---123456789101112131415161718192021222324252627282930--
土木工事
- 2016/09/18(Sun) -


0355起床、曇り。
    雲底約800ft、そして1,500ft付近でもシーリングを形成している。
    最新の予報(無料予報)では、午前8時頃から雨になるとのこと。
0505、出撃。

2016091801.jpg

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0510、河口現着。
    先着のIJM氏、MKD氏、NKMR氏が、暗い中、セメントを捏ねていた・・・( ̄△ ̄)
    皆が来場する前に片付けてしまおうということらしい。
    撮影機材の準備は後回し、早速土木工事に加わった。
    カメラ席の簡易ブラインドネット下部、三脚を設置する部分にセメントで軽量ブロックを固着させる工事だ。

2016091802.jpg
    ①基礎部分を整形
    ②川砂とセメントを混合
    ③軽量ブロックを接着
0630、カメラ席補強工事を終了。
    この間も翡翠は鳴きながら飛び回っていた。

0639、3番枝にアル爺飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/320 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV+0.33 中央重点測光 焦点距離:600.0(mm)
2016091804.jpg
0640、別の幼鳥が蛇籠枝に飛来。
SS:1/640 F:4.0 ISO:3200 EV-0.33
2016091805.jpg
    アル爺が一睨みすると・・・幼鳥は上流へ飛び去った。
0641、アル爺、1番枝へ。

SS:1/640 F:4.0
2016091806.jpg
2016091807.jpg
0643、アル爺は合流点へ。
    合流点には別の幼鳥2羽が居た。
    アル爺はその2羽を蹴散らし、上流へ飛び去った。
    アル爺、つおいっ!

0650、蛇籠枝にアル爺が戻ってきた。
0651、4番枝へ。

SS:1/640 F:4.0 EV+0.33
2016091808.jpg
0653、2番枝へ。
SS:1/25 F:4.0 ISO:200
2016091809.jpg
0655、1番枝へ。
SS:1/2000 F:4.0 ISO:3200
2016091810.jpg
    う~ん、枝移りばかり・・・
    そしてブロックへ。
0656、下流から蛇籠枝に別翡翠飛来。
    アル爺、すぐに蛇籠枝へ。
    そして2羽は本流を下って行った。

0704、アル爺、3番枝に飛来。

SS:1/2000 F:4.0
2016091811.jpg
    直後、別幼鳥が蛇籠枝に飛来。
    アル爺、蛇籠枝へ。

SS:1/2000 F:4.0
2016091812.jpg
    別幼鳥はすぐに左側の蛇籠へ。
SS:1/2000 F:4.0
2016091813.jpg
0705、別幼鳥、蛇籠から水際にダイブ、Mサイズのお魚をゲットして上流へ。
    アル爺は・・・後を追わず見送った。
0708、アル爺、対岸土手の枯れ草へ。
0711、3番枝へ。

SS:1/1000 F:4.0
2016091814.jpg
0712、1番枝へ。
SS:1/2000 F:4.5
2016091815.jpg
0714、採餌失敗。
SS:1/1600 F:5.0 ISO:1800
2016091816.jpg
2016091817.jpg
2016091818.jpg
2016091819.jpg
2016091820.jpg
2016091821.jpg
0715、アル爺はブロックへ。
0716、そして対岸竹林へ。

SS:1/1250 F:5.0 ISO:3200 EV-0.67
2016091823.jpg
0721、対岸土手越えで別翡翠飛来、すぐにまた土手越え、本流上流へ飛び去った。
0722、アル爺は直下岩陰にダイブ、Lサイズのお魚をゲットし、そのまま竹林の奥へ入り込んでしまった。

SS:1/1600 F:5.0
2016091824.jpg
    この分だと小一時間は出てこないぞ・・・

0745、合流点に幼鳥飛来、小魚をゲットして本流下流へ飛び去った。

0750、下流から翡翠飛来、対岸土手を越えて本流上流へ飛び去った。

0800、水路復活計画は頓挫したままだ。
    何とかして至近ダイブ撮影場所を確保出来ないものかと・・・
    IJM氏とNKMR氏が河床調査の試掘を行った。

2016091803.jpg
    真冬の渇水期までには、何とかしたいものだ。

0836、対岸竹林に幼鳥飛来。
0837、幼鳥は竹林下へ。
    背後ではアル爺が昼寝中だぞ・・・

SS:1/1600 F:5.0 EV±0
2016091825.jpg
0838、案の定竹林からアル爺が飛び出し、幼鳥を蹴散らしてしまった。
SS:1/1600 F:5.0
2016091826.jpg
0843、アル爺採餌失敗して蛇籠枝へ。
SS:1/1250 F:5.0
2016091827.jpg
    アル爺、ここでまたノンビリ休憩。
2016091828.gif
2016091829.gif
2016091830.gif
2016091831.gif
0854、結局アル爺は何もせず、本流上流へ飛び去った。

0903、下流から上流に向けて翡翠通過。

0904、対岸土手越えで翡翠飛来、そのまま上流へ。

0905、3番枝にアル爺飛来。

SS:1/1250 F:5.0 ISO:2200
2016091832.jpg
    そしてまた休憩・・・オイオイ・・・( ̄△ ̄)
2016091833.gif
2016091834.gif
2016091835.gif
2016091836.gif
2016091837.gif
2016091838.jpg
0917、上流から下流に向けて翡翠通過、アル爺動かず。
2016091840.gif
2016091841.gif
2016091842.gif
0918、合流点に幼鳥飛来。
0923、更に別の幼鳥が合流点に飛来。
    直後、その2羽とは別の2羽が下流から飛来、フィールドでU-ターンして本流下流へ飛び去った。
    この瞬間、5羽居たことになる。
    アル爺、対岸竹林へ。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:3200 EV+0.33
2016091843.jpg
0925、アル爺は合流点へ。
    合流点に居た2羽のうち1羽は本流下流へ。
    もう1羽は、アル爺と背比べを始めた。
0941、背比べに勝ったアル爺、対岸竹林へ。
0943、1番枝へ。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:1400
2016091844.jpg
2016091845.jpg
0956、随分待たせた挙げ句、振り向きざまにこちらにむかってダイブ。
    採餌失敗して3番枝へ。
    着水点はカメラから約12m、急いでレンズを振り降ろしAFボタンを押したが、離水には間に合わなかった。

SS:1/2000 F:4.0
2016091846.jpg
2016091847.jpg
2016091848.jpg
2016091849.jpg
2016091850.jpg
2016091851.jpg
2016091852.jpg
2016091853.jpg
2016091854.jpg
2016091855.jpg
    アル爺、すぐに2番枝へ。
SS:1/1600 F:4.0 ISO:3200
2016091856.jpg
1001、上流から本流上流に向けて翡翠通過。
    アル爺、追跡して本流上流へ。

1002、アル爺がブロックに戻ってきた。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:2200
2016091857.jpg


1005、本日の撮影を終了。
    機材を全て車載し終えた時、アル爺ダイブ、小魚をゲット・・・

本日のその他の野鳥
セグロセキレイ

2016091839.jpg

今日の主たる成果は、カメラ席整備が完了したこと。
連休明けには大型台風の襲来が予想される。
その前に補強工事を終了することが出来た。

明日の予報は曇り時々雨。
今日と同じく、スッキリしない空模様のようだ。
この記事のURL |     翡翠 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<疲れてるかも・・・ | メイン | 有料天気予報>>
コメント
-こんばんは-
だっくさんはじめ、専門家のI氏や努力家のN氏など強力なメンバーが揃っていますね
皆さん、骨身を惜しまずに、働かれておられ、いつも感服いたしております。
清水が湧きださなくなった今、新水路の構想を立てておられるのも素晴らしい取り組みです。
あの水路が復元されると思うと、とてもワクワクして来ます!トトロの親父もワクワク~
2016/09/18 21:16  | URL | TKN #CYdLuodA[ 編集] |  ▲ top

--
鳥飼人さん、こんばんは。
水路は・・・地形が大幅に変わってしまったため、全く目処が立っておりません。冬季渇水期までには何とかと思うのですが・・・果たしてどうなることやら・・・
2016/09/18 21:31  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは~。
環境整備お疲れ様です。河川は頻繁な整備が必要なのかも知れませんね。こんな時は皆さんの協力が大切ですよね・・・こちらでも素晴らしいメンバーが沢山居るので助かっています。
鳥さんは相変わらず飛来してくれているので成長して行く内にもっとパフォーマンスを見せてくれるでしょうね。
2016/09/18 21:39  | URL | かんばんや #zEk0zJbY[ 編集] |  ▲ top

--
かんばんやさん、こんばんは。
皆さんそれぞれに特技をお持ちで、しかも色々なアイデアも出していただけるので、とても助かっています。
シャッターを押すだけじゃなく、環境整備等の工夫も楽しみのひとつなんですよね~。
2016/09/18 22:03  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://duck29.blog.fc2.com/tb.php/2472-9a97ef0d
| メイン |