12345678910111213141516171819202122232425262728293031----
空中給餌
- 2016/03/17(Thu) -


0450起床、晴れ。
    う~ん、気持ち良い晴れ~!
    しかも風も無く気温も高め。
    こりゃ絶好の鳥撮り日和だぞ。
0535、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0540、河口現着。

2016031701.jpg
    現着時、フィールド内には翡翠の鳴き交わす声が響き渡っていた。
    いそいで撮影準備に取りかかった。
0545、タラオ、4番枝へ。
0546、水際にダイブするも採餌失敗。
    暗くてSS上がらず、どうにもならない。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/160 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.33 SPOT測光 焦点距離:600.0(mm)
2016031702.jpg
    ♀は蛇籠枝に居た。
SS:1/320 F:4.0 ISO:4000
2016031703.jpg
0547、タラオ、4番枝陰にダイブしてエビをゲット。
SS:1/500 F:4.0
2016031704.jpg
2016031705.jpg
SS:1/250 F:4.0
2016031706.jpg
    ♀が4番枝へ。
SS:1/200 F:4.0
2016031707.jpg
    そしてタラオから♀へ給餌。
    これが明るい時間帯だったらなぁ・・・

2016031708.gif
    タラオはすぐに蛇籠枝へ。
0548、♀、ダイブしてエビをゲット。

SS:1/250 F:4.0 ISO:3200
2016031709.jpg
    ♀、水路脇の岩へ。
SS:1/800 F:4.0
2016031710.jpg
0549、水路内にダイブするも採餌失敗。
    レンズの振り上げが遅れてアタマ切れ~(T_T)

SS:1/800 F:4.0
2016031711.jpg
2016031712.jpg
2016031713.jpg
    水路出口の岩陰にダイブ、エビをゲットして4番枝へ。
SS:1/640 F:4.0
2016031714.jpg
2016031715.jpg
    すぐに水際にダイブ、またエビをゲット。
0550、♀は対岸土手の巣枝へ。
    タラオは対岸水際へ。
    タラオ、すぐにダイブして水棲昆虫をゲットし、巣枝へ。
0551、♀、水際でエビをゲットして蛇籠枝へ。
    直後、タラオも水際でエビをゲットし、蛇籠枝へ。
    蛇籠枝でタラオから♀へエビを給餌。

2016031718.gif
0552、上流から別翡翠通過、タラオはすぐに追いかけて本流上流へ。
0553、♀も本流上流へ飛び去った。

0602、蛇籠枝に♀飛来。
0605、水棲昆虫をゲット。
0606、♀は上流へ飛び去った。

0610、タラオが対岸土手の巣枝に飛来。
0611、タラオ、水浴び1回の後、蛇籠枝へ。
    蛇籠枝からダイブしてエビをゲット。

SS:1/1000 F:4.0 ISO:2000
2016031719.jpg
2016031720.jpg
2016031721.jpg
2016031722.jpg
0612、タラオは上流へ飛び去った。

0617、♀が対岸竹林下のブロックに飛来。

SS:1/1000 F:4.0
2016031723.jpg
    直後、タラオが蛇籠枝に飛来。
SS:1/1000 F:4.0 ISO:1250
2016031724.jpg
0618、2羽は巣穴掘り作業開始。
    でも本気じゃ無いから、すぐに水際で休憩(^^;)

SS:1/1000 F:5.0 ISO:1600
2016031725.jpg
2016031726.jpg
0626、タラオは1番枝へ。
SS:1/1600 F:5.6
2016031727.jpg
2016031728.jpg
    ♀は対岸土手の枯れ竹へ。
0628、タラオ、蛇籠枝へ。
0629、タラオは上流へ飛び去った。
0631、♀、ダイブして水棲昆虫をゲット。
    続けてダイブ、採餌失敗。

SS:1/1600 F:5.6
2016031729.jpg
2016031730.jpg
2016031731.jpg
2016031732.jpg
0632、♀、竹林下ブロックへ、そしてすぐに2番枝へ。
SS:1/1600 F:5.6
2016031733.jpg
0633、エビをゲット。
SS:1/1600 F:4.5
2016031734.jpg
2016031735.jpg
    水棲昆虫をゲットして1番枝へ。
SS:1/1600 F:4.5
2016031736.jpg
2016031737.jpg
2016031738.jpg
2016031739.jpg
0634、水浴び1回。
SS:1/1600 F:4.5 ISO:640
2016031740.jpg
2016031741.gif
0635、♀は上流へ飛び去った。

0639、竹林下ブロックに♀飛来。
0640、2番枝にタラオ飛来。

SS:1/1600 F:4.5 ISO:1600
2016031742.jpg
0641、タラオ、ダイブしてエビをゲット。
SS:1/1600 F:4.5 ISO:1250
2016031743.jpg
2016031744.jpg
2016031745.jpg
2016031746.jpg
    ♀は対岸土手の枯れ竹へ。
    タラオ、エビをゲットして1番枝へ。

SS:1/1600 F:4.5
2016031747.jpg
2016031748.jpg
2016031749.jpg
2016031750.jpg
0643、タラオは2番枝へ。
0645、♀も2番枝へ。

SS:1/200 F:14.0 ISO:1600
2016031751.jpg
0646、♀はエビをゲットして3番枝へ。
SS:1/2000 F:4.0
2016031752.jpg
2016031753.jpg
0647、♀、エビをゲットして水路出口の岩へ。
SS:1/2000 F:4.0 ISO:640
2016031754.jpg
2016031755.jpg
SS:1/2000 F:4.0 ISO:1600
2016031756.jpg
    この後すぐに水路脇の岩へ。
SS:1/2000 F:4.0 ISO:560
2016031757.jpg
    至近ダイブを期待したが、♀は蛇籠枝へ。
SS:1/2000 F:5.0 ISO:400
2016031758.jpg
0648、タラオは上流へ。
0649、♀も上流へ飛び去った。

0737、蛇籠枝に♀飛来。

SS:1/2000 F:5.0 ISO:800
2016031760.jpg
0738、♀は上流へ飛び去った。

0739、対岸巣枝にタラオ飛来。
    ♀も巣枝へ。

SS:1/2000 F:5.0 ISO:450
2016031761.jpg
2016031762.jpg
    2羽は暫し巣穴掘りの真似事。
0742、タラオは対岸土手を越えて本流上流へ飛び去った。
    ♀は上流へ飛び去った。

0755、1番枝にタラオ飛来。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:560
2016031766.jpg
0756、タラオは上流へ飛び去った。

0821、蛇籠枝に♀飛来。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:500 EV+0.33
2016031767.jpg
0824、♀は対岸巣枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:560
2016031768.jpg
0825、♀は対岸土手の枯れ竹へ。
0826、♀、2番枝へ。
0827、♀は上流へ飛び去った。

0828、対岸巣枝にタラオ飛来。
0829、♀も巣枝に飛来。
    2羽は巣穴掘り再開。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:800
2016031770.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:560
2016031771.jpg
2016031772.jpg
0832、タラオ、2番枝へ。
SS:1/2000 F:5.6
2016031773.jpg
    この後2羽は巣穴掘り継続。
0833、タラオ、エビをゲットして蛇籠枝へ。

SS:1/2000 F:5.6
2016031774.jpg
    タラオ、エビを給餌咥えして対岸土手の水際へ。
SS:1/2000 F:5.6
2016031775.jpg
2016031776.jpg
    足場が無かったので、タラオはホバリングしながら♀へエビを給餌。
2016031777.gif
    タラオ、すぐにダイブしてまたエビをゲットし、蛇籠枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:800
2016031778.jpg
2016031779.jpg
2016031780.jpg
2016031781.jpg
2016031782.jpg
    ♀も蛇籠枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:400
2016031783.jpg
   ♀、ダイブするも採餌失敗。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:560
2016031784.jpg
2016031785.jpg
2016031786.jpg
2016031787.jpg
0835、タラオは3番枝へ、そして対岸土手を越え、本流上流へ飛び去った。
    ♀、蛇籠枝からダイブしてエビをゲット。
0836、続けてダイブ、エビをゲット。
    すぐにまたダイブしてエビをゲット。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:500
2016031788.jpg
0837、♀は上流へ飛び去った。

0840、2番枝にタラオ飛来。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:800
2016031789.jpg
0841、タラオは上流へ飛び去った。

0930、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
オナガ

2016031769.jpg
今日も待ち時間にはヒヨドリが相手をしてくれた。
2016031759.gif
2016031763.jpg
2016031764.jpg
2016031765.jpg

ほぼ無風だったが、それでも花粉が大量に飛散、空は真っ黄色に染まっていた(T_T)
撮影日よりだったので粘りたかったが・・・目が痒く鼻も痒く・・・耐えられず退散。

相変わらず2羽は対岸土手で巣穴掘りの真似事。
しかし、1時間近く、間があく。
ということは、他所でも同じように巣穴掘りをしているということなのだろう。
上流部を探索してみたいが、約500mの範囲内には営巣場所は発見出来なかった。

明日の予報は、午前中は晴れ。
明日はもう少し早く出撃しなくちゃ。
ということは・・・寝る時間が少なくなってくるぞ・・・。
この記事のURL |     翡翠 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<ロクヨン手持ち | メイン | やっぱり青空だよね>>
コメント
--
空中給餌、興味深いですね。毎年見たことのない行動が
見られるのですから、この道はしみじみ深いです。
ヒヨもすっかり上手になって、そのうちドジョウを自分で
取るようになったりして(笑)
この場所に来るまでは、セキレイやモズが上手に水中の魚を
捕らえるなんて知りませんでしたから。
翡翠のいないときは、ヒヨがダイブシーンを見せてくれるかも
しれません。そうなったら楽しいでしょうねえ。
2016/03/17 18:51  | URL | panoramahead #-[ 編集] |  ▲ top

--
センセ、こんばんは~
ヒヨがダイブして小魚をゲット・・・う~ん・・・野鳥界の生態系に変化が起こるかも(^^;)

ツバメの空中給餌は良く見かけますが、翡翠では初見でした、びっくりです~。
2016/03/17 19:10  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは~。
空中給餌、なかなか珍しい行動ですよね。私も2006年に一度撮っています。シャッター切りながら手が震えたのを覚えていますよ。絶対ありえないなんて事無いですよね~。
ブログにも載せたのですが雌がホバしながらお魚を貰いましたね。カテゴリーの中にホバ給餌ってありますから見て下さいな・・・
2016/03/17 22:12  | URL | かんばんや #zEk0zJbY[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
今日もお世話になりました~早帰りするのは花粉のせいでしたか
やはり早朝に行かないと、至近ダイブは無理みたいですね~
来週の中頃には早朝に行けるかも知れません。
今度の出撃は土曜日の予定です~
ホバ給仕も真横から見たかったですね~
いったい巣穴は何処に~謎です????
2016/03/17 23:01  | URL | TKN #Q0hcAPvg[ 編集] |  ▲ top

--
かんばんやさん、おはようございます。
ホバ給餌、拝見しましたよ~。横から撮られたのでバッチリ確認できますね。
2羽ともにホバリングでの給餌は・・・是非とも見てみたいものですが・・・あり得ないでしょうねぇ(^^;)
2016/03/18 05:13  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top

--
鳥飼人さん、おはようございます。
超早朝に至近ダイブするようですが、暗くてどうにもなりません(T_T)
それでもやっぱり、日の出前に行ってしまいます・・・今日もこれから出撃です!
花粉・・・今日も凄そう・・・(T_T)
2016/03/18 05:15  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://duck29.blog.fc2.com/tb.php/2214-7f02a881
| メイン |