12345678910111213141516171819202122232425262728293031----
急速冷却器
- 2017/03/23(Thu) -
先日作成した「珈琲豆急速冷却器」だが・・・
使用しているうちに問題が発生した。
熱々の珈琲豆の間を通過した熱風は掃除機を通じて排出されるのだが、その掃除機の安全装置が作動してしまうのだ。
掃除機は「オーバーヒート」と判断し、勝手に停止してしまう。
「こらぁ!死ぬ気で頑張らんかいっ!」と叱っても、掃除機は黙り込んだまま・・・
これじゃ豆は冷えない。
掃除機は役立たず、別の方法を考えねば。

というわけでジャンク箱から引っ張り出してきたのが、パソコンの筐体用冷却ファン、そして12vDC-ACアダプタ。
新品を買うなら

20170323005.jpg
20170323006.jpg
ファンの電源ケーブル3本のうち、赤と黒の2本が電源線。
これをACアダプタに直結する。
注意すべき点は回転方向。
ファンには必ず、排気方向の表示がある。

IMG_0340.jpg
プラスマイナスを正しく繋がないと、空気の流れが逆になっちゃうよ。

まずは冷却箱に、ファンを取り付けるための穴を開ける。

20170323001.jpg
発泡スチロールなので、当然ながらネジは効かない。ネジ止めしてもネジがずぶずぶと埋まってしまう。
それを防ぐために、プラ板で固定枠を作成する。

20170323002.jpg
冷却箱の蓋部分を挟むように、ネジでファンを固定する。
20170323003.jpg
後は、正負間違えぬよう、アダプタを直結する。
20170323004.jpg
これで完成。

掃除機に比べりゃ風量は少ないが、とりあえず冷却は出来るだろう。
冷却時に発生するチャフは、このファンにネットをかぶせて回収すればOK。

20170323007.jpg

これでとりあえずOKのハズなんだけど、自作って色々と問題が発生するんだよな。
それはこれから使ってみないことには判らない。
でもそれもまた楽しみの一つなんだが(^^;)
この記事のURL |     日記 | CM(2) | ▲ top
<<お魚いませんっ! | メイン | 強風でダメダメ、ほぼBouzu>>
コメント
--
風の日の撮影みたいな動画になってましたね(笑)
相当風量があるんですね。ファンの面積が大きく、これは
効果が期待できそうです。
掃除機って温度センサーがあるって初めて知りましたよ。
大陸製の粗悪品なら構わず吸ってくれそうですが。
2017/03/24 07:49  | URL | panoramahead #-[ 編集] |  ▲ top

--
センセ、こんにちは。
大陸製の粗悪品!
それですそれ!
だっくも考えたんです、超廉価品があれば買ってもいいかなと。
でもね・・・それで家1軒燃やしてもねぇ・・・(^^;)
2017/03/24 10:33  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |