12345678910111213141516171819202122232425262728293031----
怒濤の連続至近ダイブ
- 2016/03/20(Sun) -


0450起床、曇り。
    ありゃ・・・今朝はSKCのハズじゃなかったっけ?
    7000ft付近にほぼオーバーキャスト、しかも北西の風がかなり強く吹いている。
    今朝の日の出は0545。
0525、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0530、河口現着。
    撮影の準備を整えるとすぐに翡翠飛来。

0536、♀が巣枝に飛来。
    ほぼ同時に、1番枝にタラオ飛来。
0539、2羽は上流へ飛び去った。

0648、2番枝にタラオ飛来。
0651、タラオ、対岸巣枝へ。
    蛇籠枝に♀飛来。
0657、タラオ、蛇籠枝へ。
    この後2羽は上流へ飛び去った。

0727、蛇籠枝に♀飛来。
    すぐに蛇籠の枯れ草へ。
0730、♀は上流へ飛び去った。

0805、対岸巣枝に♀飛来。
0806、3番枝へ。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/2000 F:5.6 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.33 SPOT 焦点距離:600.0(mm)
20160320001.jpg
0807、2番枝へ。
0808、♀は本流下流へ飛び去ったが、すぐに対岸巣枝に戻ってきた。
0809、水路出口の岩へ。

SS:1/2000 F:5.6
20160320002.jpg
0810、水路脇の岩へ。
    ♀、ここで長考。
0817、ダイブせずに3番枝へ。
0818、3番枝からダイブして小魚をゲットし、水路出口の岩へ。

SS:1/2500 F:5.6
20160320005.jpg
20160320006.jpg
20160320007.jpg
    すぐに水路脇の岩へ。
SS:1/2500 F:5.6
20160320008.jpg
0819、水路にダイブして小魚をゲットし、水路出口の岩へ。
SS:1/2500 F:5.6
20160320009.jpg
20160320010.jpg
    続けてダイブ、小魚をゲットし4番枝へ。
SS:1/2500 F:5.6
20160320011.jpg
20160320013.jpg
0820、採餌失敗して蛇籠枝へ。
    そして本流上流へ飛び去った。

0831、タラオがMサイズのお魚を給餌咥えして、下流から上流に向けて通過。

0935、対岸巣枝に♀飛来。
    この頃から陽射しが強くなってきたので、露出補正値を+0.33に変更。

SS:1/2500 F:5.6 EV+0.33
20160320014.jpg
0940、♀、2番枝へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:640
20160320015.jpg
0941、♀は本流上流へ飛び去った。

0947、4番枝にタラオ飛来。

SS:1/3200 F:5.6 ISO:800
20160320016.jpg
0948、水路にダイブしてMサイズのお魚をゲットし、水路出口の岩へ。
SS:1/3200 F:5.6
20160320018.jpg
20160320019.jpg
20160320020.jpg
20160320021.jpg
    タラオ、お魚を咥えて蛇籠枝へ。
SS:1/3200 F:5.6 ISO:720
20160320022.jpg
    完食後水浴び1回、そのまま上流へ飛び去った。
SS:1/3200 F:5.6 ISO:800
20160320023.jpg
20160320024.jpg
20160320025.jpg
20160320026.jpg
20160320027.jpg

0956、対岸土手の葛蔓に♀飛来。
    すぐに水際にダイブしてエビをゲット。
0958、また水際にダイブ、エビをゲット。
0959、♀は上流へ飛び去った。

    露出補正値プラスの効果があまり無いので、EV-0.33に設定変更。

1031、2番枝に♀飛来。

SS:1/3200 F:5.6 ISO:640 EV-0.33
20160320033.jpg
    同時に、4番枝にタラオ飛来。
SS:1/3200 F:5.6 ISO:720
20160320034.jpg
    コレって、タラオが採餌して♀に給餌する、絶好のパターンじゃん!
1032、タラオ、水路出口の岩の上へ。

SS:1/3200 F:5.6 ISO:280
20160320035.jpg
    すぐにダイブ、小魚をゲットして水路脇の岩へ。
    給餌サイズじゃないのでぺろりと飲み込んですぐにダイブ、また小魚をゲット。
1033、また水路にダイブして小魚をゲット。

SS:1/3200 F:5.6 ISO:640
20160320036.jpg
20160320037.jpg
20160320038.jpg
20160320039.jpg
20160320040.jpg
    続けてダイブ、採餌失敗。
1034、小魚をゲット。

SS:1/3200 F:5.6 ISO:800
20160320041.jpg
20160320042.jpg
    すぐにダイブ、小魚をゲット。
SS:1/3200 F:5.6 ISO:720
20160320043.jpg
20160320044.jpg
20160320045.jpg
    スイッチ入ったみたい!
    小魚をゲット。

SS:1/3200 F:5.6 ISO:800
20160320046.jpg
20160320047.jpg
20160320048.jpg
20160320049.jpg
    この後立て続けに2回ダイブ、小魚2尾ゲット。
    そしてその小魚を咥えたままダイブ、LLサイズのお魚をゲットして蛇籠枝へ。
    どうやら小魚は捨てたようだ(^^;)

SS:1/3200 F:5.6 ISO:720
20160320050.jpg
20160320051.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:560
20160320052.jpg
1035、調理していると♀がやってきた。
    タラオに「私にちょーだいっ!」と迫るが・・・

20160320053.gif
    直後、タラオはお魚を咥えて上流へ飛び去ってしまった・・・
SS:1/3200 F:5.6 ISO:500
20160320054.jpg
1036、♀も上流へ飛び去った。
SS:1/3200 F:5.6 ISO:720
20160320055.jpg
    とっても美味しそうなお魚だったもんなぁ、やりたくなかったんだろうなぁ(^^;)

1047、4番枝にタラオ飛来。
1048、水路出口の岩へ。

SS:1/3200 F:5.6 ISO:450 EV±0
20160320056.jpg
    ここから、怒濤の連続25回至近ダイブが始まった!
    ということは、さっきの大きなお魚は♀に給餌したのだろう。

SS:1/3200 F:5.6 ISO:800
20160320057.jpg
    水底の枯れ草の下で小魚を捕捉しているのが見える。
SS:1/3200 F:5.6
20160320058.jpg
20160320059.jpg
20160320060.jpg
20160320061.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:720
20160320062.jpg
20160320063.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:800
20160320064.jpg
SS:1/3200 F:5.6
20160320065.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:720
20160320066.jpg
20160320067.jpg
20160320068.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:800
20160320069.jpg
20160320070.jpg
SS:1/3200 F:5.6
20160320071.jpg
20160320072.jpg
SS:1/3200 F:5.6
20160320073.jpg
    エビをゲット。
SS:1/3200 F:5.6
20160320074.jpg
20160320075.jpg
20160320076.jpg
20160320077.jpg
20160320078.jpg
20160320079.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:640
20160320080.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:800
20160320081.jpg
20160320082.jpg
20160320083.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:720
20160320084.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:800
20160320085.jpg
20160320086.jpg
20160320087.jpg
SS:1/3200 F:5.6
20160320088.jpg
20160320089.jpg
20160320090.jpg
SS:1/3200 F:5.6
20160320091.jpg
SS:1/3200 F:5.6
20160320092.jpg
20160320093.jpg
SS:1/3200 F:5.6
20160320094.jpg
20160320095.jpg
20160320096.jpg
SS:1/3200 F:5.6
20160320097.jpg
20160320098.jpg
SS:1/3200 F:5.6
20160320099.jpg
SS:1/3200 F:5.6
20160320100.jpg
20160320101.jpg
20160320102.jpg
20160320103.jpg
20160320104.jpg
20160320105.jpg
1055、小魚をゲットして対岸竹林の中へ。
SS:1/3200 F:5.6
20160320106.jpg
    対岸竹林で10分間の食休み。
1105、タラオは上流へ飛び去った。
1048から1105までの17分間にタラオは水路に25回ダイブし、小魚23尾、エビ1尾をゲット。
    凄い採餌成功率だよなぁ・・・

1110、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
モズの給餌

20160320032.gif

朝の内は飛来回数も少なく、また、対岸土手へのアタックも一度も無かった。
T博士はこの状況を次のように分析。
※本命巣穴は坑道掘削が最終段階にあり、産室掘削直前である。
  そのためタラオの飛来回数が少なく、飛来間隔も大きく開くようになった。
  ♀の嘴が汚れていないのは、まだ産室掘削を開始していないため。
  明日あたりから産室掘削が始まると、今度は♀の飛来回数が激減することになる。

営巣場所は不明。
上流側にあるとは思うのだが、偵察しても発見出来ず。
まぁ、判らない方が良いんだけどね。

それにしても良くダイブしたなぁ。
離水後の岩戻り連写画像をアップしたらブログがパンクしてしまう(^^;)

今日は連休中日ということもあって、大勢のカメラマンが来場された。
カメラ席を拡張したがそれでも不足し、皆さんには間隔を詰めての撮影をお願いした。
それでも皆さんそれなりに楽しまれたようで何より。

明日の予報は朝の内曇りでその後は晴れ。
この記事のURL |     翡翠 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<連チャン | メイン | 本命巣穴未定?>>
コメント
--
だっくさん、こんばんは。

粘り勝ちですね(^^)/
久しぶりの至近ダイブのチャンスと思ったら力みすぎたようで全滅でしたが、自分の撤収後に凄い事になっていたんですね〜(^_^;)
孵化直後の雛には、丁度いいサイズの小魚が水路内にいますね。
水中で魚を採る様子が見れる画像、なかなかありませんね!!
2016/03/20 20:14  | URL | nkgw #-[ 編集] |  ▲ top

--
nkgwさん、こんばんは
ここ数日、11時前後に爆発しているようなんですよね。
今日は無理をして少し粘ってみました。(というより、拡張した部分を片付けずには撤収できなかったので)
明日からは、少し遅めに出撃して昼間で粘ってみようかと(^^;)
2016/03/20 20:18  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
今の今まで、河口がこんな事になっていたとは~~
驚きました~まさに題名以上のダイブがありましたね
河口水路は枯池状態だったのに~なんでこんなにお魚が?

今日はお墓参りだったので、早く帰りましたが~
次回参加の折は、粘りに粘りたいと思います。
お疲れさまでした~辛い編集も楽しかった事でしょう!
2016/03/20 21:32  | URL | TKN #CYdLuodA[ 編集] |  ▲ top

--
鳥飼人さん、こんばんは。
今朝、IJM氏が大量の小魚を放流してくださったんですよ。
それが見事に大当たり、ばっちりでした。
今後も小魚を絶やさぬよう、継続放流の必要がありますね~。
2016/03/20 21:35  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top

--
おはようございます。昨日は、凄かったですね…。
翡翠ダイブもさることながら何年振りかでT博士にお会いしたり
平日にはお会いできない方たちのお顔を拝見して嬉しかったです。
口に小魚をくわえたまま大物採りダイブは驚きました
まだまだ知らないことが沢山あるようです。深い!
2016/03/21 04:23  | URL | panoramahead #-[ 編集] |  ▲ top

--
センセ、おはようございます。
昨日は楽しい鳥撮りになりましたね~。お天気にも恵まれ、しかも大爆発!
T博士は翡翠学の権威、一言々々納得させられます\(^o^)/
さて連休最終日、今日はどんな展開になるかなぁ。
2016/03/21 05:05  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://duck29.blog.fc2.com/tb.php/2217-165c158b
| メイン |