--12345678910111213141516171819202122232425262728293031--
暗いんですけど・・・(T_T)
- 2016/10/03(Mon) -


0425起床、曇り。
    約3000ft、ほぼオーバーキャスト。
    最新の予報では、夕刻まで曇りでその後は雨。
    光量不足の厳しい鳥撮りになりそうだ。
0520、出撃。
    おや・・・霧雨が降り始めたぞ。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0525、河口現着。
    すぐに大型パラソル4基設営。
    今朝も、蛇籠枝には既にアル爺が鎮座していた。
    もちろん、暗くて肉眼では確認出来ない。
    望遠レンズで見ても、その姿がやっと判別出来るくらい、非常に暗い。

0614、蛇籠枝のアル爺が突然直下にダイブ、Lサイズのお魚をゲット( ̄△ ̄)

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/80 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV±0 中央重点測光 焦点距離:600.0(mm)
2016100301.jpg
0621、水浴び1回。
0627、アル爺は上流へ飛び去った。

0740、上流から下流に向けて翡翠通過。

0742、蛇籠枝にアル爺飛来。

SS:1/640 F:5.0 EV-0.33
2016100302.jpg
0743、アル爺は3番枝背後のブロックへ。
SS:1/1600 F:5.0
2016100303.jpg
0748、ブロックの陰にダイブしてMサイズのお魚をゲットし、蛇籠枝へ。
SS:1/1250 F:5.0
2016100304.jpg
0753、アル爺は水浴びもせずに本流上流へ飛び去った。
SS:1/1000 F:4.0
2016100305.jpg
2016100306.jpg
2016100307.jpg

0810、3番枝にアル爺飛来。
SS:1/1600 F:4.0
2016100308.jpg
    どこかで水浴びは済ませてきたようだ。
    食休み、そしてその後は羽繕い。
    目の前で休まれるというのは・・・困りもの。こっちは休めないからなぁ。
    それにしても、その休み方は何だ・・・(( ̄△ ̄)怒)

SS:1/1600 F:4.0
2016100309.jpg
2016100310.gif
2016100311.gif
2016100312.gif
0828、休憩終わり?4番枝へ。
SS:1/1600 F:4.0
2016100313.jpg
2016100314.jpg
0833、Mサイズのお魚をゲット。
SS:1/1600 F:5.6
2016100315.jpg
2016100316.jpg
2016100317.jpg
0834、魚群の中にダイブ、採餌失敗。
    驚いた魚が飛び跳ねている。

SS:1/1600 F:5.6
2016100318.jpg
2016100319.jpg
2016100320.jpg
0835、アル爺、3番枝へ。
SS:1/1600 F:5.6
2016100321.jpg
0836、採餌失敗。
SS:1/1600 F:5.6
2016100322.jpg
2016100323.jpg
2016100324.jpg
2016100325.jpg
2016100326.jpg
2016100327.jpg
2016100328.jpg
2016100329.jpg
2016100330.jpg
2016100331.jpg
0840、また採餌失敗、4番枝へ。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1250
2016100332.jpg
2016100333.jpg
0841、合流点のブロックに幼鳥飛来。
    アル爺、スクランブル発進して合流点へ。
    幼鳥を本流上流に追い払い、合流点ブロックで警戒待機。
0845、アル爺再び3番枝へ。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600
2016100334.jpg
0846、Mサイズのお魚をゲットして蛇籠枝へ。
SS:1/1600 F:5.6
2016100335.jpg
    完食後水浴び3回。
SS:1/800 F:4.0
2016100336.jpg
2016100337.jpg
2016100338.jpg
2016100339.jpg
2016100340.jpg
2016100341.jpg
2016100342.jpg
2016100343.jpg
2016100344.jpg
2016100345.gif
0908、対岸土手の芙蓉へ。
    ここで食休みに入った。

SS:1/1000 F:4.0
2016100346.jpg

0937、合流点ブロックに幼鳥飛来。

0942、アル爺、合流点のブロックへ。
    幼鳥は下流側へ移動した。
0944、アル爺は対岸竹林へ。

SS:1/400 F:5.0 EV+0.33
2016100347.jpg
0946、直下中洲水際にダイブ、採餌失敗して竹林下へ、そしてすぐに合流点ブロックへ。
SS:1/800 F:4.0 EV±0
2016100348.jpg
2016100349.jpg
2016100350.jpg
0947、アル爺は再び対岸竹林へ。
0954、本流下流から本流上流へ向けて翡翠通過。
    アル爺、竹林を飛び出して追尾、すぐに合流点ブロックに戻ってきた。
0956、そしてまた対岸竹林へ。
1000、アル爺、3番枝へ。

SS:1/1250 F:4.0 ISO:1250 EV-0.33
2016100351.jpg
    すぐにダイブ、Mサイズのお魚をゲット。
    撮影諸元を変更していて、ダイブを見逃してしまった(T_T)

SS:1/2000 F:4.0 ISO:1600
2016100352.jpg
2016100353.jpg
2016100354.jpg
1001、採餌失敗してブロックへ、そして4番枝へ。
    ファインダー中央で捉えたハズなんだけど、全部ピンぼけ・・・( ̄△ ̄)

SS:1/2000 F:4.0
2016100355.jpg
    アル爺、4番枝上で20分近く休憩・・・
1020、3番枝へ。

SS:1/2000 F:5.0 EV±0
2016100356.jpg
    着枝、振り向きざまにダイブ、Mサイズのお魚をゲット。
    レンズの振り遅れで離水撮れず。

SS:1/2000 F:5.0
2016100357.jpg
2016100358.jpg
1027、アル爺2番枝へ。
SS:1/2000 F:5.0
2016100359.jpg
SS:1/40 F:5.0 ISO:100
2016100360.jpg
    写距離10m、ISO100の画像は、やっぱり綺麗だよな~。
    アル爺、この近い枝で食休み。
    カメラマンは全員金縛りの刑・・・参った・・・( ̄△ ̄)
    アル爺は休憩、ノビ、アクビ~っ!

2016100361.gif
1055、2番枝右側にダイブ、採餌失敗して3番枝へ。
SS:1/2000 F:5.0 ISO:1600 EV±0
2016100362.jpg
2016100363.jpg
2016100364.jpg
2016100365.jpg
2016100366.jpg
1059、採餌失敗。
SS:1/2000 F:5.0
2016100367.jpg
2016100368.jpg
2016100369.jpg
2016100370.jpg
1101、アル爺は対岸竹林へ。

    これ以上付き合っていたら昼飯を食いそびれてしまいそうだ。
1110、フィールドにアル爺を残して、本日の撮影を終了し撤収。

今日も昨日に引き続き写距離10m前後の至近ダイブを披露してくれたのだが・・・
なにぶんにも暗くてSSあがらず・・・
10m、ロクヨン、これで1/2000以下じゃマトモに撮れるワケないわな。
え?腕が悪いからだろって?
そりゃもちろん。
腕が悪い分、機材でカバーしてくれりゃいいんだけどねぇ。

明日の予報は、終日晴れ。
高SS、がっつり絞って至近ダイブを撮れるかも?(^^;)
この記事のURL |     翡翠 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<明るいんですけど・・・ | メイン | やれば出来るじゃん!>>
コメント
--
だっくさん、こんばんは。

ISO100の近距離画像、綺麗ですね!
SSが二桁なので暗かったんだろうな〜と思いましたが、アル爺は動かないから被写体ブレしないんですね〜(^.^;

手頃なサイズの魚が至近距離に集まっているようで、明日の画像を楽しみにしてます!
2016/10/03 20:49  | URL | nkgw #-[ 編集] |  ▲ top

--
nkgwさん、こんばんは~。
いくら高ISO撮影が可能になったとは言え、やはり低ISOでの低ノイズ画像は凄いですよね。
アル爺、ガッチリ固まってましたので、ブレずに撮れました~(笑)
明日は明るくなりそうなので、可能な限り低ISOで狙います。
2016/10/03 20:51  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top

--
だっくさん、こんばんは
アル爺の得意の超深座り出たようですね^^
やはり印象的なシーンは魚の群れに突っ込み魚が舞っている所が面白いです、僕のレンズなら被写界深度が多少深いため魚まで撮れていたかもしれませんね^^
しかし暗い悪条件の中これだけクオリティー高く撮れれば良しではないでしょうか、明日は出陣しようかと思ってますのでよろしくです^^
2016/10/03 23:02  | URL | ASK #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは~。
近距離は綺麗ですね~。至近ダイブは迫力が違いますね。私では絶対無理でございます~。
2016/10/04 00:24  | URL | かんばんや #zEk0zJbY[ 編集] |  ▲ top

--
ASKさん、おはようございます。
あの腐った卵のような深座り・・・いったい何なんでしょうかね(笑)
昨日の光量不足、これは厳しかった・・・
ついつい、「天よ、我に光を・・・」と呟いてしまいましたよ。
2016/10/04 04:39  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top

--
かんばんやさん、おはようございます。
やはり、「距離に勝るレンズ無し」ですよね。
10m以内の撮影の醍醐味を憶えてしまうと、20m以遠には全く興味が無くなってしまいます。
コレはコレで困ったことなのですが(^^;)
至近ダイブは技量は無関係で、運任せの一発勝負です!(笑)
2016/10/04 04:41  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは-
だっくさん、あの後も、至近ダイブがあったようですね~
だっくさんのこの画像はいつもよりトリミングが大きめの
設定になっているみたいですね~大きくしても見応えがあります
河口もお魚が増えて来るのは嬉しいのですが、他でも採餌出来る
という事なので、油断は出来ませんね~今日は明るかったので
良い画像が期待できそうですね~楽しみです!
2016/10/04 13:42  | URL | TKN #Q0hcAPvg[ 編集] |  ▲ top

--
鳥飼人さん、こんにちは。
今日は申し分の無いお天気でした。
それなりに至近ダイブもありました。
結果は・・・残りませんでした(T_T)
2016/10/04 15:55  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://duck29.blog.fc2.com/tb.php/2489-4f30c3df
| メイン |