------123456789101112131415161718192021222324252627282930------
キッチンの床張り替え
- 2017/04/29(Sat) -
GW、かねてからの計画通り、キッチンのクッションフロア張り替えを行った。
まずはホームセンタで材料の仕入れ。
●サンゲツ クッションフロア 2mx3m 4180円
●ボンド FL200 1kg #40427 2個  2538円
                    合計6718円
他にはカッターナイフ、金ヘラ、金定規、鋏等が必要だが、全て工具箱の中にあるので購入せず。

まずは現状。

DSC01540.jpg
一見何の問題も無さそうだが・・・
よく見ると傷だらけ。

DSC01541.jpg
DSC01542.jpg
DSC01543.jpg
15年も使ってりゃ、このくらいの傷は出来るわな。

作業開始前に、食器棚や冷蔵庫その他、全てを運び出す。
これが一番大変かな。
昔の冷蔵庫だから重たいんだわ・・・・
昔の食器棚だから重たいんだわ・・・

ぜ~んぶ出して、旧いクッションフロアカーペットを引っぱがす。

DSC01550.jpg
DSC01551.jpg
DSC01552.jpg
元々ボンド(ホワイトボンド、木工用ボンド、カーペットボンド)で貼り付けてあるだけなので、引っ張ると簡単に剥がれた。
さてここからが結構大変。
狭いキッチンに2mx3mmのカーペットを持ち込むのが大変。
更にはそれを床一面に広げるのが大変。
もともと床よりも大きいんだもの、簡単には広げられないわな。
それでも無理矢理力技で押し込んで、キッチンのサイズに合わせてカットしていく。
金ヘラを押し当てて、カッターを使って少しずつ切り進んでいく。
この作業に約1時間近くかかってしまった。

DSC01553.jpg
裁断が終わった状態。
DSC01554.jpg
この状態から、まずは半分を捲って・・・
DSC01555.jpg
ボンドを付属の櫛コテで塗り広げていく。
オープンタイム(ボンドが固化するまでの時間)は約40分あるので、そんなに急がずのんびり塗り広げる。
塗り広げたらその状態で約20分、半乾きになるまでスタンバイ。
珈琲でも飲みながらのんびり休憩して、その後は一気に貼り付けてしまう。
残り半分も同じように作業。
 ※ここで気をつけなければいけないのは、自分の脱出経路を確保しておくこと。
  奥側貼り付けを完了した後に手前側をめくってボンドを載せると・・・自分はどうやって出てくるんだ?
  手前側をめくってボンドを塗る際は、奥に陣取って塗布するのではなく、キッチンの外側に陣取って塗布。
  そうすれば大丈夫~!

全て張り終えたら、廻りの袴木をボンドで貼り付けて作業完了。

DSC01557.jpg

全行程、約3時間半、簡単!

 ※でもね・・・全ての作業を終えてキッチンを元通りにする際・・・
  冷蔵庫を押し込んだら・・・張り替えたばかりのフロアカーペットを引っかけて破いちまった・・・(T-T)
  あぅ・・・また一からやり直しかよ・・・トホホ・・・

全部やり直しはたまらないので、応急処置として部分張り替えを行った。

DSC01558.jpg
ね、よ~く見ると判るけど・・・パッと見じゃ全く気付かないよね(^^;)
この記事のURL |     日記 | CM(0) | ▲ top
GW初日
- 2017/04/29(Sat) -
0425起床、晴れ。
31002KT 9999 FEW020 10/08 Q1007 RMK 1CU020
    北西の風弱く視程10km以上。
    雲量1/8、雲高2,000ftの積雲 気温10℃、露点温度8℃ 気圧1007HP
    GW初日にふさわしい気持ちの良い晴れだ。
    今日はちょいと早めに行って、止まり木を設置しなければ。
0455、出撃。

    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0500、河口現着。
    とりあえず此岸に2本、川中ブロックに1本の止まり木を立てた。

2017042921.jpg
    あとは・・・とくにすることもなし。
    川には小魚は全く居ない。
    上流側での工事が完全に終わり泥の流出が止まり、河床に苔等が付着するまでは・・・
    待つしかない。

0601、霞上流から本流上流に向け翡翠通過。

0606、下流から下太郎飛来、眼前を通過して堰下ブロックへ。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/2000 F:5.6 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017042905.jpg
    下太郎はすぐに霞上流へ飛び去った。

0616、本流下流から下太郎飛来、対岸土壁の草根にパーチ。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:640
2017042906.jpg
2017042907.jpg
2017042908.jpg
2017042909.jpg
2017042910.jpg
    下太郎、すぐに霞上流へ飛び去った。

0619、蛇籠枝に下太郎飛来、すぐに霞上流へ飛び去った。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:360
2017042911.jpg
2017042912.jpg

    この後3時間近く、翡翠の鳴き声すら聞こえず。

0915、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
キジペア

2017042901.jpg
2017042902.jpg
2017042903.jpg
2017042904.jpg
ムクドリの水浴び
2017042913.gif
フィールド上空を飛び回るイソシギ
2017042914.jpg
2017042915.jpg
クイナ
2017042916.jpg
2017042917.jpg
2017042918.jpg
2017042919.jpg
2017042920.jpg

翡翠が安定して飛来し以前の賑わいを取り戻すまでは、暫く時間を要するだろう。
正月から1日も休むことなく通い続け若干過労気味なので、これはちょうど良い中休みかも。
画像処理もあっという間に終わるので、このGWはキッチンのリフォーム(床張り替え)、そして鳥撮り用ブーツの修理でもしようっと。

明日の予報は終日晴れ。
この記事のURL |     翡翠 | CM(6) | ▲ top
| メイン | 次ページ