---12345678910111213141516171819202122232425262728293031-
つかの間の
- 2017/03/31(Fri) -
0450起床、高曇り。
34014KT 9999 FEW030 09/M03 Q1015 RMK 1CU030 A2999 MAX WIND 21KT
    北の風14kts、最大風速21kts 視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲
    気温9℃、露点温度氷点下3℃ 気圧1015Hp

    予報では北風が若干強めとのことだが、窓の外では風が唸り声を上げている。
    陽射しはなく、かなり寒い一日になりそうだ。
0520、出撃。

    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pixまたは700x467Pix表示。

0525、河口現着。
    河口の気温は摂氏7℃、北風が強く寒いっ!
    これじゃ合流点にブラインドシートを設営するのは不可能。
    CM席前には、まだ何とか水が残っていた。

0534、河床に下太郎飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/500 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV±0 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017033102.jpg
0535、合流点の枝へ。
SS:1/320 F:4.0
2017033103.jpg
0536、採餌失敗。
SS:1/640 F:4.0
2017033104.jpg
2017033105.jpg
2017033106.jpg
    このあと下太郎はフィールド内の河床へ。
SS:1/640 F:4.0
2017033107.jpg
0537、合流点の枝にギャル曽根飛来、すぐにフィールド内河床へ。
SS:1/640 F:4.0
2017033108.jpg
2017033109.jpg
0538~、2羽は土壁アタックを開始した。
SS:1/250 F:4.0
2017033110.jpg
0543、下太郎は霞上流へ飛び去った。
0547、下太郎、合流点の枝へ。そしてすぐに対岸土壁の壁枝へ。

SS:1/800 F:4.0
2017033111.jpg
2017033112.jpg
0550、ギャル曽根、壁枝へ。
SS:1/800 F:4.0
2017033113.jpg
2017033114.jpg
2017033115.jpg
2017033116.jpg
2017033117.jpg
2017033118.jpg
2017033119.jpg
SS:1/800 F:4.0
2017033120.jpg
2017033121.gif
0613、下太郎は本流下流へ飛び去った。
0619、ギャル曽根は霞上流へ飛び去った。

0622、下太郎がMサイズのお魚を給餌咥えして蛇籠枝に飛来。
    求愛給餌撮影チャンス到来!

SS:1/1000 F:4.0 ISO:1400
2017033122.jpg
2017033123.jpg
    「チ~ッ!」と何度も呼ぶが・・・ギャル曽根は来ない。
0627、下太郎はお魚を咥えたまま合流点の枝へ。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:900
2017033124.jpg
2017033125.jpg
2017033126.jpg
2017033127.jpg
0629、ギャル曽根現れず・・・下太郎、自分で完食。
0636、下太郎、蛇籠枝に飛来。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:1250
2017033128.jpg
2017033129.gif
2017033130.gif
2017033131.gif

0645、ギャル曽根飛来。
    どこ行ってたんだよ~、遅いよ~。
    2羽、土壁アタック再開。

2017033132.gif
    掘削は順調に進んでいるのか、長いときは4分以上穴に入ったまま掘っていた。

0705、下太郎は本流下流へ、ギャル曽根は蛇籠枝へ。
SS:1/1600 F:5.6
2017033133.jpg
0714、ギャル曽根、霞上流へ。

0721、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

0727、蛇籠枝に下太郎飛来。

SS:1/1600 F:5.6
2017033134.jpg
2017033135.jpg
    直後、壁枝にギャル曽根飛来。
SS:1/1600 F:5.6
2017033136.jpg
0730~、2羽は土壁アタック再開。
SS:1/1600 F:5.6
2017033137.jpg
0739、ギャル曽根、蛇籠枝へ。
SS:1/1600 F:5.0
2017033140.jpg
0741、ギャル曽根は霞上流へ飛び去った。
0742、下太郎、フィールド内ブロックへ。

SS:1/1600 F:5.0 ISO:720
2017033141.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1250
2017033142.jpg
2017033143.jpg
2017033144.jpg
2017033145.jpg
0743、3番枝へ。
    この枝にパーチするのは半年ぶりかも。

SS:1/2000 F:5.6
2017033146.jpg
2017033147.jpg
2017033148.jpg
2017033149.jpg
2017033150.jpg
2017033151.jpg
    お魚を探しているんだけど・・・つい3日前までは干上がっていた河原、お魚居ないんだよな。
0750、下太郎は合流点の枝へ。

SS:1/2000 F:4.5
2017033152.jpg
0751、採餌失敗。
SS:1/2000 F:4.5 ISO:400
2017033153.jpg
2017033154.jpg
2017033155.jpg
2017033156.jpg
2017033157.jpg
2017033158.jpg
0752、下太郎は本流下流へ飛び去った。

0805、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

0807、蛇籠枝に下太郎飛来。

SS:1/2000 F:4.5 ISO:1600
2017033159.jpg
2017033160.jpg
0809、下太郎はお魚を見つけられず、霞上流へ飛び去った。

0810、合流点の枝に下太郎飛来。

SS:1/2000 F:4.5 ISO:500
2017033161.jpg
0812、小魚をゲット。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1000 EV+0.33
2017033162.jpg
2017033163.jpg
0813、下太郎は本流下流へ飛び去った。

0815、3番枝に下太郎飛来。

SS:1/1600 F:5.0 ISO:1600 EV-0.33
2017033164.jpg
0816、フィールド内ブロックへ。
SS:1/1600 F:5.0 ISO:800
2017033165.jpg
0819、合流点の枝へ。
SS:1/1600 F:5.0 ISO:640
2017033166.jpg
0832、枝から飛び降り2段ホバ、採餌出来ず。
2017033167.gif
0833、下太郎は本流上流へ飛び去った。

0835、壁枝に下太郎飛来。

SS:1/1600 F:5.0 ISO:1600
2017033168.jpg
0836、下太郎、霞上流へ。

0849、蛇籠枝にギャル曽根飛来。

SS:1/1600 F:5.0
2017033169.jpg
0850、壁枝へ。
SS:1/1250 F:5.0
2017033170.jpg
2017033171.jpg
0851、竹林下ブロックへ。
SS:1/1250 F:5.0
2017033172.jpg
2017033173.jpg
2017033174.jpg
0854、ギャル曽根は霞上流へ飛び去った。

0907、合流点の枝に下太郎飛来。

SS:1/1600 F:4.5 ISO:500
2017033175.jpg
    かなり粘ってお魚を探していたが見つけられず。
0915、下太郎は本流上流へ飛び去った。

0925、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
ビニル袋に入ったドーナツを運ぶカラス。(ノートリ)

2017033138.jpg
2017033139.jpg

盛んに巣穴掘りをしていたのに・・・
7時半以降、パッタリと掘るのをやめてしまった。
撤収直前に巣穴の中に鉄筋棒を入れてみたら・・・・
「ガツンっ!」
石だ・・・石に当たっちゃったんだ。
とりあえずその鉄筋棒で石を砕いておいたが・・・
おそらくもうここを掘ることは無いだろう。
僅か2日間、つかの間の掘削パフォーマンスだった・・・
今度は誰にも見つからずに掘りやすい場所でしっかりと営巣してくれよな~。

明日の予報は明け方まで雨。
北風が強めで、気温も上がらないとのこと。
この記事のURL |     翡翠 | CM(6) | ▲ top
頑張れ下太郎!
- 2017/03/30(Thu) -
0450起床、高曇り。
2017033001.jpg

32003KT 9999 FEW030 BKN180 BKN/// 05/01 Q1021 RMK 1CU030 5AC180
    北西の風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 雲量5/8、雲高18,000ftの高積雲 その上に雲量5/8以上の雲
    気温5℃、露点温度1℃ 気圧1021Hp

    ここ数日、だっくが河原に着く前に翡翠が至近枝にパーチ。
    今日はこの至近パーチを撮るべく、ちょっと早めに家を出た。
0525、出撃。

    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0530、河口現着。
    今朝の日の出は0530、まだ誰もきていない。

2017033002.jpg
    気温2.5℃、少々肌寒いが無風なので大丈夫。

0548、下太郎がカメラ席左側頭上の梢にパーチ。
0549、左方向、見えないところへダイブしてお魚をゲットしたかどうかは不明、そのまま霞上流へ。

0551、下太郎4番枝にパーチ。
    やっぱり早朝、至近枝にパーチするんだよね~\(^o^)/
    写距離10m、もう少し解像していいはずなんだけど光量不足・・・

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/640 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017033003.jpg
    下太郎はすぐに霞堰下へ。

0556、対岸壁枝に下太郎飛来。

SS:1/500 F:4.0
2017033004.jpg
    直後、ギャル曽根も飛来。
SS:1/800 F:4.0
2017033005.jpg
0558、2羽で対岸土壁アタック開始。
2017033006.gif
0606、下太郎霞上流へ。
0607、ギャル曽根は壁枝へ。

SS:1/1600 F:4.0
2017033007.jpg
    すぐに蛇籠枝へ、そして霞上流へ飛び去った。
SS:1/1600 F:4.0
2017033008.jpg

    直後、霞上流から本流上流に向け下太郎通過。

0611、CB枝に下太郎飛来、すぐに本流下流へ。

0613、CB枝にギャル曽根飛来。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:1100
2017033009.jpg
    直後、下太郎が小魚を給餌咥えして下流から霞堰下へ。
SS:1/1600 F:4.0 ISO:1600
2017033010.jpg
    ギャル曽根は合流点のCB枝に居るんだけどなぁ。
0617、下太郎、対岸土手を越え本流からCB枝へ。

SS:1/1600 F:4.0
2017033011.jpg
    せっかくの求愛給餌なのに・・・遠すぎ・・・
2017033012.gif
    渡し終えると背伸びするんだよね。
    これって達成感というか充足感というか、かなりの高揚感があるんだろうね。

2017033013.gif
    この後2羽は本流上流へ飛び去った。

0620、下太郎がフィールド上空を2周した後、本流上流へ飛び去った。
    何かあったのか?


0632、下太郎、対岸壁枝にj飛来。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:1250
2017033014.jpg
0633、ギャル曽根も飛来。
    この後2羽で対岸土壁アタック。

2017033015.gif
2017033016.gif
2017033017.gif
2017033018.gif
2017033019.gif
SS:1/1600 F:5.0 ISO:500
2017033021.jpg
2017033022.gif
SS:1/1600 F:5.0 ISO:450
2017033023.jpg
0652、下太郎は本流上流へ飛び去った。
0653、ギャル曽根も本流上流へ飛び去った。

0655、ギャル曽根と下太郎が対岸土手越えで飛来、そのまま霞上流へ。

0707、本流下流から翡翠飛来、対岸土手を越え本流上流へ。

0710、CB枝に下太郎飛来。
    合流点でダイブして小魚をゲット。
0714、下太郎は本流下流へ飛び去った。

0732、本流下流から霞上流に向け下太郎通過。

SS:1/2000 F:8.0 ISO:1600 EV+0.33
2017033024.jpg
2017033025.jpg

0734、対岸土壁に下太郎、そしてギャル曽根飛来。
SS:1/2000 F:8.0 ISO:1000
2017033026.jpg
2017033027.jpg
0739、2羽で土壁アタック開始。
2017033028.gif
    最初のうちは壁のあちこちをつついていたが、次第に一ヶ所集中掘削に。
    何だか少しだけど、マジ掘りになってきたようだ。
0752、2羽は霞第1堰下へ。


0807、対岸土手越えで翡翠飛来、そのまま霞上流へ。

0818、下太郎、対岸土手アタック再開。
0834、ギャル曽根もアタック再開。
    巣穴はどんどん深くなり、2~3秒のアタックから次第に長時間掘削に変わってきた。

2017033031.gif
2017033030.gif
    巣穴奥の掘削も始まったようで、長いときは3分以上入ったままだった。
0845、ギャル曽根、対岸土手を越え本流上流へ。
0849、ギャル曽根、CB枝へ。

SS:1/2500 F:7.1 ISO:900 EV±0
2017033032.jpg
    下太郎、竹林下のブロックへ。
    水浴び2回、ブロック陰で見えず。

SS:1/2500 F:7.1 ISO:1100
2017033033.jpg
0850、CB枝のギャル曽根、ダイブするも採餌失敗して本流上流へ。
SS:1/2500 F:7.1 ISO:800
2017033034.jpg
2017033035.jpg
    直後、下太郎も本流上流へ飛び去った。

0905、蛇籠枝に下太郎飛来。
    ギャル曽根、対岸壁枝に飛来。
0906~、2羽で対岸土壁アタック再開。

2017033036.gif
2017033037.gif
    巣穴の掘削はかなり進んだようで、概ね30cmくらい掘り進んだと思われる。
    2羽で約20分ほどアタックし、その後約30分くらいどこかで休憩しているようだ。

1007、竹林下ブロックに下太郎飛来。

SS:1/2500 F:7.1 ISO:1250
2017033038.jpg
    水浴びかと思ったらすぐにアタック再開。
    頑張ってるなぁ。

SS:1/2500 F:7.1
2017033039.jpg
2017033040.jpg
2017033041.gif
1020、蛇籠枝にギャル曽根飛来。
SS:1/2500 F:7.1 ISO:900
2017033042.jpg
1021、ギャル曽根は霞上流へ、下太郎は本流上流へ。

1030、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
キジ渡河

2017033029.gif

朝から10時過ぎまでの2羽の土壁アタックは100回以上に及んだ。
通常、坑道掘削は♂、産室掘削は♀がおこなうと言われているが、2羽はかなり焦っているのか・・・
2羽ともに坑道掘削に一生懸命だ。
その甲斐あって掘削がかなり捗っている。
ただし・・・この土壁は産廃残土を積み上げたもので、砂利や大きな岩が多い。
ここ10年、この土壁での営巣は成功していない。
2羽の努力が徒労に終わらなければ良いのだが・・・
頑張れ下太郎!
頑張れギャル曽根!

明日の予報は朝のうちは晴れるがその後曇り、北風が次第に強まるとのこと。
この記事のURL |     翡翠 | CM(4) | ▲ top
| メイン | 次ページ