---12345678910111213141516171819202122232425262728----
安全装置作動回避
- 2017/02/28(Tue) -
珈琲豆自家焙煎、我が家のガス台では過熱安全装置が作動してしまうという予想外の事象が発生してしまった。
3つある五徳のうち、奥側の小さな火口には安全装置が装着されていないと思われる。
その確認のため、本日、珈琲豆を焙煎してみた。

結果は・・・


予想通り安全装置が作動することなく焙煎出来た。
この火口は火力が弱いのだが、それが逆に良かった。
最大火力にして焙煎を開始すると、ちょうど良いタイミングで1爆ぜが始まる。
これで微妙な火力調整から解放され、安定した焙煎が出来る。

また、先日作成した「急速冷却器」は完璧にその機能を発揮、僅か1分で冷却そしてチャフ除去まで出来てしまった。
そのため、キッチンにはチャフは殆ど飛散せず。
ガス台に僅かに落ちるだけで、掃除も極めて簡単だった。

やったね\(^o^)/

この記事のURL |     翡翠 | CM(0) | ▲ top
明暗
- 2017/02/28(Tue) -


0500起床、曇り。
35004KT 9999 FEW020 BKN030 BKN040 03/M06 Q1026 RMK 1SC020 5SC030 7SC040 A3030
    北の風4kts 視程10km以上 層積雲、雲量1/8 雲高2000ft 層積雲、雲量5/8 雲高3000ft
    層積雲、雲量7/8 雲高4000ft 気温3℃、露点温度氷点下6℃ 気圧1026Hp

    予報じゃ晴れのハズだったんだがなぁ。朝からどんより曇ってたんじゃ、モチベーション上がらんわ。
0610、出撃。

    赤信号で停車、青に変わったのでロドスタを発進させたところ、目の前に歩行者が・・・
    彼は赤信号を無視して横断、しかもこちらを睨み付けていた。
    相手が信号無視をしようが、はねたらこっちが悪者だもんなぁ・・・( ̄△ ̄)

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2100x1400pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0615、河口現着。
    雨が全く降らない河口、完全に干上がり死の谷となったままだ。

2017022800.jpg
    昨日はブラインドシートの左端に位置し、ダイブ2回ともブロック陰で見えなかった。
    今日はシート右端に位置した。

0630、下太郎が端枝に飛来、すぐに奔流上流へ飛び去った。

0645、上流から下太郎飛来、奥ブロック付近でU-ターンして奔流上流へ飛び去った。

0647、CB枝に下太郎飛来。

NIKON D3+NIKKOR 500mmF4E SS:1/500 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)500.0
2017022802.jpg
    お魚を探すがなかなか見つからないようで、枝上でクルクル。
2017022803.gif
0654、ダイブ・・・じゃなく、水際の石へ。
SS:1/1000 F:4.0
2017022804.jpg
SS:1/1000 F:4.0 EV±0
2017022805.jpg
    ここでペレットを吐出し、再びCB枝へ。
SS:1/1000 F:4.0
2017022806.jpg
2017022807.jpg
2017022808.jpg
2017022809.jpg
    すぐにダイブ、小魚をゲット。
SS:1/1250 F:4.0
2017022810.jpg
2017022811.jpg
2017022812.jpg
2017022813.jpg
2017022814.jpg
2017022815.jpg
2017022816.jpg
2017022817.jpg
2017022818.jpg
2017022819.jpg
0656、また小魚をゲット。
SS:1/1250 F:4.0
2017022820.jpg
2017022821.jpg
2017022822.jpg
2017022823.jpg
2017022824.jpg
2017022825.jpg
2017022826.jpg
0700、下太郎は奥ブロックへ。
SS:1/1250 F:4.0 ISO:2000 EV+0.33
2017022827.jpg
0701、下太郎は本流下流へ飛び去った。
SS:1/1250 F:4.0
2017022828.jpg

0727、奥ブロックに下太郎飛来。
SS:1/1250 F:4.0 ISO:1250
2017022829.jpg
0728、ブロック陰にダイブして水棲昆虫をゲット。
    その後CB枝へ。

SS:1/2000 F:4.0 ISO:2000
2017022831.jpg
2017022832.jpg
0729、モズがすぐ傍を通過、驚いて河床の石へ。
SS:1/2000 F:4.0
2017022833.jpg
    そして再びCB枝へ。
SS:1/2000 F:4.0
2017022834.jpg
2017022835.jpg
2017022836.jpg
2017022837.jpg
0730、コブラブロックの右側にダイブ、Lサイズのお魚をゲットして本流上流へ。
SS:1/2000 F:4.0
2017022838.jpg
2017022839.jpg
2017022840.jpg
2017022841.jpg

0826、端枝に下太郎飛来。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:800
2017022847.jpg
0829、竹林下へ。
SS:1/2000 F:5.6
2017022848.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:720
2017022849.jpg
    竹林下河床の石へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1100
2017022850.jpg
    そしてすぐにCB枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:900
2017022851.jpg
0831、ブロックの右側にダイブしてMサイズのお魚をゲットし、そのまま本流上流へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:800
2017022852.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:720
2017022853.jpg
2017022854.jpg
2017022855.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:800
2017022856.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:640
2017022857.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:720
2017022858.jpg
2017022859.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:800
2017022860.jpg

0902、端枝に下太郎飛来。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:900
2017022861.jpg
    下太郎、すぐにコブラブロック左側にダイブ、Mサイズのお魚をゲットして本流上流へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:800
2017022862.jpg
2017022863.jpg
2017022864.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:900
2017022865.jpg
2017022866.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:800
2017022867.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:900
2017022868.jpg

    これでしばらくは飛来しないだろうと思ったら・・・
0903、CB枝に下太郎飛来。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1250
2017022869.jpg
2017022870.jpg
    上空を猛禽でも通過したのだろうか。
    下太郎は本流上流へ飛び去った。

1000、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥等
オナガ 低速SS流し撮り ぶれぶれ・・・

2017022801.jpg
ラブラブなモズペア(♂に陰が無いので合成バレバレ(^^;))
2017022842.jpg
イタチの孫太郎?
2017022843.jpg
2017022844.jpg
イカルチドリ 他の小鳥と違って、地上移動の際、頭のブレが殆ど無い。
頭ん中にジャイロが入ってるのかも。決して「千鳥足」じゃないんだよな。

2017022845.jpg
2017022846.gif
今日はハクセキレイもお魚をゲット。
2017022871.jpg
河口では、カワセミの他にモズ、ツグミ、ハクセキレイが小魚を補食するようになった。
来年あたり、嘴の長いモズやツグミが出現するかもね~(^^;)

簡易ブラインドシート右端に位置したことが功を奏し、今日はダイブを何とか撮影することが出来た。
しかし、だからといって明日も右側が良いとは限らない。
どちらを選択するか・・・それが明暗を分ける。

コブラブロックより下流側に、大量の石を投入した。
全体を石で埋め尽くし、流れを変えてみようとしている。
でも石はまだまだ足りず。あと1000個は入れなくちゃなぁ。
ま、ぼちぼちやってみよう。

明日の予報は晴れ、風も穏やかなようだ。


再修理に出していたD4Sとロクヨンが戻ってきた。
D4Sは「AF精度不具合のため前ボディを交換再調整」とのことだった。
何だかよく解らないね。
ロクヨンの方は「AF精度点検の結果、ピント位置は正常範囲内に有り特に異常は認められず」とのこと。
といってもレンズの点検調整で45360円の請求があったので、何らかの調整や部品交換等が行われたのだろう。
ただ、その後「無償修理」に変更され、処置内容を「異常は認められず」に変更せざるを得なかったものと思われる。
この記事のURL |     翡翠 | CM(8) | ▲ top
| メイン | 次ページ