2011112924.jpg
2011112925.jpg
2011112926.jpg
SS:1/1600
2011112928.jpg
川エビを食べ終えて満腹になったのか、タボは6番枝上で座り込んでしまった。
SS:1/1600
2011112929.jpg
1215、突然立ち上がりダイブ!
SS:1/1600
2011112930.jpg
またまた川エビをゲットして離水、連写3枚。
SS:1/1000
2011112931.jpg
2011112932.jpg
2011112933.jpg
SS:1/1600
2011112934.jpg
川エビを食べ終えたタボ、またまた水面を覗き込んで・・・
う~ん、今日のタボはちょっと変!(笑)
今にもダイブしそうになったその時、チャリンコ爺さん通過。
タボ、ピィっと鳴いてワンド奥水路へ逃げ込んだ。
爺さん:「ありゃぁ、おっ飛ばしちゃったかぁ、ゴメンゴメン」
まぁ仕方ないでしょ。気を遣ってくれただけ感謝しなくちゃ。

1225、本日の撮影を終了し撤収。
    今日はダメダメの状況だったが、土壇場でタボが頑張り、とりあえずカッコがついた(^^:)。
    タボ、いつもこうだとカメラマンからの「注目度No1」になれるのにねぇ。

明日の予報は夕方まで晴れ、冷え込みも弱いようだ。




※資金運用状況(閲覧希望者はパスワードを請求して下さい。)
11/29 ¥-313
この記事のURL |     翡翠 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ