--12345678910111213141516171819202122232425262728293031--
鯉の季節
- 2017/05/01(Mon) -
0435起床、晴れ。
27003KT 9999 FEW030 14/06 Q1010 RMK 1CU030
    西の風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 気温14℃、露点温度6℃ 気圧1010Hp

    大気の安定度が低く、午後には雷雨になる可能性が高いとのこと。
0505、出撃。

    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。

0510、河口現着。

2017050100.jpg
    水位は昨日より5cmくらい下がっただろうか。
    でも河川工事で河床が平滑になったためか、水が切れることなく流れている。
    これで小魚がいっぱいだったら言うことなしなんだがなぁ。

0613、ギャル曽根が破れ蛇籠に飛来。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/250 F:4.5 マニュアル露出 ISO:280 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017050105.jpg
    どうやら、朝食も朝シャンも済ませてきたようで、ギャル曽根はのんびり休憩に入った。
2017050106.gif
2017050107.gif
2017050108.gif
    ギャル曽根の休憩は30分近く続いた。
0641、休憩を終えて霞上流へ飛び去った。

0642、霞上流からギャル曽根飛来、対岸土手を越え本流上流へ飛び去った。

0651、霞上流からギャル曽根飛来、本流上流へ。

0654、本流下流から本流上流に向け翡翠通過。

0716、本流下流から本流上流に向け翡翠2羽通過。

0722、本流下流から本流上流に向け翡翠通過。

0724、霞上流から2羽飛来、対岸土手を越えて本流へ。
    1羽はそのまま本流下流へ、もう1羽は霞上流へ飛び去った。

0725、本流下流から本流上流に向け翡翠通過。

0726、対岸土手ブロックに下太郎飛来。

SS:1/1250 F:5.0 ISO:100
2017050111.jpg
2017050112.gif
0727、下太郎は対岸土手を越え、竹林を巻いて霞上流へ。
    そして合流点でU-ターンして、本流上流へ飛び去った。

0734、ギャル曽根が蛇籠枝に飛来、レンズを向ける間もなく、対岸土手を越えて本流上流へ。

0735、ギャル曽根が対岸土手に飛来。

SS:1/1250 F:5.0 ISO:250
2017050113.jpg
0736、ギャル曽根は霞上流へ飛び去った。
    直後、蛇籠枝に下太郎飛来。

SS:1/1250 F:5.0 ISO:160
2017050114.jpg
2017050115.jpg
0737、下太郎、対岸土手へ。
SS:1/3200 F:5.6 ISO:640
2017050116.jpg
2017050117.jpg
2017050118.jpg
2017050119.jpg
    そしてすぐにまた蛇籠枝へ。
SS:1/3200 F:5.6 ISO:560
2017050120.jpg
2017050121.jpg
0738、霞上流からギャル曽根飛来、そのまま対岸土手を越え本流上流へ。
    下太郎は再び対岸土手へ。

SS:1/3200 F:5.6 ISO:400
2017050122.jpg
2017050123.jpg
2017050124.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:560
2017050125.jpg
2017050126.jpg
2017050127.jpg
2017050128.jpg
2017050129.jpg
0739、下太郎は本流上流へ。
    本流でU-ターンして再びフィールドイン、堰下でU-ターン、対岸土手を越え本流上流へ飛び去った。

0839、本流下流から翡翠飛来、対岸土手上の木の中へ。
0840、下太郎が蛇籠枝に飛来、すぐに霞上流へ飛び去った。

SS:1/3200 F:5.6 ISO:450
2017050130.jpg

0841、対岸土手に下太郎飛来。

SS:1/3200 F:5.6 ISO:250
2017050131.jpg
2017050132.jpg
2017050133.jpg
0842、下太郎は対岸土手上の木の中へ。
SS:1/3200 F:5.6 ISO:220
2017050134.jpg
2017050135.jpg
    この後下太郎は本流へ飛び去ったようだ。

0854、対岸土手に下太郎飛来、すぐに土手を越え本流上流へ飛び去った。

SS:1/3200 F:5.6 ISO:250
2017050136.jpg
2017050137.jpg
2017050138.jpg

0903、対岸土手越えで下太郎飛来、霞上流へ。

0904、下太郎、対岸土手に飛来、すぐに霞上流へ。

SS:1/3200 F:5.6 ISO:500
2017050141.jpg
2017050142.jpg
2017050143.jpg
2017050144.jpg
2017050145.gif
0904、ギャル曽根が霞上流から本流上流に向け通過。

0915、霞上流から翡翠飛来、対岸土手越えで本流上流へ。

0916、霞上流から翡翠飛来、対岸土手越えで本流へ。
    竹林を巻いてフィールドを通過し、霞上流へ。

0917、下太郎対岸土手に飛来、レンズを向ける間もなく土手を越え、本流上流へ飛び去った。

0923、霞上流から本流上流に向け翡翠通過。

0928、霞上流からギャル曽根飛来、対岸土手を越え本流上流へ。

SS:1/3200 F:5.6 ISO:250
2017050146.jpg
    直後、下太郎が後を追って本流上流へ。

0945、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥等
キジ♀

2017050101.jpg
2017050102.gif
イタチの孫太郎
2017050109.jpg
2017050110.gif
2017050139.jpg
2017050140.jpg
鯉も恋の季節?
2017050103.gif
2017050104.gif

下太郎とギャル曽根、時折2羽で姿を見せる。
ちゃんと抱卵しているのだろうか。
仲違いしているようには見えないので、巧くやっているのだろうと思うが・・・

これでここに小魚さえ居れば、「今日も大量撮影につき・・・」という出だしでブログを書けるのだがなぁ。

明日の予報は終日晴れ。
この記事のURL |     翡翠 | CM(8) | ▲ top
<<未だに巣穴掘り? | メイン | 卵は4個>>
コメント
--
だっくさん、お疲れ様でした。
同じフィールドなのでこんなに撮れちゃうとは流石です^^
帰った後、メスキジ出たんですね、
また5月に相応しくコイの季節gifで動きが良く分かりました^^
イタチや鯉のgif、定点が無いのにやっぱ上手いですね~
2017/05/01 16:51  | URL | ASK #-[ 編集] |  ▲ top

--
ASKさん、こんばんは。♀キジは早朝、5時過ぎの撮影でした。
基準点の無いGIF、これ結構大変です。全体の画像を並べながら、イメージしながらトリミングしています。
2017/05/01 18:26  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは~。
厳しい状態が続いていますね。お魚本流から上がって来てくれると良いですね。
下太郎もギャル曽根も飛来してくれるのでお魚さえ居てくれれば今まで通りのダイブ満載になるんでしょうが、少しばかり時間が必要かもですね・・・
2017/05/01 19:07  | URL | かんばんや #zEk0zJbY[ 編集] |  ▲ top

--
かんばんやさん、こんばんは。
あとはお魚次第です。
川の流れは確保されているので、あと一ヶ月も経てば小魚の寄りも良くなるのではと思っています。
まぁ、ボチボチ頑張ります~。
2017/05/01 20:18  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
今日は急な用事が出来て都内へ~
帰って来たのは陽が落ちた後でした。
河口はカワセミの通り道みたいになってますね。でも
横っ飛びをたくさん載せて居るので賑やかな河口に見えます。
今日は出撃予定だったのにホントに残念でした。
2017/05/01 20:36  | URL | TKN #CYdLuodA[ 編集] |  ▲ top

--
鳥飼人さん、こんばんは。
センセががっかりされておられましたよ。
「TKNさん、僕を見捨てたんだ・・・。」って(^^;)
水は切れずに流れ続けていますが、お魚が居ません。
小魚さえ戻れば楽園になります~!
2017/05/01 20:46  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
おはようございます。
また流言飛語が飛び交っているようですが…。
タイトルはひとめ見て笑ってしまいました。うまい!
しばらくは我慢ですね。
ところで、クリニックで来た時に、超音波で例のモノを
みてみましょうかね。
2017/05/02 07:33  | URL | panoramahead #-[ 編集] |  ▲ top

--
センセ、こんにちは。
今日は水量が激減しましたが、川の流れは切れることはありませんでした。これも、河床が綺麗にならされたおかげだと思います。GW明け頃からはオイカワの遡上も始まりますので、今月後半にはたっぷり楽しめるフィールドになると思われます。
診察の件、宜しくお願いします。そろそろ顔の方もヒクヒクしてきましたので。
2017/05/02 09:20  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |