------12345678910111213141516171819202122232425262728293031-----
土壇場
- 2016/07/02(Sat) -


0400起床、霧雨。
    あらら・・・予報じゃ曇りから晴れということだったんだけど??
    また外しちゃったか?
    ま、濡れるほどの雨じゃないけどね~。
0430、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0435、河口現着。
    先着のIJM氏が椅子に座りながら、ヒマそうに川面を見つめていた。
    う~ん・・・今日もパッとしないようだな。

    そしてその予測は見事に的中・・・

0557、幼鳥が上流から飛来、2番枝に一瞬パーチしたがすぐに本流上流に飛び去った。
    誰もシャッターを押せなかった・・・

    約4時間が経過し・・・
0840、皆、そろそろギブアップ、撤収準備に取りかかった。

0842、上流から幼鳥2羽飛来。
    1羽は対岸土手を越え本流上流へ。
    もう1羽は4番枝に一瞬パーチした後、本流下流へ飛び去った。
    今度もまた、誰もシャッターを押せず・・・
    参った・・・
    しかし、ひょっとしたら戻ってくるかも?
    気を取り直し、撤収取りやめ。

0844、竹林下ブロックに幼鳥飛来。
    ふぅ・・・ボウズは免れた・・・

2016070203.gif
NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/2000 F:5.6 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:600.0(mm)
2016070204.jpg
0845、幼鳥は竹林へ。
SS:1/1250 F:5.6
2016070205.jpg
0854、よそ見をしている間にダイブ、エビをゲットして2番枝へ。
SS:1/1000 F:5.6
2016070206.jpg
2016070207.jpg
2016070208.jpg
0856、直下にダイブするも採餌失敗。
    続けてダイブ、採餌失敗、小枝をゲットして1番枝へ。

SS:1/1000 F:5.6
2016070210.jpg
2016070211.jpg
2016070212.jpg
0857、蛇籠枝へ。
SS:1/1000 F:5.6 ISO:1400
2016070213.jpg
    幼鳥はすぐに堰枝へ。
    昨日2mほど下流側へ移設してから、初めてのパーチだ。

SS:1/1000 F:5.6 ISO:800
2016070214.jpg
0859、堰枝から右岸水際へダイブ、採餌失敗。
    カメラ席からはまったく見えず。
    この後幼鳥は上流へ飛び去った。

    さて、ボウズも免れたし、撤収しようか。
0904、幼鳥が堰枝に戻ってきた。
    こりゃ帰れんぞ。

SS:1/1000 F:5.6 ISO:900
2016070215.jpg
2016070216.gif
2016070217.jpg
0921、幼鳥は結局何もせず、上流へ飛び去った。
    撤収しようとした矢先に飛来され、撤収のタイミングを逸してしまった。

0956、堰枝に幼鳥飛来。

SS:1/1000 F:5.6
2016070221.jpg
    またも右岸水際の見えないところにダイブ、Mサイズのお魚をゲット。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:900
2016070222.jpg
0957、蛇籠枝へ。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600
2016070223.jpg
0958、2番枝へ。
SS:1/1600 F:5.6
2016070224.jpg
    こちらに向かって飛び出しダイブ、採餌失敗。
    着水点は4番枝陰で見えず。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:900
2016070225.jpg
2016070226.jpg
2016070227.jpg
2016070228.jpg
    すぐにダイブ、採餌失敗。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1000
2016070229.jpg
2016070230.jpg
2016070231.jpg
0959、中洲水際にダイブ、採餌失敗、小枝をゲット。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600
2016070232.jpg
2016070233.jpg
2016070234.jpg
2016070235.jpg
2016070236.jpg
    続けてダイブ、また小枝をゲット。
    この後更に3回連続で小枝をゲット・・・同じ枝ばっか拾ってるんじゃないの?
    そして連続8回目のダイブもまた採餌失敗。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:1250
2016070237.jpg
2016070238.jpg
2016070239.jpg
2016070240.jpg
2016070241.jpg
2016070242.jpg
2016070243.jpg
2016070244.jpg
1000、幼鳥は1番枝へ。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600
2016070245.jpg
    すぐに蛇籠枝へ。
    あれれ?さっきのダイブは水浴びも兼ねてたのか?
    ここでノンビリ羽繕い。

2016070246.gif
2016070247.gif
1002、再び2番枝へ。
    お魚獲ってないから、またダイブか?\(^o^)/

SS:1/1250 F:5.0
2016070248.jpg
1003、幼鳥は竹林下ブロックへ。
SS:1/1250 F:5.0
2016070249.jpg
1004、幼鳥は上流へ飛び去った。

1010、本日の撮影を終了。
    堰枝を下流側へ更に2m移設。

本日のその他の野鳥。
合流点のガビチョウ

2016070201.jpg
ホオジロ
2016070202.jpg
ハクセキレイ幼鳥
2016070209.gif
2016070218.gif
デカいヤマベを連続ゲットするササゴイ
2016070219.gif
2016070220.gif

翡翠の飛来があと数分遅かったら・・・今日はボウズだった。
土壇場での飛来、間一髪で間に合った。
コレで更に翡翠の「独壇場」だったら言うことなしだったんだがなぁ。
写距離が遠く、画質的には苦しいが、それでもこれだけ遊んでくれたのだから文句は言えない。
猫だまし作戦は継続中、明日はもう少し近付いてくれるかな。

明日の予報は明け方まで晴れでその後は次第に曇ってくるとのこと。
この記事のURL |     翡翠 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<翻弄 | メイン | 気まぐれ>>
コメント
--
おお、これは本当に数分でえらい違いになってましたね。
しかもそのあとの粘りが、さらにいい結果を呼び込んでます。
こういう日もあるんですね。これで着水点が見えるところ
ばかりなら、工事マークだったでしょうか?
枝移設…うまくいくといいですね。そういえば山口瞳だったか
男女が分かれるときは、畳の目、ひとつずつくらい細かく
後ずさるのが良いと書いてありました。
2016/07/02 18:56  | URL | panoramahead #-[ 編集] |  ▲ top

--
センセ、こんばんは~。
今日はマジヤバでした、間一髪(^^;)

畳一目ずつ後ずさり・・・
センセ、そんな状況に追い込まれているのでしょうか?バキッ!!☆/(x_x)
2016/07/02 19:12  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは~。
いやぁ、危なかったですねぇ。ツキがある人、無い人はここで明暗が別れてしまうんでしょうね~。私は後者かも~(笑)
2016/07/02 22:02  | URL | かんばんや #zEk0zJbY[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
今日はお世話になるつもりが肝心の物を忘れ
お世話になることが出来ませんでした~
家に帰り、再度分解したのまでは良かったのですが
別のパーツも落ちてきて、おまけにバネなどが飛び出し
どこにどうつけるのかしばしにらめっこしましたが
最終的には奇跡的に組み立てに成功しました~(汗)

今日は遅くてもカワセミが来て本当に良かったです。
2016/07/02 22:15  | URL | TKN #CYdLuodA[ 編集] |  ▲ top

--
かんばんやさん、おはようございます。
ほんの僅かの差でボウズか大量撮影か・・・
コレって怖いですよね~。
全て「鳥運」でしょうかね。
だっくも鳥運悪い方です~。
2016/07/03 04:02  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top

--
鳥飼人さん、おはようございます。
自力修復出来たとのこと、良かったですね~。
堰枝はあと数日も経てば見えるところに出てきますので、それまでは辛抱してくださいね~。
2016/07/03 04:06  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://duck29.blog.fc2.com/tb.php/2324-ae4dc7bb
| メイン |