12345678910111213141516171819202122232425262728293031----
連チャン
- 2016/03/21(Mon) -


0445起床、曇り。
    7000ftくらいだろうか、雲がほぼ全天を覆っている。
    最新の予報を確認すると、晴れ間が出てくるのは10時頃とのこと。
    こりゃちょっと厳しいかも。
    今朝の日の出は0544。
0530、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0535、河口現着。

2016032101.jpg
    ロドスタから降りたとき、翡翠の鳴き交わす声が聞こえた。
    しかし暗くて、どこに居るのかは判らなかった。

0546、対岸巣枝に♀飛来。
0548、2番枝へ。
0549、2番枝からダイブ、エビをゲットして3番枝へ。
    そしてすぐに4番枝へ。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/200 F:4.0 マニュアル露出 ISO:3200 EV±0 SPOT測光 焦点距離:600.0(mm)
2016032102.jpg
0550、水路にダイブして小魚をゲットし、水路出口の岩へ。
    しかしここで小魚を落としてしまった。
    すぐにダイブし直して落とした魚を回収。
    ファインダーでは見えているが、暗くて撮れない(T_T)
0551、♀、4番枝へ。
    エビをゲットして水路脇の岩へ。
0554、水路出口の岩陰にダイブ、エビをゲットし4番枝へ。
0555、♀は5番枝へ。

SS:1/125 F:4.0
2016032103.jpg
0556、♀は上流へ飛び去った。

    直後、1番枝にタラオ飛来。
0559、タラオは上流へ飛び去った。

0621、タラオ、♀が対岸巣枝に飛来。

SS:1/640 F:4.0
2016032104.jpg
0622、タラオは2番枝へ。
    2番枝からダイブしてエビをゲット。
0623、続けてダイブするも採餌失敗、4番枝へ。

SS:1/1250 F:4.0
2016032105.jpg
    タラオ、水路脇の岩へ。
SS:1/2000 F:4.0
2016032106.jpg
    ♀、3番枝へ。
SS:1/2000 F:4.0
2016032107.jpg
    ♀は、タラオがお魚を給餌してくれるのを待っているようだ。
    しかし、タラオはなかなかお魚を捕ってくれない。
0624、♀、水路脇の岩へ。
    タラオは追い出されて水路出口の岩の上へ。

SS:1/2000 F:4.0
2016032108.jpg
2016032109.jpg
2016032110.jpg
2016032111.jpg
    ♀、水路にダイブして小魚をゲット。
    ほぼ同時にタラオもダイブ、小魚をゲット。
    タラオ、続けて小魚をゲットして3番枝へ。
0625、♀、小魚をゲット。
    タラオ、小魚をゲットして2番枝へ。
    ♀は上流へ、タラオは本流上流へ飛び去った。

0638、対岸巣枝に♀飛来。
0639、♀は本流上流へ。

0715、♀が堰下ブロックに飛来。
0716、蛇籠前にダイブしてMサイズのお魚をゲットし、蛇籠枝へ。
    直後、上手のブロックにタラオ飛来。
    この後2羽は上流へ飛び去った。

0746、対岸巣枝にタラオ飛来。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:1600
2016032112.jpg
    直後、♀も飛来。
    2羽は巣穴掘りを始めた。
    昨日の午前中は全く掘らなかったのに、どうしちゃったのだろう。
    本命の巣穴、産室を作ることなく放棄したのかな?

2016032114.gif
2016032115.gif
0751、タラオは蛇籠枝へ。
    しかしすぐに巣枝に戻り、巣穴掘りを再開。
    今日はえらく気合いが入っているようで、2羽ともに本気堀りのようで、長いときは1分半以上も掘り続けていた。


0828、タラオは4番枝へ、そしてすぐに水路脇の岩へ。
SS:1/1600 F:4.0
2016032116.jpg
SS:1/2000 F:4.0
2016032117.jpg
    この後水路への連続至近ダイブが始まった。
0829、小魚をゲット。
0830、小魚をゲット。
    続けて小魚をゲット。

SS:1/2500 F:4.0
2016032118.jpg
2016032119.jpg
    更に小魚をゲット。
0831、小魚をゲット。

SS:1/2500 F:4.0
2016032120.jpg
2016032121.jpg
    ♀、1番枝へ。
0832、タラオは対岸土手を越え、本流上流へ飛び去った。
    ♀、1番枝から水浴び4回。
0833、♀は上流へ飛び去った。

0843、4番枝にタラオ飛来、すぐに水路出口の岩へ。

SS:1/2000 F:4.0
2016032122.jpg
2016032123.jpg
0845、水路にダイブしてエビをゲット。
    続けてダイブ、今度は小魚をゲット。

SS:1/2500 F:5.6
2016032124.jpg
2016032125.jpg
2016032126.jpg
2016032127.jpg
2016032128.jpg
2016032129.jpg
2016032130.jpg
2016032131.jpg
    続けてダイブ、小魚をゲット。
    更にダイブ、また小魚をゲット。
0846、また小魚をゲット。

SS:1/2500 F:5.6
2016032132.jpg
2016032133.jpg
2016032134.jpg
2016032135.jpg
    すぐにダイブ、採餌失敗。
    続けてダイブ、小魚をゲット。
0847、小魚をゲット。
    この後タラオは上流へ飛び去った。

0857、対岸巣枝に♀飛来。
0859、♀は蛇籠枝へ。
0905、タラオ、対岸巣枝に飛来。

SS:1/1600 F:5.6
2016032136.jpg
    この後2羽は巣穴掘り再開。

0908、タラオは水路脇の岩へ。
0909、水路にダイブしてエビをゲット。
    続けて水路にダイブ、小魚をゲット。
    更にダイブ、小魚をゲット、1番枝へ。

SS:1/2000 F:5.6
2016032137.jpg
    この後タラオは対岸土手を越え、本流上流へ飛び去った。

0916、4番枝にタラオ飛来。

SS:1/2000 F:5.6
2016032138.jpg
0917、水路出口の岩へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1400
2016032139.jpg
    タラオ、水路にダイブして小魚をゲット。
    続けてダイブ、採餌失敗。
    更にダイブ、採餌失敗。
    連続ダイブ、今度は小魚をゲット。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1000
2016032140.jpg
2016032141.jpg
2016032142.jpg
2016032143.jpg
2016032144.jpg
    更にダイブ、小魚をゲット。
0918、小魚をゲット。
    続けてダイブ、小魚をゲット。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1100
2016032145.jpg
2016032146.jpg
2016032147.jpg
    続けてダイブ、小魚をゲット。
0919、水路にダイブして特大サイズのお魚をゲットしたんだけど・・・持ち上げられず落下。
    続けてダイブ、小魚をゲット。
0920、小魚をゲット。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1250
2016032148.jpg
2016032149.jpg
2016032150.jpg
2016032151.jpg
2016032152.jpg
2016032153.jpg
2016032154.jpg
2016032155.jpg
    すぐにまたダイブ、小魚をゲット。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1400
2016032156.jpg
2016032157.jpg
2016032158.jpg
2016032159.jpg
2016032160.jpg
2016032161.jpg
2016032162.jpg
2016032163.jpg
    更にダイブ、小魚をゲット。
0921、タラオは対岸巣枝へ。
    直後、♀も対岸巣枝に飛来。

SS:1/1000 F:5.6 ISO:1600
2016032164.jpg
    2羽はこの後約20分間、巣穴掘り。
SS:1/1000 F:5.6
2016032165.jpg
0940、タラオは1番枝へ。
0941、タラオ、対岸土手を越え本流上流へ飛び去った。
0942、♀、1番枝へ。
    水浴び1回の後2番枝へ。
0943、♀は本流上流へ飛び去った。

0956、4番枝にタラオ飛来。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2016032166.jpg
    すぐに水路出口の岩の上へ。
0957、水路にダイブして小魚をゲット。
    続けてダイブ、採餌失敗して水路脇の岩へ。

SS:1/2500 F:5.6
2016032167.jpg
0958、小魚をゲット。
SS:1/2500 F:5.6
2016032168.jpg
0959、小魚をゲット。
    続けてダイブ、小魚をゲット。
    更にダイブ、また小魚をゲット。

SS:1/2500 F:5.6
2016032169.jpg
2016032170.jpg
2016032171.jpg
2016032172.jpg
2016032173.jpg
    続けてダイブ、小魚をゲット。
0920、小魚をゲット。
    続けてダイブ、小魚をゲット。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:800
2016032174.jpg
2016032175.jpg
2016032176.jpg
2016032177.jpg
    更にダイブ、小魚をゲット。
1001、4番枝陰にダイブしてエビをゲット、3番枝へ。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:720
2016032178.jpg
2016032179.jpg
    続けて3番枝からダイブ、小魚をゲット。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2016032180.jpg
2016032181.jpg
2016032182.jpg
2016032183.jpg
    タラオ、対岸土手の巣枝へ。
    ♀も対岸巣枝へ。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2016032184.jpg
1002、タラオ、水路出口の岩の上へ。
    水路にダイブして小魚をゲット。
    続けて水路にダイブ、水草をゲット。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1000
2016032185.jpg
2016032186.jpg
2016032187.jpg
2016032188.jpg
2016032189.jpg
2016032190.jpg
2016032191.jpg
続けてダイブ、小魚をゲット。
    更にダイブするも採餌失敗。
1003、♀も水路出口の岩に飛来。
1004、タラオは上流へ飛び去った。
    直後、♀も本流下流へ飛び去った。

1005、対岸巣枝に♀が戻ってきた。
    ♀、すぐに蛇籠枝へ。
    そして上流へ飛び去った。

1025、本日の撮影を終了し撤収。

今日も連チャンで水路への連続ダイブがあり、あっという間に大量撮影になってしまった。
至近ダイブを全部掲載したいけど、ブログがパンクしちゃう~(^^;)
ということで、かなり端折って掲載した。

タラオと♀、いったいどうしちゃったんだ?
なんだかやたらと本気掘りしてるんだよね。
ここは石ころだらけだからねぇ、絶対に無理だと思うんだけどなぁ。

今日は曇りで条件は良くなかったが・・・
連休最終日、大勢のカメラマンが来場、カメラ席はすぐに一杯になってしまった。

明日の予報は終日晴れ。ただし明け方は氷点下近くまで気温が下がるらしい。
この記事のURL |     翡翠 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<3日は続かない? | メイン | 怒濤の連続至近ダイブ>>
コメント
--
だっくさん、こんばんは。

かなりの至近ダイブを披露してくれて、自分の方も恩恵に授かる事が出来ました\(^-^)/
栄巣地、無事に安全な所で落ち着いてくれるといいですね!

かなりの枚数を現像されてますよね。久し振りに大量に現像をしたので、目が疲れました💦 現像が終わって、ガッカリな画像が多かったんですけどね...。
2016/03/21 20:36  | URL | nkgw #-[ 編集] |  ▲ top

--
nkgwさん、こんばんは
1200枚ほど持ち帰り、そのうち260枚を現像しました。
現像後、更に100枚近くをポイ捨て(^^;)
疲れました~。

目の前じゃなくて良いので、どこか近いところで安全な巣穴を掘って欲しいものですね。
とりあえず明日、作ったドリルでちょいとつついてみます。
2016/03/21 21:23  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
連日の工事マーク~後処理の大変さをまず考えてしまいます
でも、そういう苦労はブロガーとして至福の苦労でもあるでしょう
画像も曇りとは言いながら、なかなか良い色合いです~

そうなるとますますこのペアを助けて上げたくなります~でも
1個の石を砕いても次の石が出て来るでしょう~困りましたね~
2016/03/21 21:26  | URL | TKN #CYdLuodA[ 編集] |  ▲ top

--
鳥飼人さん、こんばんは
やはり晴れた日に撮るに越したことはありませんね。
それでも、今日は思った以上にSSが上がったので助かりました。
巣穴掘りのお手伝い、考え物です。産室造成まで出来るのであれば、少しはお手伝いしてあげても良いのですがねぇ・・・最後の最後でダメになるくらいだったら、ハナから諦めて貰った方が良いのかもしれません。
2016/03/21 21:42  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top

--
連日の大量撮影お疲れ様です。後処理を考えると
良かったですねと簡単には言えないですよね。短時間でイベントが
詰まったショータイムが理想形(笑)
とはいえ、来場された皆さん大満足だったのではないでしょうか。
ところで、いま掘りなおしているんじゃ、おなかの卵はどうなって
しまうんでしょう??
2016/03/21 21:48  | URL | panoramahead #-[ 編集] |  ▲ top

--
センセ、こんばんは~
ハッキリしたことは判らないのですが、産卵できる状況にならないと産まないという調整能力があるようですよ。お腹の中の卵は成長を止めた状態で温存されているのでしょうかねぇ・・・今度博士に聞いておきます。

連日の大量処理・・・疲労困憊・・・助けて下さいm(__)m
2016/03/21 21:57  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://duck29.blog.fc2.com/tb.php/2218-b1f1f956
| メイン |