------12345678910111213141516171819202122232425262728293031-----
強風で出悪し
- 2014/03/31(Mon) -


0420起床、晴れ。
    METAR RJTJ 301900Z 33012KT 9999 1CU030 SCT/// 13/00 Q0997 MAX WIND 18KT
    北西の風12kts、視程良好。気温摂氏13度で雲は殆ど無し。最大風速18kts
    夜半の強風は収まりつつあるものの、まだ時折強い風が吹いている。
    その割には気温は高く、風は生温い。
0455、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して1800x1200pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    画像はクリックで1500x1000pixまたは700x467Pix表示。

0500、河口現着。
    日の出前30分なのに、昨日に比してずいぶんと明るい。

0545、巣枝に♂飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1000 F:5.0 SS優先AE ISO:6400 EV±0 SPOT測光 焦点距離(mm),600.0
2014033101.jpg
0549、♂は合流点付近へ。

0600、2羽の翡翠が下流から上流に向けて通過。

0604、♂が4番枝に飛来。

SS:1/2000 F:4.5 ISO:3200
2014033102.jpg
2014033103.jpg
0605、♂は対岸土壁を越えて本流へ飛び去った。

0608、2番枝に♂飛来。
    やっとフィールド内に朝日が射してきた。

SS:1/2000 F:6.3
2014033104.jpg
2014033105.jpg
2014033106.jpg
0610、♂は本流下流へ飛び去った。

0615、合流点に釣り人出現。
    あっちゃ~・・・こりゃダメだわ・・・

2014033107.jpg
    しかし釣果無く、しばらくして釣り人は立ち去った。

0634、2番枝に♂飛来。

SS:1/2000 F:4.5 ISO:2000
2014033108.jpg
0636、♂は竹林へ。
0637、♂は何かに驚いたようで、地雨林を飛び出し本流へ飛び去った。

0733、巣枝に♂飛来。

SS:1/2500 F:7.1 ISO:800
2014033128.jpg
    ♂は更に高い位置にある枯れ草へ移動。
SS:1/2500 F:7.1
2014033129.jpg
2014033130.jpg
SS:1/2500 F:5.6
2014033131.jpg
    すぐにダイブしMサイズのお魚をゲット、4番枝へ。
    ダイブ途中でブレーキ、レンズを振り戻した瞬間に♂はダイブ・・・離水撮れず(T_T)

SS:1/2500 F:4.5
2014033132.jpg
2014033133.jpg
2014033134.jpg
SS:1/2500 F:4.5
2014033135.jpg
2014033136.jpg
    ♂は丁寧に調理して・・・
SS:1/2500 F:4.5
2014033137.jpg
    お魚を給餌咥えして、本流上流へ飛び去った。
SS:1/2500 F:4.5
2014033138.jpg
2014033139.jpg

0747、対岸の杏の枝に♂が戻ってきた。
SS:1/2500 F:7.1
2014033140.jpg
    水際にダイブし小魚をゲット、4番枝へ。
SS:1/2500 F:6.3
2014033141.jpg
2014033142.jpg
2014033143.jpg
SS:1/2500 F:7.1
2014033144.jpg
2014033145.jpg
2014033146.jpg
2014033147.jpg
2014033148.jpg
0748、♂は対岸の枯れ草へ。
    ここで食休みに入った。

SS:1/2500 F:8.0
2014033149.jpg
    ノビ~ッ!
SS:1/4000 F:6.3 ISO:640 EV-0.33
2014033150.jpg
2014033151.jpg
0803、食休みを終えて4番枝へ。
SS:1/3200 F:4.0
2014033154.jpg
2014033155.jpg
2014033156.jpg
2014033157.jpg
2014033158.jpg
2014033159.jpg
2014033160.jpg
0804、♂は対岸の杏の枝へ。
SS:1/3200 F:6.3
2014033161.jpg
2014033162.jpg
0806、ダイブしてMサイズのお魚をゲット、4番枝へ。
SS:1/3200 F:6.3
2014033163.jpg
2014033164.jpg
2014033165.jpg
    レンズを右に振りすぎ、離水撮れず。
SS:1/3200 F:4.0
2014033166.jpg
2014033167.jpg
SS:1/3200 F:5.6
2014033168.jpg
2014033169.jpg
2014033170.jpg
    調理後給餌咥えして本流へ。
SS:1/3200 F:7.1
2014033171.jpg
2014033172.jpg

0854、巣枝に♂飛来。
SS:1/3200 F:5.6 ISO:400
2014033173.jpg
0856、ダイブしてMサイズのお魚をゲットし、竹林へ。
    レンズの振り降ろしを止められず、離水撮れず。

SS:1/3200 F:4.0
2014033174.jpg
2014033175.jpg
    完食後、♂は食休みに入った。
0920、食休みを終えた♂は霞川を遡っていった。

1004、巣枝に♂飛来。

SS:1/2500 F:6.3
2014033176.jpg
1005、ダイブしてMサイズのお魚をゲットし、4番枝へ。
SS:1/2500 F:4.5
2014033177.jpg
2014033178.jpg
2014033179.jpg
SS:1/2500 F:4.5
2014033180.jpg
    調理後、♂は給餌咥えで本流へ。
2014033181.jpg

1013、対岸の杏の枝に♂飛来。
SS:1/2500 F:5.0
2014033182.jpg
    ♂はすぐに本流へ飛び去った。

    その後1時間半以上待つも翡翠飛来せず。
1200、本日の撮影を終了し撤収。

本日の他の野鳥

2014033110.gif

強い北風は収まらず、時折木々が轟々と鳴っていた。
風の強い日は翡翠の飛来はいまひとつだ。
まぁ、あまり派手に飛び回って怪我でもされても困るからねぇ。

昨日入手した日の出光学の双眼鏡、フィールドで使ってみてその素晴らしさに再び感動!
レンズキャップも工夫されているし、ストラップ、これまたgood!
ストラップのネック部分が伸縮し、首への負担が和らげられるんだよね~。
いやぁ~っ、いいモノをゲットした~っ!

今日は光の状態が良く、また、こまめに露出補正を変更しながら撮影したこともあって、だっく好みの色の画像となった。
これで離水がバッチリ撮れていれば言うことなしだったんだけどなぁ(^^;)。

明日の予報は終日晴れ、北風が若干強めのようだ。
明け方の気温は今朝よりもかなり下がりそう。
この記事のURL |     翡翠 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
双眼鏡
- 2014/03/30(Sun) -
父から譲り受けた30年モノのニコン双眼鏡、ある日突然光軸がズレてしまった。
ニコンに問い合わせてみたところ、既に部品等はなく修理不能とのこと。
双眼鏡は写真撮影に必須ということはないが、やはりあるに越したことは無い。
以前はKENKO製品や、KOWA製の安物を使っていたこともあるが、やはり値段なりのデキだった。
できれば品質の良いものを入手したい。

前々から気になっていた双眼鏡がある。
日の出光学の製品だ。
その中でも8倍42mmの双眼鏡は、Webでも非常に評判が高い。(もちろんお値段もそれなりに高い)

先日、鳥友のYMZK氏が日の出光学の6倍双眼鏡をフィールドに持ってきたので、見せてもらった。
うっ・・・何だこりゃ・・・
コレって、NikonやKOWAの同額の双眼鏡より遙かに上を行ってるぞ・・・。
やっぱりコレっきゃないな・・・

というわけで早速購入。

IMG_4554.jpg

届いた双眼鏡で早速遠景を眺めてみると・・・
う~ん・・・明るい!クリアっ!
いやぁ、すごいわ!思っていた以上だ。
この感動を文字で表現するのは難しい。
初めて KOWA 824M を覗いたときのような感動、と言ったら解るかなぁ・・・(^^;)

日の出光学、製品によほど自信があるらしく、
3年保証、その間製品に瑕疵があれば無償修理するとのこと。
更に
「一ヶ月間、無条件で返品を受け付けます。どんなにお使いになった場合でも、返品可能です。商品がお気に召さない場合は着払いでご返送ください。商品がこちらに到着し次第、お客様が指定した銀行口座に全額返金いたします。振込手数料はこちらで負担いたします。」だと。
すごい自信だよな。

まぁ、落としたりしないかぎり壊れることはないんだろうけどね(^^;)

日の出光学
この記事のURL |     機材 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ