12345678910111213141516171819202122232425262728293031----
MF追尾
- 2016/10/20(Thu) -


0440起床、晴れ。
    予報通り、文句なしの晴れだ。
    やっぱり晴れた方が気持ちいいよな。
    でもな~、天気が良い日は成果はあまり期待できないんだよな・・・
0540、出撃。

    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0545、河口現着。
    好天に誘われ、既に数名のCMがスタンバイ済み。
    そしてこの後30分ほどで、カメラ席はほぼ埋まってしまった。
    河口に到着してもすぐに撮影出来るわけじゃない。
    それなりの準備が必要だ。
    フィールドの整備や湯沸かしetc・・・
    皆さん自発的に作業に取り掛かる。

2016102000.jpg

    蛇籠枝にはアル爺が居る。
    作業をしていてもどこ吹く風、気にせずノンビリしている。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/100 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV+0.33 中央重点測光 焦点距離:600.0(mm)
2016102001.jpg
    この後、いつの間にかアル爺は姿を消していた。

0626、蛇籠枝にアル爺飛来。

SS:1/800 F:4.0 EV-0.33
2016102002.jpg
0627、対岸土手の芙蓉へ。
0632、3番枝へ。

SS:1/800 F:4.0 ISO:720
2016102003.jpg
2016102004.jpg
2016102005.gif
2016102006.gif
0649、上流から下流に向け翡翠通過、アル爺動かず。
0653、合流点ブロックに幼鳥飛来、アル爺スクランブル発進。
    アル爺、幼鳥を追尾して本流上流へ。

0656、アル爺、上流から本流上流に向け通過。

0659、下流から上流に向け翡翠通過。

0714、蛇籠枝にアル爺飛来。
    飛来するなり水浴び6回。
    何処かで食事してきたようだ。

2016102007.gif
2016102008.jpg
2016102009.gif
2016102010.gif
    蛇籠枝での水浴び追尾撮影では、離水から4~5コマでAFが外れる。
SS:1/1600 F:4.0 EV±0
2016102011.jpg
2016102012.jpg
2016102013.jpg
2016102014.jpg
    だいたいは、ここら辺りから先が怪しくなり、残るのは枝止まり。
2016102015.jpg
    途中から、AFは背景土手の石や草に引っ張られてしまう。
    それを回避して枝戻りまで全て捕捉し続けるにはどうすれば良いか・・・
    答えは簡単、AFがダメならMFで撮りゃいいのだ。
    え?それが出来りゃ苦労しないって?  う~ん、そうだよな(^^;)
    じゃ、AFとMFを併用すれば良いのだ。
    まずはAFで追尾し始める。

SS:1/1600 F:4.0
2016102016.jpg
2016102017.jpg
2016102018.jpg
2016102019.jpg
    ここでAFボタンを離し、シャッターだけ切り続ける。
    そして同時に、左手でピントリングを僅かに送り出す。

2016102020.jpg
2016102021.jpg
2016102022.jpg
2016102023.jpg
2016102024.jpg
2016102025.jpg
    後半の送り出し量はほんの僅かだ。
    慣れればそう難しいことではない。
    ただ、全ての状況でこれが応用出来るわけじゃないところがミソ(^^;)
0717、アル爺は上流へ飛び去った。

0744、下流からアル爺飛来、上流側の蛇籠で小休止。

0746、アル爺は本流上流へ飛び去った。

0808、下流から上流に向け翡翠通過。

0832、上流から下流に向け翡翠通過。

0834、アル爺3番枝に飛来、すぐに蛇籠枝へ。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:110
2016102026.jpg
2016102027.jpg
SS:1/1600 F:4.0 ISO:560
2016102028.jpg
SS:1/1600 F:4.0 ISO:1600
2016102029.jpg
0835、アル爺3番枝へ。
SS:1/1600 F:4.0 ISO:125
2016102030.jpg
2016102031.jpg
2016102032.jpg
    そしてすぐに1番枝へ。
SS:1/3200 F:4.0 ISO:250
2016102033.jpg
0836、水際にダイブ、採餌失敗して3番枝へ。
SS:1/3200 F:4.0 ISO:560 EV+0.33
2016102034.jpg
SS:1/3200 F:4.0 ISO:250
2016102035.jpg
    この後アル爺は合流点へ。
    別幼鳥が居たようで、アル爺は追尾して本流上流へ。

0840、アル爺が3番枝に戻ってきた。

SS:1/3200 F:6.3 ISO:400 EV-0.33
2016102038.jpg
    アル爺すぐにダイブ、Mサイズのお魚をゲット。
SS:1/3200 F:6.3 ISO:1100
2016102039.jpg
2016102040.jpg
2016102041.jpg
2016102042.jpg
2016102043.jpg
2016102044.jpg
2016102045.jpg
2016102046.jpg
2016102047.jpg
2016102048.jpg
2016102049.jpg
2016102050.jpg
2016102051.jpg
2016102052.gif
0844、今度はドジョウをゲット。
SS:1/3200 F:6.3 ISO:360
2016102053.jpg
2016102054.jpg
SS:1/3200 F:6.3 ISO:1250
2016102055.jpg
2016102056.jpg
2016102057.jpg
2016102058.jpg
2016102059.jpg
2016102060.jpg
2016102061.jpg
2016102062.jpg
2016102063.jpg
2016102064.jpg
2016102065.jpg
SS:1/3200 F:6.3 ISO:640
2016102066.jpg
    アル爺はドジョウを咥えて蛇籠枝へ。
SS:1/1000 F:4.5 ISO:1400
2016102067.jpg
    完食後水浴び3回。
2016102068.gif
0850、アル爺は上流へ飛び去った。

0923、上流から本流上流に向け翡翠通過。

0938、3番枝にアル爺飛来。

SS:1/1000 F:4.5 ISO:100
2016102069.jpg
0942、採餌失敗。
SS:1/3200 F:6.3 ISO:900
2016102070.jpg
2016102071.jpg
2016102072.jpg
2016102073.jpg
2016102074.jpg
    直後、上流から別翡翠飛来。
    アル爺迎撃、追尾して本流上流へ。

0946、本流上流から対岸竹林へ翡翠飛来。
0948、竹林から飛び出た翡翠は上流へ飛び去った。

0955、本日の撮影を終了し撤収。

帰り際、合流点にタゲリ飛来。
ここでは初見だが、機材再セットアップはせずに帰途についた。

オイカワジャンプ
水路に追い込まれたオイカワ、見事なジャンプを見せた。
人間だったら、3階の屋根に飛び乗るほどのジャンプだ(^^;)
中には20cm以上のハイジャンプを見せるアスリートも。



数日前からPCの調子がイマイチ。
色々調整しているうちに誤った操作をしたようで・・・
2015年以降の撮影データ全てが消失した・・・・( ̄△ ̄)が~ん・・・
クラウドにバックアップしてあるので、大半はレスキュー可能なハズなんだけど
意気消沈中でレスキュー作業も気が進まない。

明日の予報は終日晴れだが、気温は一気に下がるようだ。

この記事のURL |     翡翠 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<裏を掻かれっぱなし(T_T) | メイン | 山の次は谷>>
コメント
--
蛇籠のMFテク、興味深く拝見しました。いつもどうやればいいのか
迷っていたのです。あれって正面に飛ぶので距離感が全くないんですよね。
追尾はお見事!
オイカワジャンプは…体がかゆいわけじゃなく、羽虫を追っての結果ですか?
ヘタすると干物になりますよね(笑)
2016/10/20 18:26  | URL | panoramahead #-[ 編集] |  ▲ top

--
だっくさん、こんばんは
蛇籠のテクニックありがとうございます
もで真似できないテクですね~ 流石です
私は蛇籠は全滅です、100%対岸に引っ張られます
対岸背景より約1m手前に置きピンしたいのですが置きピンの目印が無く上手くいきません^^
でも今日は左席でも連続ショットが撮れたのでニヤニヤして帰ることができましたよ^^
2016/10/20 18:32  | URL | ASK #-[ 編集] |  ▲ top

--
センセ、こんばんは~。
オイカワは・・・目の前の人工水路に追い込んで閉じ込めたんですよ~。はい、数匹干物・・・バキッ!!☆/(x_x)
いま、冬季対策のために色々と試行錯誤中です。
2016/10/20 19:04  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top

--
ASKさん、こんばんは。
6時半に行っても右席確保出来ないんですもんね。
最近皆さんえらく気合い入ってます・・・(^^;)
蛇籠水浴びは置きピンでは絶対に不可能だと思いますよ~。
2016/10/20 19:05  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
今日もお世話になりました~
僕もついに博士になりました~コーネリアス博士に(^^:)
まだ腫れが引かないので、明日も休みましょうかね~
何とか今晩中に腫れが引かないとクビになってしまいます。
だっくさんのドジョウゲットの追尾、いつもながら見事です!


2016/10/20 20:27  | URL | TKN #CYdLuodA[ 編集] |  ▲ top

--
コーネリアス博士、こんばんは~。
それにしても酷い腫れでしたねぇ、見ていて痛々しくて・・・つついてやりたくなりましたバキッ!!☆/(x_x)
明日も好天のようですが、気温はぐっと下がるそうです。
河口で腫れを冷やすには丁度良いかも(^^;)
2016/10/20 20:30  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは~。
3番枝からのダイブはお見事ですね~。追尾も良い感じ。
アル爺も最近では無くてはならない存在になっていますね。
2016/10/20 21:04  | URL | かんばんや #zEk0zJbY[ 編集] |  ▲ top

--
かんばんやさん、こんばんは~。
アル爺、無くてはならない存在・・・というより、ヤツが居なくなったら誰も居ない・・・ということで「無くてはならない」んですよね(^^;)

これでもう少し大食漢だったら嬉しいんですけどね~、Mサイズ2尾でガッツリお休みモード突入です。
2016/10/20 21:08  | URL | だっく #USldnCAg[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://duck29.blog.fc2.com/tb.php/2507-11c213a5
| メイン |