----123456789101112131415161718192021222324252627282930-
そろそろ産卵開始?
- 2017/04/12(Wed) -
0445起床、概ね晴れ。
2017041203.jpg

28004KT 9999 FEW030 BKN/// 09/07 Q0995 RMK 1CU030
    西の風4Kts、視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 高度20,000ft以上に5/8以上の雲
    気温9℃、露点温度7℃ 気圧995Hp
    予報では9時過ぎから風が若干強まるとのこと。

    霞川水位情報

2017041201.jpg
    昨日の午後には水位は50cmほど上がったが、その後水位は下がり、現在は+10cmとのこと。
    水位+10cm・・・河口ではちょうど良いくらいかな。
0515、出撃。

    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0520、河口現着。

2017041204.jpg
2017041205.jpg
    いいねいいね、このくらいの水位だと、本流から小魚が遡上できるぞ。
    好天に誘われて、CMさんも続々来場。

2017041206.jpg

0537、対岸壁枝に下太郎飛来。
NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1250 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017041207.jpg
0538、下太郎は霞上流へ飛び去った。

0547、CM席左枝にギャル曽根飛来。

SS:1/800 F:4.0
2017041208.jpg
RX100+KOWA TSN774+KOWA VA3 SS:1/25 F:4.9 ISO:400 EV±0 焦点距離:1400mm
2017041209.jpg
    デジスコ・・・まだいまひとつパッとしない。
    光軸が安定してないんだろうなぁ。
0548、壁枝へ。

SS:1/1250 F:4.0 ISO:1600 EV-0.33 焦点距離:(mm)600.0
    ギャル曽根は壁アタック1回の後対岸土手越えで本流へ。
    そして合流点経由で竹林へ。

SS:1/1250 F:4.0
2017041212.jpg
0550、対岸壁枝に下太郎飛来、すぐに竹林へ、そして本流を下っていった。
SS:1/1250 F:4.0 ISO:1100
2017041213.jpg

0555、壁枝に下太郎飛来、土壁アタック再開。
SS:1/1250 F:4.0 ISO:500
2017041214.jpg
2017041215.jpg
2017041216.jpg
2017041217.jpg
2017041218.jpg
2017041219.jpg
2017041220.jpg
2017041221.jpg
2017041222.jpg
2017041223.jpg
2017041224.jpg
2017041225.jpg
0557、下太郎は霞上流へ。
    直後ギャル曽根が壁枝に飛来、土壁アタック再開。

SS:1/1250 F:4.0 ISO:720
2017041226.jpg
2017041227.jpg
2017041228.jpg
2017041229.jpg
2017041230.jpg
2017041231.jpg
    すると下太郎が壁枝に戻ってきた。
SS:1/1250 F:4.0 ISO:800
2017041232.jpg
    そして事に及ぼうとするも・・・未遂・・・
2017041233.gif
    下太郎はすぐに霞上流へ飛び去った。
0558、ギャル曽根も霞上流へ飛び去った。

0559、合流点端枝に下太郎飛来。
    ダイブするも採餌失敗、コブラブロックへ。
    ブロックからダイブ、また採餌失敗。
0600、下太郎は本流上でホバリング、ダイブせずに本流上流へ飛び去った。

0604、対岸壁枝にギャル曽根飛来。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:1250
2017041235.jpg
0605、直下水際にダイブするも採餌失敗、霞上流へ飛び去った。
    追尾したが、背後の対岸にAF取られて撮影失敗。

0609、コブラブロックに下太郎飛来。
    すぐにギャル曽根も飛来。
    下太郎、ダイブして小魚をゲットし、端枝へ。
    ギャル曽根も下太郎について端枝へ。
    求愛給餌・・・

SS:1/1600 F:5.6 ISO:1400
2017041236.jpg
    のハズだったんだけど・・・
    下太郎、ギャル曽根の目の前で自分で食べちゃった・・・オイオイ・・・
0611、2羽は本流上流へ飛び去った。

0629、合流点端枝にギャル曽根飛来。
0630、コブラブロックに下太郎飛来、ギャル曽根もコブラブロックへ。
    すると下太郎は逃げるように端枝へ。
0631、下太郎ダイブするも採餌失敗。
0632、本流上で下太郎がホバリング。
0633、下太郎、本流上流へ。
0634、ギャル曽根が本流でホバリング、ダイブせずに本流下流へ。

0636、下太郎が端枝に飛来、すぐにコブラブロックへ。
0637、下太郎、ダイブするも採餌失敗。
    直後、ギャル曽根が壁枝に飛来。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1250 EV±0
2017041237.jpg
0640、下太郎も壁枝に飛来、土壁アタック再開。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1400
2017041238.jpg
0641、下太郎がCM席左側ブロックへ。
SS:1/2000 F:5.6
2017041239.jpg
    そしてすぐにまた壁枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1250
2017041240.jpg
    ギャル曽根は蛇籠枝へ。お腹がすいているようだ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017041241.jpg
0642、水際にダイブするも採餌失敗。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1400
2017041242.jpg
2017041243.jpg
    ギャル曽根、壁枝へ。
    すると下太郎が・・・

2017041245.gif
ギャル曽根:あたしゃ腹減ってて気が立ってんだかんねっ!(怒)
0643、ギャル曽根、直下水際にダイブするも採餌失敗、そのまま霞上流へ飛び去った。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017041246.jpg
2017041247.jpg
2017041248.jpg
2017041249.jpg
0649、下太郎は合流点のブロックへ。

0652、ギャル曽根が対岸壁枝に飛来。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:800
2017041250.jpg
2017041251.jpg
2017041252.jpg
2017041253.jpg
2017041254.jpg
0656、下太郎は端枝へ。
0658、下太郎、ダイブして小魚をゲット。
    ギャル曽根が空腹だというのに、下太郎自分で完食。
0707、対岸土壁にアタック1回してから壁枝へ。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:720
2017041255.jpg
2017041256.jpg
    ギャル曽根も土壁アタック再開。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:640
2017041257.jpg
2017041258.jpg
2017041259.jpg
2017041260.jpg
0708、ギャル曽根は蛇籠枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1400
2017041261.jpg
0709、竹林へ・・・・あらら・・・途中でダイブしてった・・・(^^;)
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1250
2017041262.jpg
2017041263.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017041264.jpg
0713、下太郎は対岸土手を越え、本流上流へ飛び去った。

0714、ギャル曽根、3番枝へ。
    やっぱりお腹すいてんだわ。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1100
2017041265.jpg
2017041266.jpg
    必死に魚を探すも見つけられず。
    水位は上がったけど、小魚はまだ戻ってないんだよな~。
    ギャル曽根、4番枝へ。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:640
2017041267.jpg
    そしてCM席左枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:900 EV-0.33
2017041268.jpg
0716、ギャル曽根は霞上流へ飛び去った。

0721、合流点端枝に下太郎飛来。
0730、下太郎はコブラブロックへ。
0732、対岸壁枝にギャル曽根飛来。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:450
2017041269.jpg
0733、下太郎が本流上でホバリング。
0735、下太郎、対岸壁枝へ。
    直後、2羽が背伸び。

2017041270.jpg
    ん?どうしたんだ?夫婦げんかか?
    このとき合流点に別翡翠出現、そのため2羽が背伸びをしたようだ。
0736、2羽は霞上流へ飛び去った。

0758、下太郎が合流点端枝に飛来、すぐにコブラブロックへ。
0800、ブロックからジャンプアップダイブ、採餌失敗。

2017041271.gif
0802、下太郎、本流上で3段ホバリング、採餌失敗。
    すぐにブロックからダイブ、小魚をゲット。
0803、下太郎は小魚を給餌咥えして、霞上流へ飛び去った。

0804、コブラブロックに下太郎飛来、対岸壁枝にギャル曽根飛来。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:800
2017041272.jpg
0805、ギャル曽根は蛇籠枝へ。
    下太郎からちっこいのを貰ったんだろうけど、あんなんじゃ足りるワケないわな、ギャル曽根だもの。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1100
2017041273.jpg
0805、採餌失敗して壁枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1250
2017041274.jpg
2017041275.jpg
2017041276.jpg
2017041277.jpg
2017041278.jpg
0806、下太郎も壁枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1000
2017041279.jpg
0807、交尾。
    今度はうまくいったみたい。
    まずはデジスコ動画で。(さっきの失敗分も)


    ロクヨン画像から6枚。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:900
2017041280.jpg
2017041281.jpg
2017041282.jpg
2017041283.jpg
2017041284.jpg
2017041285.jpg
    何だかすっごく気合い入ってたなぁ・・・見てるこっちの方が赤面しそう(^^;)
    壁枝から落とされたギャル曽根は水際の石へ。

SS:1/2000 F:5.6
2017041286.jpg
    ギャル曽根、水浴び1回。
下太郎は霞上流へ。

0812、ギャル曽根、対岸壁枝へ。

SS:1/2000 F:5.6
2017041287.jpg
    直後下太郎が壁枝に飛来、土壁アタック再開。
SS:1/2000 F:5.6
2017041288.jpg
2017041289.jpg
2017041290.jpg
2017041291.jpg
0813、ギャル曽根は霞上流へ飛び去った。
SS:1/2000 F:7.1 ISO:1600
2017041292.jpg
2017041293.jpg
2017041294.jpg
    居残った下太郎、少しぼ~っとしていたが
SS:1/2000 F:7.1 ISO:1250
2017041295.jpg
    下太郎も霞上流へ飛び去った。

0822、対岸壁枝に下太郎飛来。
0823、土壁アタック再開。
    そしてすぐに合流点のコブラブロックへ。
0824、ギャル曽根もコブラブロックに飛来。
    下太郎は本流上で2段ホバリング、採餌せずに本流上流へ。
0825、ギャル曽根も本流上でホバリング、ダイブせずに本流下流へ飛び去った。

    ここまでで撮影枚数が1,000枚を越えてしまった。
    このまま粘ったら処理しきれなくなる。

0830、本日の撮影を終了し撤収。

下太郎、マジに交尾してる。
ということは・・・やっぱり・・・巣穴は完成しているのだろうか。
もしそうなら、来週には産卵が始まるだろう。
日曜までに4個産み終えたとすると・・・
4月17日に抱卵開始
5月10日頃孵化
6月1日頃巣立ち・・・なんてことになるのかな。
ま、情報量が少ないのでまだ何とも言えないけど。

明日の予報は終日晴れ。
しばらくは好天が続きそうだ。
次の雨まで水がもつかどうか。


デジスコの画像がいまひとつすっきりしない。
原因はやはり光軸だろう。
スコープとカメラを物理的に接続していないので、光軸の保持は極めて困難だ。
おまけにスコープとレンズステーは1点止め。
これじゃすぐに光軸がズレちゃうわな。

というわけで、スコープを2点保持出来るよう加工した。

IMG_0522.jpg
自作レンズサポートでスコープのアイピース部分を保持する。
高さは2個の蝶ナットで調整、左右位置は2本の支持ネジの高さを変えることで微調整する。
これでX、Y軸方向の調整は出来たのだが・・・
問題はZ軸方向の光軸調整。
現段階では調整不可能だ。
何か対策を考えねば。
この記事のURL |     翡翠 | CM(6) | ▲ top
<<マジ掘り | メイン | タイトルなし>>
コメント
--
ああ、今日のような日にこそ、河原に居たかった…。
羨ましすぎます。Nさんの満足げな微笑みが浮かんでくるようです。

Z軸の調整…カメラの筐体を前後させるということですか?
それともセンサーを光軸に対して完全に垂直にするための微調整?
やりだすと、なかなか大変そうです。

2017/04/12 21:07  | URL | panoramahead #-[ 編集] |  ▲ top

--
センセ、こんばんは。
>カメラの筐体を前後させるということですか?
はい、それです、それ!
平滑なプレートに垂直に立てられた保持具、それに取り付けたカメラ・・・これがプレートに対して(レンズに対して)垂直じゃないから面倒なことになるんですよね。
早い話が、コンデジの筐体底面はかなりいい加減だということです。
一眼レフだとこんなことは無いんですけどねぇ。
10万円するコンデジでも、やっぱりこの辺りはかなりいい加減です。正確な基準面を構成するという要求が無いんでしょうね。
2017/04/12 21:53  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
今日はお世話になりました~
スゴイ加工の量~そのほかにデジスコ整備
お疲れ様でした~今日は楽しかったです
カワセミの出が良すぎて、休む暇もありません。
ボクは成果の1/3しか加工出来ませんでした。
お疲れ様でした。
2017/04/12 21:58  | URL | TKN #CYdLuodA[ 編集] |  ▲ top

--
だっくさん、こんばんは~。
もうそろそろなんですね~。楽しみですなぁ・・・
デジスコはやりだすときりがありませんよ~。でも動画は大きく撮れるデジスコが有利ですね。
2017/04/13 02:17  | URL | かんばんや #zEk0zJbY[ 編集] |  ▲ top

--
鳥飼人さん、おはようございます。
出が良い、というより、出ずっぱりでしたね。
これで3,4番枝を多用してくれりゃ言うことなしなんですが。
でも、そんな日が、もう目の前に来ていますよ(たぶん)。
ですから我々は、体力を温存しつつ頑張りぬきましょう!(^^;)
2017/04/13 04:49  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
かんばんやさん、おはようございます。
デジスコ、ほんとキリがありませんよね。
撮影というより、金属工作の方が比重が大きいです。
なかなか巧くいきませんが、それがまた楽しいです~(^^;)
2017/04/13 04:51  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |