------123456789101112131415161718192021222324252627282930------
河川工事その後
- 2017/04/18(Tue) -
0430起床、霧雨。
33008KT 5000 -SHRA BR SCT003 BKN007 15/14 Q0993 RMK 3ST003 7ST007 A2933
    北西の風8kts、視程5,000m 雨、もや
    雲量3/8、雲高300ftの層雲 雲量7/8、雲高700ftの層雲
    気温15℃、露点温度14℃ 気圧993Hp
    予報では7時頃までには雨は上がるとのこと。

    昨夜来の雨で、霞川の水位は約30cm上昇、現在は下降中。
    昨日の工事の様子から、どうせ早くいったところで撮影出来るわけでもない。
    これからしばらくの間は、河口の状況をレポートするだけになるだろう。
0555、出発。

    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0600、河口現着。

20170418029.jpg
    見ると聞くとじゃ大違い、こんなになってるとは。
    フィールド内にあったコンクリートブロックが掘り起こされ、フィールドの中央に山積みになっている。
    本流に流出したブロックには手が付けられていないようだ。

20170418030.jpg
    合流点から霞上流側を望む。
20170418031.jpg
    対岸土手から合流点方向へ造成された重機用斜路。
20170418032.jpg
    これじゃ撮影どころじゃないよな。

    それでも下太郎とギャル曽根は、生き抜くために飛び回っていた。

0638、川中に積み上げられたブロックの陰に下太郎飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/200 F:4.0 マニュアル露出 ISO:900 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
20170418001.jpg
    削られた対岸土手にはギャル曽根がパーチしていた。
SS:1/200 F:4.0 ISO:1400
20170418002.jpg
20170418003.jpg
    2羽は対岸土壁にアタック・・・
SS:1/400 F:4.0 ISO:1600
20170418004.jpg
20170418005.jpg
20170418006.jpg
    何も、無理してここに巣穴を掘らなくたって、他所の安全な場所に掘りゃいいだろうに。
    そう思うだろうけど・・・
    彼らのテリトリーの中では、営巣出来そうな場所はここしか無いのだろう。
    他の営巣適地は他の翡翠の縄張りの中、たぶんそうなんだと思う。

0700、予報通り雨が上がった。
    ブロックの山を見ていても仕方ないので、合流点に三脚を立てた。

20170418033.jpg
    河川工事の邪魔にならぬよう、ブラインドは設営せず。
    ブラインドの代わりは芥子菜の花だ。

20170418034.jpg
20170418035.jpg
    美味しい芥子菜は、旬を過ぎてもこうして役に立ってくれる。
    じっくりと見ると、案外綺麗な花だ。

0710、端枝に下太郎飛来。

SS:1/1600 F:4.0 EV±0
20170418007.jpg
20170418008.jpg
0717、下太郎は端枝近くの竹へ。
SS:1/1600 F:4.0
20170418009.jpg
0719、採餌失敗して本流上流へ。
    一瞬にしてファインダーから見失い、離水を撮り逃した。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:900
20170418010.jpg
20170418011.jpg
20170418012.jpg

0721、下太郎、本流対岸の樹上にパーチ。
SS:1/1600 F:4.0 ISO:1250 EV+0.67
20170418013.jpg
0722、下太郎はダイブせず、本流下流へ飛び去った。

0730、本流対岸のブロックでLサイズのお魚を調理中の下太郎発見。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:1600
20170418014.jpg
    時間をかけてじっくり調理していたのでギャル曽根に給餌すると思ったら・・・
    自分で食べちゃった(^^;)
    これだけデカいの喰ったら、すぐには動けんわな。
    その後5分以上休憩していたが、気付いたら姿は無かった。

0740、フィールド内ブロックの山にギャル曽根パーチ。

SS:1/640 F:4.0 EV-0.33
20170418015.jpg
0741、ギャル曽根は端枝へ。
SS:1/640 F:4.0 ISO:200
20170418016.jpg
0742、ギャル曽根は本流上流へ飛び去った。

0759、ギャル曽根、端枝に飛来。

SS:1/1600 F:4.0 ISO:220 EV+0.33
20170418018.jpg
0800、直下の岩陰にダイブ、採餌失敗して本流上流へ。
    しっかり目視追尾、厳しい条件にも関わらず捕捉し続けることが出来た。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:720
20170418019.jpg
20170418020.jpg
20170418022.jpg
20170418023.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:450
20170418024.jpg
20170418025.jpg

0801、ギャル曽根再び端枝に飛来。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1400
20170418026.jpg
20170418027.jpg
0803、ギャル曽根はダイブすることなく、本流下流へ飛び去った。

0805、下太郎が本流下流から本流上流に向け通過。

0811、小魚を給餌咥えした下太郎が、霞上流から本流下流へ通過。

0812、下太郎、本流下流から本流上流に向け通過。

0818、ギャル曽根、本流下流から本流上流に向け通過。

0911、ギャル曽根、端枝に飛来。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:720
20170418028.jpg
0913、ギャル曽根は本流上流へ飛び去った。

0930になっても河川工事は再開されず。

0935、本日の状況調査を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
コチドリの羽繕い

20170418017.gif

撤収時、CM席前には流れは無くなっていた。
20170418036.jpg

この後フィールドはどのようになっていくのだろう・・・・
とりあえず合流点での撮影は可能だが、それも早朝から工事開始までの短時間限定となろう。

明日の予報は終日晴れ。
とりあえず状況調査は継続予定。
この記事のURL |     翡翠 | CM(4) | ▲ top
<<河川工事その後2 | メイン | 喰いもんの恨み>>
コメント
-こんにちは-
だっくさん、レポートお疲れ様でした。
ブロックは、元の場所に戻すんですよね。
今一時的にカメラマン席の前に置いてあるだけですよね
自分たちの縄張りで、掘れるのは前の壁だけというのは
カワセミたちにとっても、悲劇ですよね~明日は出撃予定です。
2017/04/18 14:25  | URL | TKN #CYdLuodA[ 編集] |  ▲ top

--
鳥飼人さん、こんにちは
>今一時的にカメラマン席の前に置いてあるだけですよね
はい、その通りです。
ただし・・・その一時的というのが、今週いっぱいなのか、秋までなのか、それとも来春までなのかは解りませんが(^^;)
2017/04/18 15:22  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
だっくさん、こんにちは
河口の様子、手に取るように分かりました
ちょっと予想と異なってましたが、近々に撤去してほしいものです。
そんな中もカワセミ達は驚くことも無く巣穴アタックとは驚きでした
芥子菜ブラインド、明日は使わせてください^^
2017/04/18 16:56  | URL | ASK #-[ 編集] |  ▲ top

--
ASKさん、こんばんは。
早朝から工事開始までの短時間撮影、何とかなるでしょう。
当然のことながら、長靴を履いて出撃してください。
2017/04/18 18:39  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |