--12345678910111213141516171819202122232425262728293031--
もうちょっとなんだけどなぁ
- 2015/11/07(Sat) -


0440起床、曇り。
    雲底は約6000ftくらいで、雲の厚さは1000ftくらいしかないようだ。
    雲量は7/8、隙間からは青空が見える。
    この状況だと、日昇とともに晴れ間が出る可能性がある。
    しかし天気図から読み取ると、午後にはしっかりと曇りになるだろう。
    スキューT ログチャートでもあれば、どの高度帯に雲が発生するかを予測できるんだけどなぁ。
0550、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0555、河口現着。
    2名先着済み。
    この後カメラマンの数は増え、満員御礼、札止めとなった。

0605、合流点に翡翠飛来、採餌失敗して本流下流へ飛び去った。

0633、1番枝に♀飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/250 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1400 EV-0.67 SPOT測光 焦点距離:600.0(mm)
2015110701.jpg
0636、♀は上流へ飛び去った。

0657、本流対岸のブロックで数回ダイブを繰り返している翡翠が見えた。
    その後翡翠は本流上流へ飛び去った。

2015110702.gif

0659、1番枝に♀飛来。
SS:1/800 F:4.0 ISO:1600
2015110703.jpg
0700、ダイブして小魚をゲット。
    離水はファインダー中央でしっかりと捕捉しているのだが、AFは水飛沫に取られ2コマ目以降はピンぼけ(T_T)

SS:1/800 F:4.0
2015110704.jpg
2015110705.jpg
    ♀、3番枝へ。
SS:1/1250 F:4.0
2015110706.jpg
2015110707.jpg
0701、水路脇の岩へ。
SS:1/1250 F:4.0
2015110708.jpg
0702、水路にダイブし小魚をゲット、4番枝へ。
    飛び出す瞬間にSSを1/2000に上げ、着水と同時にAFボタンを押したが・・・
    1カットのみピントが合い、他は全滅(T_T)

SS:1/2000 F:4.0
2015110709.jpg
SS:1/800 F:4.0
2015110710.jpg
    この後♀は上流へ飛び去った。

0723、本流上でホバリングしているのが見えた。

SS:1/1000 F:4.0 ISO:720 EV±0
2015110711.jpg
2015110712.gif

0741 合流点に♀飛来。
    すぐに2番枝へ。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:1600 EV-0.33
2015110713.jpg
2015110714.gif
0742、採餌失敗して1番枝へ。
SS:1/1600 F:5.0 ISO:1400
2015110715.jpg
SS:1/1600 F:5.0 ISO:1600
2015110716.jpg
0744、小魚をゲット。
    またしても2コマ目以降ピンぼけ。

SS:1/1600 F:5.0
2015110717.jpg
2015110718.jpg
2015110719.jpg
2015110720.jpg
    蛇籠枝前のブロックへ。
    大きな鯉の上を通過。

SS:1/1600 F:5.0
2015110721.jpg
2015110722.jpg
0745、蛇籠枝へ。
SS:1/1600 F:5.6
2015110723.jpg
    あれれ???
    蛇籠枝の背後にこんなにたくさんの岩があったっけ?
    いや、昨日の午前の時点ではこんなには無かった。
    昨日の同じ場所の画像

2015110640.jpg
    午後から撮影している人達が積み上げたのかも。
0746、堰下ブロックへ。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:800
2015110724.jpg
    水際にダイブし小魚をゲット、1番枝へ。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600
2015110725.jpg
2015110726.jpg
2015110727.jpg
2015110728.jpg
    この後♀は上流へ飛び去った。

0751、上流から本流上流に向けて翡翠通過。

    この頃から急速に明るくなり、ところどころ青空が見えてきた。
    予想どおりだ。

0758、蛇籠枝に♀飛来。

SS:1/2000 F:5.6
2015110729.jpg
2015110730.jpg
0802、小魚をゲットして1番枝へ。
    レンズの振り降ろしを止められず、離水はアタマ切れ。

SS:1/2000 F:5.6
2015110731.jpg
2015110732.jpg
    ファインダー中央に♀の頭部を捉えつつ、しっかり追尾出来た。
SS:1/2000 F:5.6
2015110733.jpg
2015110734.jpg
2015110735.jpg
2015110736.jpg
0803、3番枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1400
2015110737.jpg
0804、水路脇の岩へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:900
2015110738.jpg
    明るくなってきたのでSSを更にアップ。
0806、水路のこちら側の岩陰にダイブ、小魚をゲットして4番枝へ。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2015110739.jpg
2015110740.jpg
2015110741.jpg
    この後左旋回されたので3コマピン抜け。
その後は枝戻りまで、♀の頭部を中央AFポイントに乗せて追尾出来た。

SS:1/2500 F:5.6
2015110742.jpg
2015110743.jpg
2015110744.jpg
2015110745.jpg
2015110746.jpg
2015110747.jpg
2015110748.jpg
2015110749.jpg
2015110750.jpg
2015110751.jpg
2015110752.jpg
0807、対岸土手の枯れ草へ。
0810、♀は上流へ飛び去った。
2015110755.jpg

0912、上流から本流上流に向けて翡翠通過。

0913、1番枝に♀飛来。

SS:1/3200 F:5.6 ISO:1250
2015110753.jpg
2015110754.jpg
0914、小魚をゲット。
SS:1/3200 F:5.6 ISO:1600
2015110755.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:1250
2015110758.jpg
0915、採餌失敗、近枝へ。
SS:1/3200 F:5.6 ISO:1600
2015110759.jpg
    この後♀はカメラ席左側の樹上へ。
    その後15分待つも動きなし。

0930、本日の撮影を終了し撤収。

最後の水路ダイブ、左旋回の3コマを中央で捕捉し続けられたらカンペキだったんだけどなぁ・・・
もうちょっとなんだけど、それがなかなか巧く行かん・・・

でもまぁ今日はこの追尾が出来たので満足\(^o^)/

明日の予報は・・・
朝のうち曇りでその後は雨。
風は弱そうなので、モチベーションは上がらないけど出撃だな。
この記事のURL |     翡翠 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<至近ダイブ全滅 | メイン | 好天も今日まで>>
コメント
--
だっくさん、こんばんは。

今日は、お疲れ様でした。
天気が良くて良かったですね! 至近ダイブの追尾には、本当に驚かされます(^^)/

明日は、雨ですね〜。出が良いんでしょうね〜(¯―¯٥)
2015/11/07 19:15  | URL | nkgw #-[ 編集] |  ▲ top

--
nkgwさん、こんばんは。
今日は一時的に天候が回復し、その時に至近ダイブがあって助かりました~。
明日は・・・予報よりも悪くなりそうな気がします・・・
2015/11/07 19:41  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
う~む、ひつこい~どこまでも追い掛け回しています~
だっくさんこそ、カワセミ撮り会のチャンピオンしつっこいで賞王です
至近ダイブはロクヨンの勲章~これからも撮り続けて下さいね。
ボクも拙いながら、やはりそのロマンを追いかけて行きます!
2015/11/07 20:19  | URL | TKN #CYdLuodA[ 編集] |  ▲ top

--
鳥飼人さん、こんばんは~。
あはは、しつこさ発揮しちゃいました~(^^;)
至近ダイブは全ての条件が揃わないと撮れません。カメラマンが幾ら努力してもダメなときはダメですしね~。
まぁ、ボチボチ頑張りましょう~!
2015/11/07 21:01  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
まさに会心の一撃!ですね。びっちりトレース。
書道家が、うまく書けたのと同じような快感なのでしょうか。
僕らは皮膚ペンで切開線を書いて切りますが、ピタリと綺麗に
きまるとやっぱりうれしいものです。それとはちょっと違うか(汗)
でも、これがあるから納得して帰投できるというのはすごくよくわかります。
2015/11/07 22:59  | URL | panoramahead #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは~。
見事に追尾、カワセミの軌跡をなぞる様に滑らかに・・・・・
まして、近距離ですもんね~。これが有るからやめられないんでしょうねぇ。さらに奥深く入ってしまうカワセミ病患者を見てしまいました(笑)
2015/11/08 01:59  | URL | かんばんや #zEk0zJbY[ 編集] |  ▲ top

--
センセ、おはようございます。
カンペキに追尾!
というより・・・レンズを振り上げていったら翡翠がファインダーの真ん中を追尾し続けた・・・って感じでした(^^;)
たまにあるんですよね、こういう「偶然」とか「マグレ」とか。
あと3コマ、これを逃してなきゃもっと良い気分になれたのですが~(笑)
思ったところに病巣があって、何の無駄もなく綺麗に切除できたら・・・そりゃやっぱり嬉しいでしょ(^^;)
2015/11/08 05:10  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
かんばんやさん、おはようございます。
遠距離でもなかなか、こうは行きません。
10m以内ですからねぇ、こりゃもう完全に「マグレ」の世界です。
撮影結果よりも、撮影していたときの「手応え」が嬉しかったです~(#^_^#)
2015/11/08 05:13  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://duck29.blog.fc2.com/tb.php/2066-f5b27c50
| メイン |