---123456789101112131415161718192021222324252627282930--
卵は4個
- 2017/04/30(Sun) -
0435起床、晴れ。
28003KT 9999 FEW030 10/05 Q1009 RMK 1CU030
    西の風弱く視程10km以上 雲量1/8、雲高3,000ftの積雲
    気温10℃、露点温度5℃ 気圧1009Hp

    風も無く穏やかな鳥撮り日和になりそうだ。
    これで翡翠が大活躍してくれれば、とってもハッピーなGWになるんだけどなぁ。
0505、出撃。

    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。

0510、河口現着。

2017043036.jpg
    止まり木を1本追加し、下流側から1~5番枝、そして蛇籠端の「蛇籠枝」、6本とした。
    完全に「やらせ枝」感満載の枝だけど、とりあえず暫くはこれで行こう(^^;)

    で・・・
    やっぱり・・・
    翡翠は全く飛来せず・・・
    鳴き声すら聞こえず・・・

0659、霞上流から翡翠飛来、鳴き声も出さず本流上流へ飛び去った。

0703、左岸蛇籠に下太郎飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1600 F:5.6 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017043004.jpg
    ふぅ・・・とりあえずボウズは免れたぞ・・・
    下太郎、すぐに堰下ブロックへ。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:450
2017043005.jpg
    ダイブするも採餌失敗、そのまま霞上流へ。
    右岸側の枝が前被りしてぼけぼけ・・・

SS:1/2500 F:5.6
2017043007.jpg
2017043008.jpg

0704、上流から下太郎飛来、対岸土手を越え本流上流へ。

0710、下太郎蛇籠枝に飛来、すぐに蛇籠前水際へ。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2017043009.jpg
0711、下太郎は対岸土手を越え本流へ。
    そしてすぐに戻ってきたが、竹林を巻いて再び本流上流へ飛び去った。

0712、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

0714、対岸竹林端にギャル曽根飛来。
    下太郎と抱卵を交代したのかな。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1400
2017043010.jpg
    お腹の毛が真っ白、間違いなく抱卵しているな。
0715、ありゃりゃ・・・下太郎が対岸土手にやってきたぞ。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:140
2017043011.jpg
    下太郎はすぐに霞上流へ。

0717、下太郎再び土壁に飛来。
    ギャル曽根も土壁へ。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:450
2017043012.jpg
0718、ギャル曽根は竹林へ。
    これって、下太郎からの給餌待ちだわ。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600 EV+1.67
2017043013.jpg
0719、下太郎は対岸土壁を越え本流上流へ。

0722、下太郎が対岸土壁に飛来。
    あらら・・・お魚持ってないぞ。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:180 EV±0
2017043014.jpg
    ギャル曽根、下太郎に近づいたけど・・・何だかガッカリしているみたい。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:160
2017043015.jpg
0723、ギャル曽根、不機嫌そうに竹林へ。
SS:1/3200 F:6.3 ISO:1000 EV-0.67
2017043016.jpg
    下太郎、何を思ったか土壁に向かってフラフラと。
    まさか巣穴掘りでもあるまいし・・・まぁ、これは本能的なものなんだろうな。

SS:1/3200 F:6.3 ISO:250
2017043017.jpg
2017043018.jpg
2017043019.jpg
2017043020.jpg
2017043021.jpg
2017043022.jpg
    この後下太郎は霞上流へ。
    後を追うように、ギャル曽根も霞上流へ飛び去った。

0744、ギャル曽根が対岸竹林に飛来、レンズを向ける間もなく本流上流へ。

0818、下太郎、霞上流から本流上流に向け通過。

0819、下太郎が本流下流から飛来、CM席を一周して霞上流へ。

0820、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

0821、霞上流から翡翠飛来、対岸土手を越え本流上流へ。

0822、1番枝下流の水際にギャル曽根飛来。

SS:1/2500 F:6.3 ISO:1400 EV+0.33
2017043027.jpg
0823、ギャル曽根、竹林下へ。
SS:1/2500 F:6.3
2017043028.jpg
SS:1/2500 F:6.3 ISO:800
2017043029.jpg
2017043030.jpg
2017043031.jpg
    そして対岸土壁最上部へ。
SS:1/2500 F:6.3
2017043032.jpg
0824、ギャル曽根は霞上流へ飛び去った。

    その後1時間以上飛来せず。

0930、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
キジ♂♀

2017043001.jpg
2017043002.jpg
2017043003.jpg
ウグイス
2017043023.jpg

カルガモ母子
2017043025.jpg
2017043024.jpg
2017043026.jpg
河原に営巣、抱卵中のコチドリ
2017043035.jpg
母鳥が動いたときに卵の数を確認出来た。
2017043034.jpg
2017043033.jpg
卵は4個確認出来た。
コチドリに詳しいANDY氏によれば、コチドリは抱卵の際、卵の尖った方を中央にして4個並べるのだそうだ。

2017043000.jpg
なるほど・・・こうすれば卵を密着させることが出来、小さな母鳥が効率的に温めることが出来る。
自然って凄いねぇ。

え?卵が4個っていうから、翡翠の卵かと思ったって?
あはは、下太郎夫婦が何個の卵を抱いているのか、それは知らないよ~。

明日の予報は朝のうちは晴れ、その後曇りから雨になるとのこと。
この記事のURL |     翡翠 | CM(6) | ▲ top
<<鯉の季節 | メイン | キッチンの床張り替え>>
コメント
--
だっくさん、こんにちは
ブロックの新設枝、止まりやすそうですね^^
ピン合わせはこの枝で決まりでしょうか
カルガモのヒナ来たんですね~11羽が6羽に・・
またコチドリの卵、赤のペイント入って居なかったら絶対分からないです、
これは楽しみが増えましたね~
2017/04/30 13:40  | URL | ASK #-[ 編集] |  ▲ top

--
ASKさん、こんにちは。
今朝は5時過ぎから2時間以上、全くダメダメ状態・・・
こりゃダメだわ・・・と諦めかけたとき、YMZK翁がやってきて、それと同時に翡翠もやってきました\(^o^)/
というわけでそれなりに楽しむことが出来ました。
2羽同時に出てきたりして・・・・下太郎ペア、抱卵しているんでしょうかねぇ・・・
2017/04/30 15:51  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは-
あ~また騙されました~だっくさんに!チックショー!
カワセミの卵を巣の中に内視鏡を入れて確認したと想像しました
コチドリはヒバリなどと同じく、地面に直接営巣するのですよね
その卵の数でしたか~綿綿のヒナに早く会いたいです。
2017/04/30 17:08  | URL | TKN #CYdLuodA[ 編集] |  ▲ top

--
鳥飼人さん、こんばんは。
はい、このタイトルは鳥飼人さん宛てに考えてたものですよ~、見事にハマってくれてありがとうございましたm(__)m
翡翠の状況は今ひとつですが、今期はコチドリが穴埋めしてくれそうです。
で、いつ頃孵化するんでしょうかね・・・
2017/04/30 17:42  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは~。
抱卵始めたんですか~。やっぱり此方より早いんですね。
卵は数が揃うまではまともに抱かないらしいですね。全部揃ってから抱き始めるから孵る時期が揃うみたいですね~。お子様が楽しみですね~。
2017/05/01 01:28  | URL | かんばんや #zEk0zJbY[ 編集] |  ▲ top

--
かんばんやさん、おはようございます。
抱卵を始めたのはコチドリですよ~!(^^;)
コチドリも24~5日で孵化しますので、5月20日過ぎが孵化(巣立ち)になります。
2017/05/01 04:43  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |