-----123456789101112131415161718192021222324252627282930
小春日和
- 2013/11/30(Sat) -


0455起床、晴れ。
    しっかり冷え込んでいるものの、風が無いので寒さはさほど感じない。
    今朝の日の出は0629。
    ちょっと早めに出かけて、合流点でのテント設営をせねば。
0605、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して1800x1200pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    画像はクリックで1500x1000pixまたは700x467pix表示。

0610、河口現着。
    IJM氏が先着し、既に合流点には大きなテントが立っていた。
    う~む、出遅れたか(^^;)
0615、合流点にてスタンバイ。

0622、置き枝に♀飛来。
    日の出前、さすがに写真にはならんなぁ。
0623、本流上流から翡翠2羽飛来、1羽は下流へ、もう1羽はフィールド方向へ。
    ♀、スクランブル発進、フィールド方向へ。
    3羽の存在は確認出来たが、雌雄の別は不明。

0625、本流下流から上流に向けて1羽通過。

0628、置き枝に♀飛来。

NIKON D3+NIKKOR600F4G ED SS:1/200 F:4.0 SS優先AE ISO:800 EV-1.0 SPOT測光 焦点距離(mm),600.0
2013113001.jpg
    すぐにダイブするも採餌失敗。
    着水点はきっちり捕捉したのだが・・・

SS:1/320 F:4.0 EV-0.33
2013113002.jpg
    この後AFは全く作動せず。
    光量が足りないのだ。

SS:1/320 F:4.0
2013113003.jpg
0630、再びダイブするも採餌失敗。
0631、採餌失敗。
    続いて置き枝から舞い上がりホバリング、採餌失敗して河床の石へ。

SS:1/1000 F:4.0 ISO:1250
2013113009.jpg
    その後♀は本流を下って行った。

0640、テントのすぐ後ろで♀がホバリング。
    ダイブしてMサイズのお魚をゲットし飛び去った。

0643、置き枝に♀飛来。

SS:1/1000 F:4.5 ISO:800
2013113012.jpg
    食後の休憩なのだろう、♀はのんびりと寛いでいた。
0648、♀は本流を遡っていった。

0700、合流点にもようやく陽が射し、明るくなってきた。

0709、♀が置き枝に飛来。

SS:1/1000 F:4.0 ISO:400 EV±0
2013113014.jpg
    ♀、すぐにダイブし小魚をゲット。
    ピン甘、証拠写真。

SS:1/1000 F:5.6
2013113015.jpg
2013113016.jpg
0710、置き枝から舞い上がりホバリング、ダイブせずに下流へ。
SS:1/1000 F:6.3
2013113017.gif

0713、下流から♀飛来、カメラの前を通ってフィールドへ。
    3番枝から5番枝に移動し、その後姿は見えなくなった。

0738、置き枝に♀飛来。

SS:1/1000 F:7.1
2013113033.jpg
2013113034.jpg
    またまた休憩タイム、のんびり羽繕い。
SS:1/1600 F:4.0
2013113035.jpg
2013113036.jpg
0743、♀は対岸のブロックへ。
0745、水浴び1回。

SS:1/1000 F:4.0
2013113038.jpg
0746、再び置き枝に飛来。
    どうせなら、ここで水浴びしてくれれば嬉しいんだけどなぁ。

SS:1/1000 F:5.6
2013113045.jpg
2013113046.jpg
0747、小魚をゲット。
SS:1/1000 F:6.3
2013113047.jpg
2013113048.jpg
2013113049.jpg
SS:1/1000 F:5.6
2013113050.jpg
0748、今度は小魚2尾同時ゲット。
    離水はピンぼけで没(T_T)

2013113051.jpg
2013113052.jpg
2013113053.jpg
2013113054.jpg
    調理中に1尾落下。
    残念そうに水面を見つめていた。

SS:1/1000 F:4.0
2013113055.jpg
    その後暫し食休み。
SS:1/1000 F:6.3
2013113058.jpg
0755、♀は本流上流へ飛び去った。

0816、対岸のブロックに♀飛来。

SS:1/1000 F:5.6
2013113059.jpg
    ブロックから水浴び3回。
SS:1/1000 F:5.0
2013113064.jpg
SS:1/1000 F:5.6
2013113068.jpg
0820、♀は上流へ飛び去った。
SS:1/1000 F:5.6
2013113073.jpg

0900、下流約150mの対岸に♀出現。
    ホバリング4回で小魚1尾ゲット。
0905、そこへ♂飛来。
    暫し睨み合い。
0910、♂は下流へ。
0911、置き枝に♀飛来。

SS:1/1000 F:7.1
2013113076.jpg
2013113077.jpg
    警戒態勢を解除していないようで、キョロキョロ。
SS:1/1000 F:6.3
2013113078.jpg
2013113079.jpg
2013113080.jpg
0913、小魚をゲットして河床の石へ。
    レンズの振りすぎで離水撮れず(T_T)

SS:1/1000 F:7.1
2013113081.jpg
2013113082.jpg
2013113083.jpg
2013113084.jpg
2013113085.jpg
2013113086.jpg
0914、石から下流方向へ飛び上がり、B面ホバリング。
SS:1/1000 F:9.0
2013113089.jpg
2013113090.jpg
2013113091.jpg
    採餌失敗、すぐにまたホバリング。
    更に遠い・・・

SS:1/1000 F:9.0
2013113095.jpg
    小魚をゲットして対岸のブロックへ。
SS:1/1000 F:6.3
2013113096.jpg
    この後♀は下流へ飛び去った。

0922、対岸のブロックに♀飛来。
    約10分間休憩し、上流へ飛び去った。

0940、すぐそばに釣り人がやってきた。
0950、撮影枚数も多くなったので、本日の撮影を終了し撤収。

本日の他の野鳥
カイツブリ

2013113057.jpg
セグロセキレイ
2013113013.jpg
2013113074.jpg
2013113075.jpg

日の出直後の気温は零度くらい。
川岸には霜が降りていた。
しかし風は無く、時間とともに陽射しが暖かさを運んでくれた。
ポカポカ、小春日和。
しかしこれからの季節は更に冷え込み、暖房が必要になる。
10年近く愛用したコールマンのストーブが壊れてしまった。
やむなく、また同じものを買い直すことにした。

2013113099.jpg

このところ、寒さのせいか釣り人の数がぐっと減った。
といっても週末の日中にはやはり河原は賑やかになる。
釣り人と巧く共存出来るよう、翡翠の早めの飛来と十分なパフォーマンスをお願いしたいものだ(^^;)

さて明日の予報は・・・やっぱり終日晴れ。
風も穏やかで絶好の鳥撮り日和になりそうだ。
この記事のURL |     翡翠 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
彗星崩壊
- 2013/11/29(Fri) -


0500起床、晴れ。
    今日も風も無くとても穏やかだ。
    しかし・・・寒いっ!
    メチャ冷え込んでるぞ・・・
    用を足しているとTKN氏から電話。
    TKN氏:「何やってんのよ!早く来なさいっ!」
    だっく:「は、はいぃ~っ!い、い、今いきますぅ~」
    用足しを半分で済ませ、大急ぎで出撃(^^;)
0605、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して1800x1200pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    画像はクリックで1500x1000pixまたは700x467pix表示。

0615、河口現着。
    大急ぎで大型テントを合流点に運び込み設営。
0625、スタンバイ。

0636、置き枝に♀飛来。

NIKON D3+NIKKOR600F4G ED SS:1/100 F:4.0 SS優先AE ISO:800 EV±0 SPOT測光 焦点距離(mm),600.0
2013112901.jpg
0637、♀は本流上流へ飛び去った。

0650、置き枝に♀飛来。
    すぐにダイブするも採餌失敗。
    着水点を確実に押さえた。

SS:1/500 F:4.5
2013112902.jpg
    しかし・・・
    どういうワケかこれ以降全てピンぼけ(T_T)
    枝着寸前でやっと再捕捉。

SS:1/500 F:4.0
2013112903.jpg
2013112904.jpg
    カメラの「AFロックオン設定」は「切」にしてある。
    このため、AFは手前にある止まり木に引っ張られたようだ。
    これ以降AFロックオンは「2」に設定した。

    ♀はダイブし直すことなく枝上でのんびり休憩。

SS:1/320 F:4.0
2013112906.jpg
0655、♀はペレットを吐き出した。
    藻海老ばかり食べているようだ。

SS:1/800 F:4.0
2013112907.jpg
0658、♀は本流上流へ飛び去った。

0758、下流約100mの対岸に♂飛来。
0759、置き枝に♀飛来。

SS:1/1600 F:4.0 絞り優先AE ISO:320
2013112910.jpg
    100m下流の♂の気配を感じるのか、♀は落ち着かない様子だ。
SS:1/1600 F:4.0
2013112911.jpg
2013112913.jpg
0801、♂が動いた。
    ♀、その動きを見逃さずスクランブル発進、2羽はフィールド方向へ飛んでいった。

0848、置き枝に♀飛来。

SS:1/2500 F:4.0
2013112917.jpg
    羽繕いをしたりアタマを掻いたり、♀はのんびりと休憩。
SS:1/2500 F:4.0
2013112918.jpg
0854、いきなりダイブ、採餌失敗。
    慌ててレンズを右へ振ったのでオーバーシュート、離水する♀は左端(T_T)

SS:1/3200 F:4.0
2013112919.jpg
    もちろん、この後全く追尾出来ず・・・
SS:1/1000 F:4.0
2013112920.jpg
2013112921.jpg
    ♀、続けてダイブし小魚をゲット。
    着水点をファインダーど真ん中で捕捉!

SS:1/3200 F:4.0
2013112922.jpg
2013112923.jpg
    ♀が水から出て来た。逃がさへんで~っ!
SS:1/4000 F:4.0
2013112924.jpg
2013112925.jpg
2013112926.jpg
2013112927.jpg
    これ以降着枝まではファインダーでは捉え続けたのだが・・・
    左手で回したピントリングの量が不適でピンぼけ・・・

SS:1/2500 F:4.0
2013112928.jpg
2013112929.jpg
2013112930.jpg
    続けてすぐにダイブ、小魚をゲット。
SS:1/3200 F:4.0
2013112931.jpg
    お魚落下!
SS:1/3200 F:4.0
2013112932.jpg
    ピントリングを手前に回しながら追尾。
SS:1/2500 F:4.0
2013112933.jpg
2013112934.jpg
2013112935.jpg
    しかしピントはここで置いてけぼり(T_T)
    ぐいっ!と回して着枝寸前で再捕捉。
    ありゃ~顔が見えない。

SS:1/3200 F:4.0
2013112936.jpg
SS:1/2000 F:4.0
2013112937.jpg
0855、♀は下流約100mの対岸ブロックへ。
0857~0859、♀はホバリングを4回。
    遠すぎて撮影せず。
    その後♀の姿は見えなくなった。

1001、置き枝に♀飛来。

SS:1/4000 F:4.0
2013112940.jpg
SS:1/2500 F:4.0
2013112941.jpg
    ♀はすぐに下流100mの対岸ブロックへ。
1004、対岸ブロックで♂と♀が縄張り争いのノビ合戦をしていた。

SS:1/2000 F:4.0
2013112943.jpg
1020、♂は下流へ。
1022、♀は対岸のブロックへ。

SS:1/4000 F:4.0
2013112944.jpg
    こっちへおいで~っ!
1023、♀は本流を遡っていった。

    この後1時間半待つも翡翠飛来せず。

1200、本日の撮影を終了し撤収。

本日の他の野鳥
置き枝にパーチしたセグロセキレイ

2013112909.jpg
目の前を通過するダイサギ
2013112914.jpg
カイツブリ
2013112915.jpg
コガモの♀
2013112916.jpg
対岸樹上のカワラヒワ
2013112939.jpg
オオバンは早朝からず~っとお付き合いしてくれた。
2013112942.jpg
こちらはバン
2013112945.jpg

昨日近日点を通過したアイソン彗星・・・
NASAによると、太陽から116万キロの近日点を通過後崩壊したらしいとのこと。
今世紀最大の天文ショーになるかと期待されていたのになぁ・・・
12月7日頃には撮影可能と思っていたのになぁ・・・
残念(T_T)
11月18日に何とか撮影した1枚が残っただけ。

明日の予報は終日晴れ、風も弱そうだ。
明日もしっかり冷え込みそうだぞ。
この記事のURL |     翡翠 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ