----12345678910111213141516171819202122232425262728293031
時代村と水族館
- 2013/08/29(Thu) -
温泉を後にし、帰路、2箇所の観光施設に立ち寄りました。
まずは登別時代村。
温泉街からの下り、よ~く注意していないと見逃してしまいそうな山の中にあります。

時代村1
入園料は大人一人2,900円。
これが高いか安いかは人それぞれ感じ方が違うとは思いますが・・・
設備投資にかなりのお金が掛かっているとは言え・・・(^^;)

時代村2
ご覧の通り施設内は閑散としていました。
時代村3
時折大型観光バスで団体さんがやってきますが、観光客の大半がワケわかんない言葉を発してました。
はい、海外それも中国からのお客さんが多いようです。

入園料を支払って中に入ると、おみやげ物屋さんやゲームコーナー等が軒を並べています。
何をするにもお金が必要で、最低基本料金は「500両」でした。
催し物も行われています。詳細を知りたい方はWebで「登別時代村」を検索してみてください。

で・・・だっくの感想は・・・
子供だまし?いまどきの子供はこんなんじゃ騙されんで~!
もう一回行きたい? ごめんじゃっ!

あ、決して商売の邪魔をしようなんて気はありません(^^;)

時代村を早々に後にし、次は海岸線沿いにあるマリンパークへ。

マリンパーク1
入館料は2,000円。
4階建ての水族館は、最上階から1階へ向かって観覧するようになっています。
中にはタッチコーナー(サメやエイ等に直接触れることが出来る)もあり、綺麗に見せる工夫もされています。

マリンパーク2
都内や八景島等の水族館に比べると・・・というところもありますが、時代村を見た後だけに、とっても満足できました(^^;)
今流行のクラゲ、ここにもたくさん展示されていました。


クラゲの他にも色々なお魚が展示されています。


実は・・・水族館ってあまり好きじゃなかったんです。
昔の水族館って暗くて汚くて、あまり良い雰囲気じゃありませんでしたよね。
でも最近の水族館は「見せる」工夫が随所になされて、とっても良くなりましたよね。
写真をたくさん撮りたかったのですが、コンデジのバッテリー切れでほんの少ししか撮れませんでした~。

水族館を後にし実家へ。
距離にしてわずか100kmほどなのですが・・・道に迷ってしまいました。
カーナビついてるのに・・・(笑)
北海道の道路標識、はっきり言って不親切!
土地勘の無い人は確実に間違えるように表示されています(^^;)
道路はとっても良いんですよ。
広々としているしクルマは少ないし、一般道がまるで高速道路のようですし。
2時間半ほどで帰り着くところを3時間以上要しました~。

とりあえず今回の帰省の目的は母を連れ出すこと。
目的は十分に果たせたと思っています~。
この記事のURL |     翡翠 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
朝食編
- 2013/08/28(Wed) -
他人がどんな朝飯を食ったかなんて誰も興味を示さないんだけど・・・
他に書くことが無いので仕方なく(笑)

登別温泉望楼NOGUCHIの朝食
やはり2Fレストランの個室です。
朝食は夕食と違ってドカンと一発出し(^^;)

 食前飲み物
  果汁100%グレープフルーツジュース
 サラダ
  旬の彩り野菜、季節のドレッシング添え
 スープ
  トウキビコーンスープ
 温物
  自家製温泉湯豆腐柚子添え
 パン
  モーニングブレッド
 肉料理
  伊達産ホエー豚のウインナー
  北広島産ベーコン
 たまご料理
  スクランブルエッグ
 温野菜
  チコリのオレンジ煮

朝食
 デザート
  登別酪農館牛乳のヨーグルト
   ハスカップジャムが載せてありました。

自家製ヨーグルト
  季節のフルーツ
   画像では見えないけど、裏側にパイナップルが。

季節フルーツ

 飲み物は珈琲

そんなにのんびり食べたつもりはないんだけど、それでも1時間くらいかかりましたよ。

このホテルのチェックアウトタイムは午後1時。
でもさすがにそこまでのんびりはしてられません。

おっと、大浴場の写真をアップするのを忘れてました~。

大浴場1
露天風呂
露天風呂
脱衣場
大浴場2
清掃はよく行き届いているしアメニティは充実、タオル等も綺麗に用意されていて、言うことなしでした。

食後にまた温泉に入って、10時にはチェックアウト。

帰路は登別時代村、そしてマリンパークに立ち寄りました。
この2箇所についてはまた別編で。
この記事のURL |     翡翠 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ