---123456789101112131415161718192021222324252627282930--
超超至近ダイブ
- 2017/06/07(Wed) -
0430起床、曇り。
2017060740.jpg

34005KT 9999 FEW010 BKN015 BKN/// 17/14 Q1017 RMK 1CU010 6CU015
    北の風5kts、視程10km以上。
    雲量1/8、雲高1,000ftの積雲 雲量6/8、雲高1,500ftの積雲
    気温17℃、露点温度14℃ 気圧1017Hp
    予報では明後日の朝まで曇りだそうだ。
0515、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0520、河口現着。

2017060741.jpg
    河口は・・・何の変化も無し。
    そして、翡翠が飛来する気配もなし・・・

0600、約200mほど上流のポイントへ移動。

2017060742.jpg

    すぐに上流対岸の木に翡翠飛来。
    真っ黒・・・幼鳥だ。
    遠すぎて全く解像せず。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/800 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV±0 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017060701.jpg
SS:1/640 F:4.0
2017060702.jpg
0602、直下にダイブするも採餌失敗、上流へ飛び去った。
    メチャクチャ遠いのに、超高速ダイブに対応出来ず・・・(T-T)

SS:1/640 F:4.0
2017060703.jpg

2017060704.jpg

2017060705.jpg

2017060706.jpg

2017060707.jpg

2017060708.jpg

2017060709.jpg

0610、下流側の止まり木に幼鳥飛来。
    先ほどとは別個体だ。
    ありゃ、ダイブしてきたみたい。

SS:1/640 F:4.0
2017060710.jpg

2017060711.jpg

2017060712.jpg

2017060713.jpg
SS:1/1250 F:4.0
2017060714.jpg
0611、直下にダイブするも採餌失敗。
    40m以遠だというのに、超高速ダイブに追いつけず離水撮り逃し。

SS:1/1250 F:4.0
2017060715.jpg

2017060716.jpg

2017060717.jpg

2017060718.jpg
0612、幼鳥は本流下流へ飛び去った。

0630、下流側の枝付近を狙おうと、30mほど下流側へ移動。

0706、下流から幼鳥飛来、目の前でU-ターンして下流対岸水際の石へ。
    そしてすぐに下流へ飛び去った。

SS:1/1000 F:5.0 ISO:500 EV-0.67
2017060722.jpg
2017060723.jpg
2017060724.jpg

0729、下流から幼鳥飛来。
    下流側止まり木にほんの数秒パーチし、すぐに上流へ飛び去った。

SS:1/1000 F:4.0 ISO:640
2017060725.jpg

0746、上流側対岸の枝に幼鳥飛来。
SS:1/1600 F:5.0 ISO:1600 EV-0.33
2017060726.jpg
    すぐに直下にダイブ、採餌失敗。
    撮影位置を下流側に変更したことが裏目に出て・・・メチャ遠い・・・(T-T)

SS:1/1600 F:5.0
2017060727.jpg

2017060728.jpg

2017060729.jpg

2017060730.jpg

2017060731.jpg

2017060732.jpg
0747、採餌失敗。
0748、また採餌失敗。

SS:1/1600 F:5.0
2017060733.jpg
2017060734.jpg
2017060735.jpg
2017060736.jpg
2017060737.jpg
0749、枝から飛び出しホバリング、ダイブせずにそのまま上流へ飛び去った。
SS:1/1600 F:5.0
2017060738.jpg

2017060739.gif

    撮影場所は水際の護岸ブロックの上。
    足元は

2017060743.jpg
    ブロックの隙間だらけでかなり危ない(^^;)
    水際から2mほど後退し、木陰でスタンバイしていた。
    その後2時間近く翡翠飛来せず、そろそろ退散しようかと考えていた時・・・

0933、足元で「チャポン」と水の音。
    直後、幼鳥がこのブロックに上がって来た。
    つまり足元のブロックの影、水際にダイブしたということだ。
    そして・・・目が合った・・・
    幼鳥は吃驚して上流へ逃げ去った。
    こちらもビックリ! 身動きすら出来なかった。
    当然のことながら、2mじゃ撮影は不可能。
    (可能でも撮れんけどね)

1000、枝の立て直しをし、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥
鴨の幼鳥。母親と区別が付かないほど大きくなった。

2017060719.jpg
キジ♂
2017060720.jpg
2017060721.gif

最後の超々至近ダイブにはビックリした~。
だっくも幼鳥も、目が合った瞬間は固まった(^^;)

この場所は足元が悪いこと、そして3人程度しか入れないこと等、代替撮影ポイントとしてはイマイチだ。
でも河口での撮影が出来ない以上文句は言ってられない。
時折ここを使わせて貰おう。

明日の予報は終日曇り。
この記事のURL |     翡翠 | CM(6) | ▲ top
<<動いたら負け | メイン | ヘッドライトレンズ研磨4>>
コメント
-こんばんは-
今日はまたタイトルに引っ張られました~
超々至近ダイブ何て~信じる方がバカでした。
でも、翻って考えてみると、少なくはありますが
ヒナが極近に飛来した~ってことありましたよね
これからもこんなことがあるかも知れませんから
コンデジを連射モードにして、ポケットに忍ばせましょうね。(^^)
2017/06/07 18:09  | URL | TKN #CYdLuodA[ 編集] |  ▲ top

--
鳥飼人さん、こんばんは。
いやぁ、ビックリしたの何のって!
NKMR氏と私、2人とも完全に固まっちまいました(笑)
幼鳥って、時にとんでもない行動をとりますからね。
え?コンデジ連写?
あはは、100/1では無理です、100/5くださいバキッ!!☆/(x_x)
2017/06/07 18:27  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは~。
おチビちゃんの動きは分かりませんからね~。まさかの超至近ダイブだったんですね。
近い所に良い場所が・・・3人ってのはちょっときつそうですね。
2017/06/07 20:32  | URL | かんばんや #zEk0zJbY[ 編集] |  ▲ top

--
かんばんやさん、こんばんは。
護岸ブロックですからねぇ、ゆったり安心して過ごせるスペースはありません。しかも隙間だらけで、ちょっと動き損じるとズボッとはまってしまいます(^^;)
2017/06/07 20:43  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
この場所はアプローチするだけで大変そうですね。
でも、黒助を間近に見ることが出来るなんて羨ましい!
生意気にもホバまでするんですねえ。
早く我らがフィールドにも現れませんかね・・。
2017/06/08 20:50  | URL | panoramahead #-[ 編集] |  ▲ top

--
センセ、こんばんは。
今日は本流対岸に陣取ったのですが、幼鳥3羽がMFに入っていくのを目撃しました。
場所選択を完全に誤りました・・・
でも、だからといって明日フィールドに来るかというと・・・コレがそうは問屋が・・・(T-T)
2017/06/08 21:18  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |