----123456789101112131415161718192021222324252627282930-
小魚大群押し寄せる
- 2016/01/20(Wed) -


0515起床、晴れ。
    外気温は氷点下3℃、冷え込んでる!
    路面は濡れていないので凍結していないようだが、河口周辺の小径はガチガチに凍っているだろう。
    今朝の日の出は0649。
    その頃には気温は更に下がるだろう。
0625、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0630、河口現着。
    フィールド内にはまだ残雪が。

2016012001.jpg
    駐車スペースの水たまりには厚い氷が張っていた。
2016012002.jpg
    川の流れの無いところも凍っている。
2016012004.jpg
    そんな寒さの中、今日も7名のカメラマンが来場。
    外気温は氷点下5℃以下・・・・寒っ!

0720、上流側から翡翠の鳴き声が聞こえた。
    直後、お魚を2尾咥えて蛇籠枝に飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/800 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1100 EV±0 SPOT測光 焦点距離:600.0(mm)
2016012005.jpg
    直後、1尾落下。
    完食してすぐに回収ダイブ。
    あれ?落としたのより大きいのを拾ってきたぞ。

SS:1/1000 F:4.0 ISO:1600
2016012006.jpg
    そこへセグロセキレイがやって来た。
SS:1/1000 F:4.0
2016012007.jpg
2016012008.jpg
2016012009.jpg
2016012010.jpg
0721、対岸土手の葛蔓へ。
    ここで食休み。

SS:1/1000 F:4.0 ISO:280 EV-0.33
2016012011.jpg
0732、別の葛蔓へ移動。
SS:1/1000 F:4.0 ISO:1600
2016012012.jpg
0733、水際でLサイズのお魚をゲットして蛇籠枝へ。
    ダイブを予期しておらず、完全に見逃してしまった(T_T)

2016012013.gif
0737、完食して対岸竹林の中へ。
SS:1/1250 F:4.0
2016012014.jpg
2016012015.jpg
2016012016.jpg
SS:1/640 F:4.0
2016012017.jpg
    長時間休憩かと思いきや・・・
0742、奔流上流へ飛び去ってしまった。

0820、1番枝に飛来。
    まだお腹いっぱいだろうに。

SS:1/2000 F:5.0 EV+1.0
2016012021.jpg
2016012022.jpg
    すぐにダイブ、Mサイズのお魚をゲット。
    不意を突かれてレンズの振りが遅れ、離水撮れず(T_T)

SS:1/2000 F:5.0
2016012023.jpg
2016012024.jpg
2016012025.jpg
2016012026.jpg
0823、上流へ飛び去った。
    う~ん・・・コレじゃ次の飛来がいつになるか、全く読めないぞ・・・

0845、急に空が暗くなり、雪が舞い始めた。
2016012027.jpg

0909、対岸の葛蔓に飛来。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:100 EV-0.33
2016012032.jpg
0910、1番枝へ。
SS:1/1600 F:4.0 ISO:560
2016012033.jpg
    すぐに4番枝へ。
SS:1/1600 F:4.0 ISO:720
2016012034.jpg
    そして5番枝へ。
SS:1/2500 F:4.0 ISO:1000
2016012035.jpg
0911、水際にダイブしてLサイズのお魚をゲット。
    写距離7m、ロクヨンだとSSが1/2500でも被写体ブレ・・・(T_T)

SS:1/2500 F:4.0 ISO:450
2016012036.jpg
2016012037.jpg
SS:1/2500 F:4.0 ISO:1600
2016012038.jpg
2016012039.gif
    完食して上流へ飛び去った。

0929、対岸土手の葛蔓に飛来。
    まだ腹減ってないよなぁ。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:1000
2016012041.jpg
0930、背後の土壁の一部が崩落、驚いて上流へ飛び去った。

0936、対岸土手の枯れ竹にクロ助飛来。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:200
2016012042.jpg
    一時は「期待の星」と騒がれたクロ助だが、最近は殆ど寄りつきもしない。
0937、対岸土壁の石へ移動。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:500
2016012043.jpg
2016012044.jpg
2016012045.jpg
    ところがこの石が、クロ助の重さで崩落。
    クロ助は驚いて上流へ飛び去った。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:320
2016012046.jpg

0945、対岸土手の枯れ竹に飛来。
SS:1/2500 F:5.6
2016012047.jpg
0946、本流から別翡翠の声がして、すぐに奔流上流へ飛び去った。
SS:1/2500 F:5.6
2016012048.jpg

0948、2番枝に戻ってきた。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:450
2016012049.jpg
    しかし、すぐに対岸竹林の中へ。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600
2016012050.jpg
    長い食休みになるのかと思っていたら・・・
0957、対岸土手の枯れ竹へ。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:200
2016012051.jpg
0958、対岸土手の葛蔓へ、そして蛇籠枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:250
2016012052.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2016012053.jpg
0959、蛇籠の枯れ草へ移動。
SS:1/1600 F:5.6
2016012054.jpg
2016012055.jpg
2016012056.jpg
2016012057.jpg
2016012058.jpg
    そしてすぐに6番枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:800
2016012059.jpg
    5番と6番枝の間の水際には、数万尾もの小魚の大群が・・・
2016012003.jpg
    (水際から幅約1mの黒い部分は全部お魚・・・)
    すぐにダイブ、Mサイズのお魚をゲット。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2016012060.jpg
2016012061.jpg
2016012062.jpg
2016012063.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1250
2016012064.jpg
2016012065.jpg
    5番枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2016012066.jpg
1001、水際にダイブしLサイズのお魚をゲット、4番枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1000
2016012067.jpg
2016012068.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:640
2016012069.jpg
1002、対岸竹林の中へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1250
2016012070.jpg
1003、更に奥深くに入り込み、姿が見えなくなった。

1005、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
オナガ

2016012018.jpg
ジョウビタキ♀
2016012019.jpg
アオジ
2016012020.jpg
アオサギ
2016012040.jpg
このところ連日飛来するミサゴ
ホバリング

2016012028.gif
急降下
2016012029.jpg
鯉をゲット
2016012031.gif
写距離は約100m、これがもっと近かったらなぁ。

この時期にしては珍しく、小魚の大群が押し寄せた。
いったいどういうことなんだろう。
ここにとどまってくれると良いのだが。

ガッツリ冷え込んだが、朝の内はさほど風もなく、好条件下での撮影を楽しむ事が出来た。
これで設定ミスが無ければ、もう少しマシな画像をゲットできたハズなんだけどなぁ。
ま、これはこれで良し、明日また頑張ろう。

明日の予報は晴れ。今朝より更に冷え込むらしいが、風は殆ど吹かないとのこと。
この記事のURL |     翡翠 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<大寒 | メイン | 今日も雪カワ>>
コメント
--
冷え込みましたね、お疲れ様でした。
2016012037.jpg凄いです。いつかこのような写真が撮ってみたいです。お魚の群れが明日も居てくれたらチャンスですね。
2016/01/20 16:09  | URL | MTDK #-[ 編集] |  ▲ top

--
MTDKさん、こんにちは。
至近ダイブでジャスピンになるかどうかは、完全に「運」ですよね。技術でカバー出来るものじゃありません。
そして、これが滅多に当たらない宝くじみたいなもんで(笑)
2016/01/20 16:15  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top

--
あら・・・書いたコメントが消えちゃったのでもう一度。
氷の厚さが冷え込みのすごさを物語ります。
ミサゴのGIFは豪華ですね~普通のブログなら連続写真を載せると
思いますが、何せ翡翠日誌ですものね(笑)一枚で済ませちゃう。
至近のダイブも見事です!
2016/01/20 18:23  | URL | panoramahead #-[ 編集] |  ▲ top

--
だっくさん、こんばんは。
こちらも寒い日で、雪も昨日くらい、降りました。川にカワセミ君を撮影に行く代わりに、私がプールに入ってきました。残念ながら、お魚はいませんでした~♪ナンテ。体幹を鍛えるため、先日から温水プールに通い始めました。早く効果が表れて、毎日川に通えるようになるとよいのですが・・・。それにしても、小魚の大群とは、ウラヤマシイです。こちらのカワセミ君が見たら、びっくりすることでしょう。一度、思いっきりお魚を食べさせたいなと思います~♪゜
2016/01/20 18:27  | URL | ocarina21 #-[ 編集] |  ▲ top

--
センセ、こんばんは~
ミサゴは100mも離れているので、高解像な画像じゃ無いんです。だからgif誤魔化し~!(^^;)
目の前にダイブしてくれれば、一枚ずつアップするんですけどね(笑)
2016/01/20 18:58  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top

--
ocarinaさん、こんばんは~。
プールで体力作りですか!それは良いですね!!
だっくは・・・昔から・・・水が大嫌いなんです。
ガキンチョのころは金槌でしたし(今では何処まででも泳げますけど)。
この時期にどうしてこんなにお魚が居るのか、不思議で仕方有りません。いったいどうしちゃったんでしょうかねぇ?
2016/01/20 19:00  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
今日もお世話になりました~
いや~今日は盛り上がって、楽しい鳥撮りでしたよ~
ただ、4番枝からのダイブ~レンズが遥か彼方へ抜けて
戻って来ませんでしたが、だっく画像は憎いくらい光っています
90枚撮ったというミサゴ写真もパラパラに使えばたったの3枚
ボクが驚いたのは落下する石の画像でした~反射神経が良いんですね~(^^)
ボクは途中で電池切れ~アップは明日以降になります。トホホ~
2016/01/20 21:39  | URL | TKN #CYdLuodA[ 編集] |  ▲ top

--
鳥飼人さん、こんばんは。
今日は皆さん寒さをものともせず、盛り上がりましたね~。
ミサゴは、本気モードで撮影していないためか、あまり解像度の高くないものばかりでした。ですのでGIFで誤魔化しています。
本気で撮るなら、合流点付近まで出張らないとダメですね~。
で、手術は最悪の結果に・・・??バキッ!!☆/(x_x)
2016/01/20 21:57  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top

--
そちらも寒そうですね。
素敵な写真が満載ですねー(^-^
西条は、カワセミを見かけることもないです(汗

当地では今夜は -2℃ です。
昨夜は -4℃ でした。
2016/01/20 22:38  | URL | てるお #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは~。
やはり、至近ダイブはめっちゃ綺麗ですね~。先日の様に連発が欲しい所ですな。
小魚の大群、物凄いですね。こちらも沢山いますが一定の時間帯から急に居なくなります・・・・・
2016/01/21 01:13  | URL | かんばんや #zEk0zJbY[ 編集] |  ▲ top

--
てるちゃん、おはようございます。
ここは南関東なんですけど、郊外だから結構冷え込むんですよね~。でも、西条よりは暖かいかも?(^^;)
今朝5時の外気温は氷点下2℃、これから2℃くらい下がります~。
河原はもっと冷え込んでるかなぁ。
2016/01/21 05:38  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top

--
かんばんやさん、おはようございます。
魚群出現は嬉しいのですが、一発で大物を仕留めるパターンになっちゃうんですよね~。
デカいのをゲットして枝戻り途中で落とす、そういうパターンにして欲しいのですがバキッ!!☆/(x_x)

魚群、どういうわけか、すぐに何処かに消えちゃいますよね。ヤツら動き回って何やってんでしょうかねぇ。
2016/01/21 05:40  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://duck29.blog.fc2.com/tb.php/2153-57cc45c6
| メイン |