----123456789101112131415161718192021222324252627282930-
空き家
- 2017/06/30(Fri) -


0430起床、雨。
VRB02KT 7000 -RA FEW009 BKN040 OVC120 22/21 Q1012 RMK 1ST009 5SC040 8AS120
    風向不定、ほぼ無風 視程7,000m
    雲量1/8、雲高900ftの層雲 雲量5/8、雲高4,000ftの層積雲 雲量8/8、雲高12,000ftの高層雲
    気温22℃、露点温度21℃ 気圧1012Hp

    梅雨らしく、朝からむっとする湿気だ。
    今日はダメ元で、河口でスタンバってみよう。
0510、出撃。
    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0515、河口現着。
    水位は昨日より若干下がっていた。

2017063032.jpg
    本降りになってきたので、大型パラソルを設置してスタンバイ。
2017063031.jpg

    思ったとおり・・・
    翡翠は全く飛来しない。
    鳴き声すら聞こえない。

0622、合流点に下太郎飛来。
    写距離約70m、全く解像せず。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1250 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV+0.67 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017063003.jpg
    子育て中なのだろう、くたびれてボロボロになってるぞ。
0624、ダイブするも採餌失敗。

SS:1/1250 F:4.0
2017063004.jpg
    下太郎、竹林へ。
    前被りで全く見えず。
0625、竹林を飛び出した下太郎は、そのまま本流下流へ飛び去った。

    とりあえずこれでボウズは免れたのか?
    いやいや、こりゃボウズだよ、丸坊主!

    その後も翡翠の飛来は無く、ササゴイが遊び相手になってくれた。

0829、けたたましい翡翠の鳴き声、霞上流から幼鳥が飛来し、1番枝にパーチ!

SS:1/1600 F:5.6 ISO:1100 EV+0.33
2017063008.jpg
    写距離約13m、久々の翡翠に興奮して連写!連写!(^^;)
    幼鳥、ダイブして小魚をゲット。
    写距離15m、至近ダイブといっても良いかな。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:800
2017063009.jpg

2017063010.jpg

2017063011.jpg

2017063012.jpg

2017063013.jpg

2017063014.jpg

2017063015.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017063016.jpg

2017063017.jpg

2017063018.jpg

2017063019.jpg

2017063020.jpg

2017063021.gif

2017063022.jpg
0832、幼鳥は2番枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 EV±0
2017063023.jpg

2017063024.jpg

2017063025.jpg
0833、枝陰にダイブして海老をゲット。
    着水から枝戻りまで、全く見えず。

SS:1/2000 F:5.6
2017063026.jpg

2017063027.jpg

2017063028.jpg
0834、幼鳥は本流上流へ飛び去った。

0921、本流上を、下流から上流に向け翡翠通過。

0930、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
ダイサギ

2017063001.jpg
セグロセキレイ幼鳥
2017063002.jpg
ササゴイ
2017063007.jpg
(GIFでは大きくなりすぎるので、動画にしてU-tube利用)



フィールド内を飛び回るコチドリ
2017063029.jpg

2017063030.jpg

久々の至近ダイブゲット、本当に久しぶりだ\(^o^)/
4時間以上スタンバイして1回の飛来のみだけど、何だかとっても嬉しかった(^^;)
最盛期ならこの程度のダイブじゃ喜ばなかったんだけどねぇ(笑)

ベースキャンプが空き屋になっている。
全く手入れされず荒れ放題。
我々が撮影していた頃はとてもよい撮影場所だったのだが。
放置状態なので、予備の撮影ポイントとして少し手入れをしてみるか。

明日の予報は午前中は曇り。
明日も合流点でスタンバイしてみよう。
この記事のURL |     翡翠 | CM(6) | ▲ top
場所選定ミス
- 2017/06/29(Thu) -
0430起床、曇り。
2017062901.jpg

00000KT 9999 FEW009 BKN010 BKN030 22/19 Q1014 RMK 1ST009 5ST010 7SC030
    無風、視程10km以上
    雲量1/8、雲高900ftの層雲 雲量5/8、雲高1,000ftの層雲 雲量7/8、雲高3,000ftの層積雲
    気温22℃、露点温度19℃ 気圧1014Hp
    雨は降っていないが、ムシムシする梅雨らしい空模様だ。
    予報では終日曇りとのこと。
    今日はCポイントで状況観察予定。
0515、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0520、Cポイント現着。
    すぐにブラインドシートを展帳しスタンバイ。

2017062902.jpg

0602、幼鳥が下流から本流に向け通過。
    超至近枝にパーチするかと思ったら枝をかわし3番枝へ・・・
    あらあら、3番枝もスルーして対岸沿いに西進・・・

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1250 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.67 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017062904.jpg

2017062905.jpg
    その後2時間全く飛来せず。

0815、Cポイントでの観察を終了し河口へ。

2017062907.jpg

2017062906.jpg

    河口ではMKD氏がスタンバっていた。
    氏によると、幼鳥が2回飛来し、1番枝→2番枝、そしてダイブして飛び去ったとのこと。
    撮影画像を見せて頂くと・・・う~む・・・ダイブをジャスピンで捉えてる・・・
    う~む・・・戦場決定にミスが有った・・・負けだ・・・(T-T)
    気を取り直してスタンバイしたが・・・
0906、上流から本流上流に向け翡翠通過。
    その後は鳴き声ひとつ聞こえず。

0930、本日の撮影を諦め退散。

本日のその他の野鳥
至近を通過するアオサギ

2017062903.gif
ササゴイ幼鳥
2017062908.gif
ササゴイ成鳥
2017062909.gif

2017062910.jpg

2017062911.gif

2017062912.gif

2017062913.gif

霞川にはヤマベが遡上している。
婚姻色に染まった大きな♂、そして小魚もたくさん。
こりゃCポイントは放棄して河口でスタンバイする方が正解かもしれんな。
といっても早朝の2回以降は全く姿を見せなかったんだが・・・

明日の予報は曇り時々雨、梅雨空だ。
この記事のURL |     翡翠 | CM(6) | ▲ top
| メイン | 次ページ