----123456789101112131415161718192021222324252627282930-
安全装置作動回避
- 2017/02/28(Tue) -
珈琲豆自家焙煎、我が家のガス台では過熱安全装置が作動してしまうという予想外の事象が発生してしまった。
3つある五徳のうち、奥側の小さな火口には安全装置が装着されていないと思われる。
その確認のため、本日、珈琲豆を焙煎してみた。

結果は・・・


予想通り安全装置が作動することなく焙煎出来た。
この火口は火力が弱いのだが、それが逆に良かった。
最大火力にして焙煎を開始すると、ちょうど良いタイミングで1爆ぜが始まる。
これで微妙な火力調整から解放され、安定した焙煎が出来る。

また、先日作成した「急速冷却器」は完璧にその機能を発揮、僅か1分で冷却そしてチャフ除去まで出来てしまった。
そのため、キッチンにはチャフは殆ど飛散せず。
ガス台に僅かに落ちるだけで、掃除も極めて簡単だった。

やったね\(^o^)/

この記事のURL |     翡翠 | CM(0) | ▲ top
<<恋の予感 | メイン | 明暗>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |