123456789101112131415161718192021222324252627282930-----
不思議な行動
- 2014/06/30(Mon) -


0300起床、曇り。
    低い雲が厚く垂れ込めている。
    この分だと、予報のようには晴れないだろうな。
0400、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して1800x1200pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    画像はクリックで1500x1000pixまたは700x467pix表示。

0405、河口現着。
    日の出までは30分近くあり、フィールドはまだ暗い。
    IJM氏先着済み。
    弩ハマり具合、気合いともに負けてるなぁ(^^;)

0431、合流点付近に幼鳥飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/640 F:4.0 SS優先AE ISO:6400 EV+1.67 SS分割測光 焦点距離(mm),600.0
2014063001.jpg
    そんな遠くで遊んでないで、こっちへ来てくれ~っ!
0434、幼鳥、1番枝に飛来。

SS:1/1000 F:4.0 EV+1.33
2014063002.jpg
    幼鳥は、ダイブしそうな素振りを見せるものの、なかなかダイブしない。
SS:1/1000 F:4.0 ISO:3200 EV+1.0 SPOT測光
2014063004.jpg
0442、やっとダイブするも採餌失敗。
SS:1/1000 F:4.0
2014063005.jpg
2014063006.jpg
2014063007.jpg
SS:1/1000 F:4.0
2014063008.jpg
2014063009.jpg
2014063010.jpg
0443、幼鳥は対岸土手、人工営巣地のすぐそばへ。
SS:1/250 F:4.0
2014063011.jpg
    そして土壁に向かってホバリング・・・
    う~ん、いったい何をしようというのだ?

SS:1/320 F:4.0 EV±0
2014063012.jpg
0444、幼鳥は上流へ飛び去った。

0503、下流から上流に向けて翡翠通過。

    その後は・・・全く来ない!
    でもボウズじゃないからいいか。
    爽やかな川風を浴びながらのんびり、のんびり~(^^;)

0729、1番枝に幼鳥飛来。
    先ほどと同一個体だ。

SS:1/1600 F:8.0 ISO:1600
2014063013.jpg
SS:1/2000 F:5.6
2014063014.jpg
    例によってなかなか飛び込まず。
    羽繕い。

2014063015.gif
    痒い痒い。
2014063019.gif
0737、枝からこちらに向かって飛び出しホバリング。
    写距離約15mくらい。

SS:1/2000 F:7.1 ISO:1250 EV+0.33
2014063023.jpg
SS:1/2000 F:6.3
2014063025.jpg
2014063026.jpg
    ホバからダイブするも採餌失敗。
    着水点は草の中、見えなかった。
    増水で草地が湿地帯になっているのだ。

SS:1/2000 F:5.6
2014063027.jpg
2014063028.jpg
SS:1/2000 F:5.6
2014063030.jpg
2014063031.jpg
SS:1/2000 F:5.6
2014063032.jpg
0738、幼鳥は右手の湿地帯へ。
SS:1/2000 F:4.0
2014063034.jpg
0739、直下へダイブし水棲昆虫をゲット。
    着水点は草の中、見えず。

SS:1/2000 F:4.0
2014063035.jpg
0742、幼鳥はフラフラと移動、ホバリングかも?
SS:1/2000 F:6.3
2014063037.jpg
2014063038.jpg
    草の中にダイブ、また水棲昆虫をゲット。
SS:1/2000 F:5.6
2014063039.jpg
2014063040.jpg
    しかし・・・調理中に昆虫を落としてしまった・・・
    幼鳥は暫くの間、残念そうに水面を見つめていた。

SS:1/2000 F:5.6
2014063041.jpg
0748、幼鳥は対岸の土手へ。
SS:1/2000 F:4.0 EV+1.0
2014063042.jpg
    そしてまた人工営巣地のすぐそばへ。
SS:1/2000 F:4.0
2014063043.jpg
    あらら、また土壁に向かってホバリング。
SS:1/2000 F:4.0
2014063044.jpg
2014063045.gif
    ちょっと移動して
SS:1/2000 F:4.0
2014063047.jpg
    またホバリング。
2014063048.gif
    そしてまた移動してホバリング。

2014063050.gif
SS:1/2000 F:4.0
2014063055.jpg
0749、幼鳥は霞川を遡っていった。
SS:1/2000 F:4.0
2014063056.jpg
2014063057.jpg
2014063058.jpg
    その後9時まで待つも翡翠飛来せず。

0900、本日の撮影を終了。

本日の他の野鳥
ササゴイ

2014063059.jpg

9時から約1時間、堰作りを行った。
還暦爺2人、へろへろになりながら作業するも・・・未完成(^^;)

2014063060.jpg

土手に向かってのホバリング、あれはいったい何だったのだろう。
今年の春生まれたばかりの幼鳥だもの、営巣するわけがない。
DNAに刻み込まれた本能が為せる技か。

結局予報通りには晴れず、終日曇りのままだった。
今夜はまた雨になるのかな・・・

明日の予報は終日曇りで、時々雨・・・(T_T)
この記事のURL |     翡翠 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
土砂降り
- 2014/06/29(Sun) -
0310起床、小雨。
    予報では午前中は曇り時々晴れだったハズ。
    う~ん、雨が降ってるんじゃK公園に行っても濡れちゃうだけだもんなぁ。
    河口にしよか・・・
0415、出撃。

0420、河口現着。
    もちろんメチャ暗い。
    水位は昨日と変化が無いようだ。

2014062909.jpg

0440、突然土砂降りに。
2014062901.jpg
    大きなパラソルの下に居るのだが、跳ね上がる水飛沫でずぶ濡れになってしまった・・・
0500、雨は小康状態に。
    そして川の水位が急速に上昇し始めた。
    みるみるうちに約40cmほど上昇、濁流と化した。

2014062904.jpg
    4番枝はほぼ水没。
    その枝先に流木が引っ掛かって暴れていた。
    岸辺に立ててあった6番枝は川の中に立っていた。
    足下の川幅が一気に3mくらい広がった。

0516、その6番枝に幼鳥飛来。
    レンズを向ける間もなく幼鳥は上流へ。
0517、上流から幼鳥飛来、3番枝を蹴って河口付近の泥濘地へ。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1000 F:5.0 SS優先AE ISO:6400 EV±0 分割測光 焦点距離(mm),600.0
2014062902.jpg
2014062903.jpg
    幼鳥は約10分ほど滞在したが、採餌出来ずに本流を下っていった。

    その後3時間半、翡翠飛来せず。
1000、本日の撮影を諦め退散。

本日の他の野鳥
アオサギ

2014062906.jpg
ササゴイ
2014062905.jpg
2014062907.gif
雨上がりに中州で羽を乾かすカワウ
2014062908.jpg

土砂降り直後は急に冷え込んだのだが、その後気温は急上昇。
蒸し暑くなってきた。
梅雨というより、真夏のような空模様だな。

今夜もまた雨が降るらしい。
明日の予報は曇り時々晴れ、そして夕刻はまた雨。
さて・・・明日はどうしよう・・・


※午後の雷雨、雨量はさほどでもなかったのだが・・・
霞川上流部ではかなりの雨量だったようだ。


明日の朝までに水位が下がれば良いのだが・・・
この記事のURL |     翡翠 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ