12345678910111213141516171819202122232425262728293031----
ありがとうございますm(_ _)m
- 2017/01/31(Tue) -
0455起床、晴れ。
2017013101.jpg

    5時の外気温は摂氏3℃、約15ktsの北風が吹いている。
    昨夜半は強烈な風が吹いていた。
    その強風は収まりつつあるものの、今日はフィールドでのブラインドシート設営は厳しそうだ。
0625、出撃。

    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    クリックで1500x1000pix表示。

0630、河口現着。
    ブラインドシートを設営すべきかどうか・・・かなり微妙な状況だ。
    予報では昼にかけて15~20ktsの風が吹くとのことなので、シートの設営は諦めることに。
    皆はいつもの位置で着座、身をかがめてスタンバイ。
    だっくは昨日同様、本流ブロック近くにブラインドテントを張った。

2017013104.jpg
    テントの中からの視界
2017013103.jpg
    目の前の枝までの距離は5.8m
2017013102.jpg

    テント内とは言え、吹き込むすきま風は冷たい。
    翡翠は・・・待てど暮らせど飛来せず・・・

0748、下流側のブロックに下太郎飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/3200 F:6.3 マニュアル露出 ISO:1600 EV±0 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017013105.jpg
0749、ブロックの陰にダイブして水棲昆虫をゲット、少し近めのブロックへ。
SS:1/3200 F:6.3
2017013106.jpg
    またブロック陰にダイブして水棲昆虫をゲット。
SS:1/3200 F:6.3 ISO:1000
2017013107.jpg
2017013108.jpg
2017013109.jpg
2017013110.jpg
SS:1/3200 F:6.3 ISO:1600
2017013111.jpg
2017013112.jpg
2017013113.jpg
0750、下太郎は本流上流へ。
    目の前の枝に来て欲しかったんだけどなぁ・・・

0829、下太郎が本流下流側のブロックに飛来。

SS:1/3200 F:6.3 ISO:1100
2017013115.jpg
2017013116.jpg
2017013117.jpg
0831、ブロック陰にダイブして水棲昆虫をゲット。
SS:1/3200 F:6.3 ISO:900
2017013118.jpg
    続けてダイブ、また水棲昆虫をゲット。
    今度はやっと見えるところにダイブ、でも遠い・・・(T-T)

SS:1/3200 F:6.3 ISO:1000
2017013119.jpg
SS:1/3200 F:6.3 ISO:800
2017013120.jpg
2017013121.jpg
2017013122.jpg
2017013123.jpg
SS:1/3200 F:6.3 ISO:1250
2017013124.jpg
0832、更に下流側にダイブ、水棲昆虫をゲット。
SS:1/3200 F:6.3 ISO:1400
2017013125.jpg
2017013126.jpg
2017013127.jpg
2017013128.jpg
2017013129.jpg
2017013130.jpg
2017013131.jpg
2017013132.jpg
    この後下太郎は本流下流へ飛び去った。

0855、テントを畳みCM席へ。
    冷えた体に暖かなオニオンスープが効く(^^;)
0930、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
セグロセキレイ

2017013114.jpg

昨日あたりから、下太郎の飛来回数が激減している。
どうやら何処かで侵入者と縄張り争いをしているようだ。
今日も本流上流側対岸ブロックでヨソ者と背伸び合戦をしていた。
例年ならとっくに縄張りが確定している時期なのだが・・・どうも今年は遅れているようだ。
来月には恋の季節が始まるというのに。

寒さ対策にカイロは欠かせない。
ハクキンカイロ、ZIPPOカイロ等、いろいろなメーカーからカイロが発売されている。
大きさも、ミニサイズ・レギュラーサイズ・・・
そして、な、な、何と!
ジャンボサイズもあるのだ。

2017013100.jpg
レギュラーサイズよりも二回りくらいデカい。
お値段も、レギュラーサイズのほぼ2倍。
中の火口、これまたデカい。
火口が大きいためか、発熱量もかなり多いように感じられる。
分厚いネル地の袋が同梱されているが、これに入れないと熱くてやけどしそうなほどだ。

明日の予報は終日晴れ、強風も収まるようだ。

そういえば今日、ブログカウンタが「1111111」を越えた。
翡翠撮影を始めてから11年半、つまらん画像の羅列にもかかわらず、皆さん辛抱強く閲覧してくださり・・・
申し訳ないやらありがたいやら(^^;)
それでもまだまだ続きます~!
この記事のURL |     翡翠 | CM(8) | ▲ top
Roaster Drum Cover
- 2017/01/31(Tue) -
珈琲豆焙煎機のドラムカバー、今日も少し手を加えた。
今日の作業は
①ドラムカバーの補強

20170131003.jpg
    排気用アルミパンチ板材、非常に薄いため強度上問題がある。
    20mm幅5mm厚のアルミ材で補強。
②取っ手取り付け

20170131002.jpg
    焙煎中に状態を確認するため、ドラムカバーは頻繁に開け閉めする。
    そのための取っ手を取り付けた。
③蝶番取り付け

20170131001.jpg
    現在制作依頼中のRoasterBaseとの接合のための蝶番を取り付けた。

こうして少しずつ完成に近づいていく。
毎日「ここはどうしようか・・・あ、こうすれば」等と考えるのが楽しい。
実際に完成したら、おそらく不具合ヶ所が発見されるだろう。
それをまた修正していくのも、珈琲豆焙煎の醍醐味・・・か?(^^;)
この記事のURL |     日記 | CM(2) | ▲ top
| メイン | 次ページ