-----12345678910111213141516171819202122232425262728293031------
写距離
- 2016/01/31(Sun) -


0515起床、晴れ。
    南西の空には月、スピカ、そして木星が明るく輝いていた。
    今日は文句なしの鳥撮り日和だ。
0620、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pixまたは700x467pix表示。

0625、河口現着。

2016013101.jpg

    先着TKN氏が既にスタンバっていた。
    あらら?大型パラソルが立ってるよ・・・雨も降ってないのに・・・
    昨日最後まで居残った方、片付け忘れて帰ったようだ。

0643、対岸土手の葛蔓に飛来。
0645、対岸水際にダイブするも採餌失敗、2番枝へ。
    離水はSS不足で撮影出来ず。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/200 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 SPOT測光 焦点距離:600.0(mm)
2016013102.jpg
0646、4番枝へ。
SS:1/400 F:4.0 ISO:3200
2016013103.jpg
0647、直下水際にダイブ、小魚をゲットして蛇籠枝へ。
    レンズの振り降ろしを止められず、アタマ切れ。

SS:1/1000 F:4.0
2016013104.jpg
2016013105.jpg
    飲み込んですぐに対岸土手の葛蔓へ。
0648、対岸水際にダイブ、採餌失敗して蛇籠枝へ。
    落差のあるダイブ、追尾の難易度は高い。
    でも最近コレばっかりなので、だいぶ慣れてきた(^^;)

SS:1/500 F:4.0
2016013106.jpg
2016013107.jpg
    すぐに蛇籠枝から水際にダイブ、エビ?をゲット。
SS:1/640 F:4.0
2016013108.jpg
2016013109.jpg
2016013110.jpg
0649、堰下左岸蛇籠の枯れ草へ。
0650、5番枝へ。

SS:1/640 F:4.0
2016013111.jpg
    この後本流上流へ飛び去った。

0657、対岸土手の枯れ竹に飛来。
0700、目を離したスキに対岸水際にダイブ、Lサイズのお魚をゲットして1番枝へ。

2016013112.gif
SS:1/1000 F:4.0 ISO:2000 EV±0
2016013113.jpg
0705、下流から上流に向け別翡翠通過、追いかけて上流へ。
SS:1/1250 F:4.0
2016013114.jpg
2016013115.jpg

0736、対岸土手の枯れ竹に飛来。
SS:1/2000 F:5.0 ISO:1400
2016013120.jpg
0742、またまた目を離したスキに水際でLサイズのお魚をゲット、蛇籠枝へ。
    背景土手付近を飛行する場合、AFはすぐに背景に引っ張られてしまう。
    AFフレームの中央にしっかり載せ続ければ何とかなるんだけど、コレって結構大変。

SS:1/2000 F:5.0 ISO:2000
2016013121.jpg
2016013122.jpg
2016013123.jpg
2016013124.jpg
2016013125.jpg
2016013126.jpg
2016013127.jpg
2016013128.jpg
0743、対岸土手の葛蔓へ。
0751、1番枝へ。

SS:1/1250 F:4.5 ISO:1000
2016013129.jpg
0753、2番枝へ。
SS:1/1600 F:5.0 ISO:720
2016013130.jpg
0754、エビをゲットして1番枝へ。
    写距離約20m。
    これだけ遠いとファインダー追尾は楽勝なんだけど、迫力無いんだよなぁ・・・

SS:1/1600 F:5.0 ISO:1250
2016013131.jpg
2016013132.jpg
2016013133.jpg
2016013134.jpg
2016013135.jpg
SS:1/1600 F:5.0 ISO:900
2016013136.jpg
2016013137.jpg
0755、上流から本流に向けて別翡翠2羽通過、すぐに追いかけて本流へ。

0804、下流から上流に向けて翡翠通過。

0821、4番枝に飛来。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600 EV-0.33
2016013139.jpg
0822、3番枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:560
2016013140.jpg
    小魚をゲットして4番枝へ。
    写距離約17m。
    このくらいの距離が一番追尾しやすい\(^o^)/

SS:1/2500 F:5.6 ISO:640
2016013141.jpg
2016013142.jpg
2016013143.jpg
2016013144.jpg
2016013145.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2016013146.jpg
2016013147.jpg
0823、5番枝へ。
SS:1/2500 F:5.6
2016013148.jpg
0824、再び3番枝へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:720
2016013149.jpg
0825、3番枝陰にダイブ、小魚をゲットして4番枝へ。
    ファインダー中央でしっかり捕捉し続ければ、枝が前にあっても何とかなる。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2016013150.jpg
2016013151.jpg
2016013152.jpg
2016013153.jpg
    しかし、こちらに向かって上昇し始めた途端、デフォーカス(T_T)
SS:1/2500 F:5.6
2016013154.jpg
0825、Mサイズのお魚をゲットして1番枝へ。
    逃がしてなるものか~っ!

SS:1/2500 F:5.6
2016013155.jpg
2016013156.jpg
2016013157.jpg
2016013158.jpg
2016013159.jpg
2016013160.jpg
2016013161.jpg
2016013162.jpg
2016013163.jpg
2016013164.jpg
2016013165.jpg
0826、水浴び1回、そのまま上流へ飛び去った。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:800
2016013166.jpg
2016013167.jpg
2016013168.jpg

0859、対岸竹林の中に飛来。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1400
2016013173.jpg
0923、食休みを終えて1番枝へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:640
2016013174.jpg
2016013175.jpg
0924、4番枝へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1100
2016013176.jpg
2016013177.jpg
    顎髭が立っておでこが凹んだらリーチ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2016013178.jpg
0926、ダイブするも採餌失敗。
    10m以内の至近ダイブ、難易度急上昇で追尾もままならず(T_T)

SS:1/3200 F:5.6
2016013179.jpg
2016013180.jpg
2016013181.jpg
    連続ダイブを期待したが・・・
0927、対岸土手の葛蔓へ。

SS:1/3200 F:5.6 ISO:1100
2016013182.jpg
    すぐに直下水際にダイブ、Lサイズのお魚をゲットして蛇籠枝へ。
SS:1/3200 F:5.6 ISO:1600
2016013183.jpg
2016013184.jpg
2016013185.jpg
2016013186.jpg
2016013187.jpg
2016013188.gif
0928、上流へ飛び去った。

1000、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥等
子供への給餌のためにせっせとお魚捕りをする伊太郎

2016013116.jpg
アオサギが飛来、夢中になってお魚捕り。
そこへダイサギもやってきた。
アオサギ:「こらぁ!ここはオレのシマだぞっ!」

2016013117.jpg
2016013118.jpg
伊太郎、君子危うきに近寄らずで待避。
2016013171.jpg
2016013172.jpg
合流点ではウ合の衆が天日干し
2016013138.jpg
中洲を移動、渡河するキジくん。
2016013169.jpg
2016013170.jpg


至近ダイブがもう少し多ければ言うことなしなんだけどね。
写距離20m以遠:ファインダー追尾は楽勝だけど、画像に迫力無し。
写距離10~20m:追尾しやすく、画像の迫力もまずまず。
写距離10m以内:追尾、合焦等、どれをとっても難易度高すぎ~(T_T)

でも天候良好、翡翠の出もまずまずで、鳥撮りを十分に楽しめた。
毎日がこんな調子だったら良いんだけどな~。

明日の予報は・・・あれま、終日曇りだって(T_T)
でも風弱く、寒さはさほどでもないみたい。
この記事のURL |     翡翠 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
パラパラで誤魔化せ
- 2016/01/30(Sat) -


0515起床、雨。
    300ft、500ft、そして700ftくらいにシーリング層があり、天気の回復はとても望めそうにない。
    これじゃ止まりモノだって無理。
    というわけで出撃を遅らせることとした。
0655、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pixまたは700x467pix表示。

0700、河口現着。

2016013001.jpg

    3名が先着しており、既に1回目のショーは終了したとのこと。
    翡翠は対岸土手の葛蔓で休憩をしていた。
0709、蛇籠枝へ。
    水浴び?と思ったら小魚をゲット。
    シャッターは押したが、暗くてSS不足でどうにもならず。
0711、また対岸土手の葛蔓へ。
0712、上流へ飛び去った。

0723、何処にダイブしたのか、小魚を咥えて蛇籠枝に飛来。
0724、水浴び6回。

2016013002.gif
2016013003.gif
0728、対岸土手の葛蔓へ。
    どうやら食休みに入ったようだ。
    珈琲を飲みながら雑談に興じていると、翡翠のけたたましい鳴き声。
    振り向くと、Lサイズのお魚を咥えて4番枝に飛来。
    どうやら対岸土手の葛蔓から直下にダイブ、大物をゲットして大喜びのようだ。

2016013004.gif
0747、完食して上流へ飛び去った。

0833、2番枝に飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1250 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.33 SPOT測光 焦点距離:600.0(mm)
2016013007.jpg
2016013008.jpg
    2番枝上段に飛来したときは「やる気満々」のハズなのだが・・・
    一向に飛び込まない・・・

2016013009.gif
0841、対岸土手の葛蔓へ。
0843、3番枝へ。

2016013010.gif
0847、水路脇の岩へ。
    やっとやる気になったか。
    あらら、ペレット。

2016013011.gif
    これで準備完了、さぁ飛び込め!
0851、水路内にダイブするも採餌失敗。

SS:1/2000 F:4.0 EV±0
2016013012.jpg
2016013013.jpg
2016013014.jpg
2016013015.jpg
2016013016.jpg
2016013017.jpg
2016013018.jpg
    よしっ!何とか至近ダイブをゲットしたぞ\(^o^)/
0852、3番枝へ。

SS:1/2000 F:4.0
2016013019.jpg
2016013020.jpg
0853、3番枝へ。
SS:1/1600 F:4.0
2016013021.jpg
2016013022.jpg
    振り向いてすぐに水際にダイブ、Mサイズのお魚をゲットして蛇籠枝へ。
SS:1/1600 F:4.0 ISO:1400
2016013023.jpg
2016013024.jpg
SS:1/1600 F:4.0 ISO:1600
2016013025.jpg
2016013026.jpg
    完食して水浴び1回。
SS:1/1000 F:4.0
2016013027.jpg
2016013028.jpg
2016013029.jpg
0854、対岸土手の葛蔓へ。
SS:1/1000 F:4.0
2016013030.jpg
0858、対岸竹林の中へ。
0909、キジバトに追い出されて見えるところに出て来た。

SS:1/400 F:4.0
2016013031.jpg
0910、2番枝へ。
SS:1/1250 F:4.0
2016013032.jpg
0911、5番枝へ。
SS:1/1600 F:4.0
2016013033.jpg
    すぐみ水際にダイブ、Mサイズのお魚をゲットして蛇籠枝へ。
    着水は捉えたがレンズの振り降ろしがとまらず、以降は全て画角上端でピンぼけ(T_T)

SS:1/2500 F:4.0
2016013034.jpg
2016013035.jpg
2016013036.jpg
SS:1/1000 F:4.0
2016013037.jpg
0913、水浴びもせずに上流へ飛び去った。
SS:1/1000 F:4.0
2016013038.jpg

0915、手網を持って合流点へ。
    合流点本流沿いの水中を覗き見たが、小魚は殆ど居ない。
0926、振り返ってフィールドを見ると・・・
    4番枝に翡翠が止まっているのが見えた。
    このまま戻れば翡翠を飛ばしてしまうので、遠回りしてカメラ席へ向かった。
    その間に翡翠はダイブしてMサイズのお魚をゲットしていた。
0929、カメラ席に戻った。
    翡翠はまだ4番枝、何とか間に合った。

SS:1/1000 F:4.0
2016013039.jpg
0931、採餌失敗して3番枝へ。
SS:1/2000 F:4.0
2016013040.jpg
2016013041.jpg
2016013042.jpg
2016013043.jpg
0933、Mサイズのお魚をゲットし、そのまま本流上流へ飛び去った。
    easyなダイブだったのに、どういうワケか撮り逃してしまった(T_T)

SS:1/2000 F:4.0 ISO:800
2016013044.jpg

0940、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
ヒヨドリ

2016013005.jpg
イソシギ
2016013006.jpg

ミゾレ混じりの雨が降り続き、気温は時間と共に低下。
河原は寒かったが、成果も寒かった。
こんな時はパラパラ動画で誤魔化すのが一番(^^;)
でもね、このGIF画像、作るの結構大変なんだよね。
トリミングの位置を一枚々々ドット単位で決めねばならず、それをドジると最初の水浴びGIFのようになっちゃうワケ。

明日の予報は晴れ。
明日は少し早めに出撃しよう。
この記事のURL |     翡翠 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ