12345678910111213141516171819202122232425262728293031----
遠~い遠~い遙かな道を~
- 2017/06/10(Sat) -
0410起床、晴れ。
18002KT 9999 FEW030 SCT/// 19/16 Q1005 RMK 1CU030
    南の風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 高層に僅かな雲あり。
    気温19度、露点温度16℃ 気圧1005Hp

    爽やかな朝だ。
    今日もCポイントでスタンバイ予定。
0450、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0500、Cポイント現着。

20170610001.jpg
    カメラ席まで機材を運び込み撮影準備を終えたとき、対岸に幼鳥飛来。
    既に食事も済ませたようで、対岸の枝でのんびり休憩している。
0524、2番枝へ。
    もっと丁寧にピントを合わせりゃいいのに、枝で前ピン(T-T)
    最近目の調子がイマイチで、ピントが合っているかどうかが良く解らん。

20170610002.jpg
    幼鳥はすぐに上流へ飛び去った。

0551、上流から下流に向け翡翠通過。

0608、3番枝に幼鳥飛来。

20170610003.jpg
    何もするわけでもなく、ただぼ~っとしている。
0616、1番枝に別個体飛来。

20170610004.jpg
    この子は1番枝を蹴ってフィールド内を一周、下流水際の岩へ。
20170610005.jpg
    この子を追っかけてたら、その間に3番枝の幼鳥がダイブ、小魚をゲット・・・
20170610006.jpg
0618、今度は下流岩の個体がダイブ、小魚をゲットしたようだ。
20170610007.jpg

20170610008.jpg

20170610009.jpg
0620、3番枝の個体、採餌失敗。
0623、また採餌失敗。
0625、またまた採餌失敗。
0626、微サイズのお魚をゲット。
    続けて微サイズのお魚をゲット。
0628、採餌失敗。
    続けてダイブ、微サイズのお魚をゲット。
0629、採餌失敗。

20170610018.jpg

20170610019.jpg

20170610020.jpg

20170610021.jpg

20170610022.jpg

20170610023.jpg

20170610024.jpg

20170610025.jpg

20170610026.jpg

20170610027.jpg

20170610028.jpg

20170610029.jpg

20170610030.jpg

20170610031.jpg

20170610032.jpg

20170610033.jpg
    続けてダイブ、また採餌失敗。
    直後、別個体が対岸の枝に飛来。

20170610034.jpg
    この後上流側から釣り人が接近。
    釣り人に手で合図を送り、撮影中であることを知らせた。
    するとその釣り人は手で合図を返し、引き返してくれた。
    だが、対岸枝に居た幼鳥はビックリして本流下流へ逃げ去った。
    3番枝に居た幼鳥は、何事も無かったかのようにパーチし続けた。

20170610036.jpg
0649、ダイブするも採餌失敗。
20170610037.jpg

20170610038.jpg

20170610039.jpg

20170610040.jpg

20170610041.jpg
    続けてダイブ、また採餌失敗。
20170610042.jpg

20170610043.jpg

20170610044.jpg

20170610045.jpg
0652、別個体が下流側対岸の石に飛来。
20170610046.jpg
0653、別個体は3番枝へ。
20170610048.jpg

20170610049.jpg

20170610050.jpg
    この後暫し2羽並び。
    多分兄弟なんだろうね、喧嘩するワケでもなくじゃれ合うワケでもなく。
0655、最初に枝止まりしていた幼鳥が対岸の藪の中、お休み処へ。

20170610051.jpg

20170610052.jpg
    この藪は外から中は全く見えず、居るのかどうかも分からない。
    ひょっとしたら背後に抜けられるのかも。
0656、残された個体は上流へ飛び去った。
    この後小一時間、翡翠飛来せず。
    この間にカメラ位置を上流側へ変更。
    3番枝からあんなに連続ダイブされたんじゃ、変更しないワケにはいかんわな。

0747、1番枝に幼鳥飛来。

20170610054.jpg
    すぐに目の前の3番枝へ。
20170610055.jpg

20170610056.jpg
    直後、別個体がが対岸の止まり木に飛来。
20170610060.jpg
0748、また別の個体が3番枝の根元に飛来。
    目の前に3羽居るんだけど、フレームには収まらない。

20170610059.jpg
0749、最後にきた個体は下流側対岸の岩へ。
20170610061.jpg
0750、2番目に来た個体がダイブ、採餌失敗して枝戻り。
    ちゃんと追尾しなかったのでピンボケ・・・( ̄△ ̄)

20170610062.jpg

20170610063.jpg

20170610064.jpg

20170610065.jpg
0752、最初に来た幼鳥が2番枝へ。
20170610066.jpg
    2番枝の幼鳥を追っていたら3番枝の個体がダイブ、採餌失敗。
20170610067.jpg
0754、2番枝の幼鳥が上流側対岸の草へ。
    そして対岸の枝へ。
    え~っと・・・そろそろどの個体が何処へ行ったのか判らんようになってきたぞ(^^;)

20170610068.jpg
0757、対岸枝からダイブするも採餌失敗。
20170610069.jpg

20170610070.jpg

20170610071.jpg

20170610072.jpg

20170610073.jpg

20170610074.jpg

0758、3番枝に居た個体は2番枝へ。
0801、2番枝からダイブ、採餌失敗して下流へ飛び去った。
0802、対岸枝に居た幼鳥、採餌失敗して2番枝へ。
    直後、別個体が1番枝に飛来。

20170610076.gif
0808、1番枝の個体、採餌失敗して3番枝へ。
20170610077.jpg

20170610078.jpg

20170610079.jpg

20170610080.jpg

20170610081.jpg

20170610082.jpg

20170610083.jpg

20170610084.jpg
    この後この個体は本流下流へ飛び去った。

0844、3番枝に幼鳥飛来。

20170610086.jpg
    すぐにダイブ、採餌失敗して2番枝へ。
20170610087.jpg

20170610088.jpg

20170610089.jpg
0846、採餌失敗。
0849、採餌失敗。
0850、採餌失敗して1番枝へ。
0851、採餌失敗。
    疲れたのか、この後1番枝で小休止。
0908、2番枝へ。
    水際に舞い降りホバリング。
    このホバリングがメチャ長かった。
    バッファフルを避けるため休み休みシャッターを押したが・・・それでもバッファが足りない・・・
    15秒くらいホバリングしていたようだ。

20170610093.gif
    ホバリングからダイブ、水棲昆虫をゲット。
20170610094.jpg

20170610095.jpg

20170610096.jpg

20170610097.jpg

20170610098.jpg
0910、藻エビをゲット。
0915、また藻エビをゲット。
0920、またまた藻エビをゲット。
0921、採餌失敗。
    続けてダイブ、また採餌失敗。
0922、採餌失敗。
0924、水棲昆虫をゲット。
0925、採餌失敗。
0927、水棲昆虫をゲット。
    う~ん・・・せっかくカメラ位置を変更したのに、どうしてこうも遠いところばかりでダイブするんだよな・・・
0928、別個体が2番枝へ。
    ったく・・・
    やむを得ずカメラを担いで藪の中を移動。

20170610099.jpg
    更に移動したら・・・
0932、あらら、2羽とも下流へ逃げちゃった・・・(T-T)

0940、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥等
鴨親子

20170610085.jpg
7頭の蝶が乱舞。

20170610091.jpg

20170610092.jpg

カメラ席には、ちゃんとブラインド幕を設置しないといかんな。
ということでホームセンタでブラインドポール設置用の資材を調達してきた。

今日はかなりの枚数を撮影したのだが、30m以遠のダイブなんて面白くも何とも無いので大半を割愛した。
やっぱり20m以内だよな。
25mは限界だよな(^^;)

明日はまずブラインドポール設置作業から開始予定。

明日の予報は終日晴れ。
雨が降らず底が出てきた河口ポイントは、暫くはお休み。

この記事のURL |     翡翠 | CM(6) | ▲ top
<<大ハズレ | メイン | ヘッドライトレンズ研磨5>>
コメント
-こんばんは-
今日は大量撮影だったのですね~
確実にだんだん良くなって来ていますね
確かに25m以内が理想なんですけど
幼鳥で25m以内は贅沢な気がします。
明日は最後のチョウゲンのヒナが巣立つ
という情報が入りましたので、工場さんへ
向かおうと思って居ます。
ダークダックスの銀色の道懐かしいですね!
2017/06/10 19:57  | URL | TKN #CYdLuodA[ 編集] |  ▲ top

--
鳥飼人さん、こんばんは。
去年もそうだったように、この時期はやはりチョウゲンボウでしょう。これを逃すとまた来年まで待たねばなりませんからね~。
30m以遠だと、撮っていても全く面白くありません。
帰りたくなってしまいます(^^;)
2017/06/10 20:01  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは~。
このポイントはなかなか良いですね~。30m以上だと厳しいですが・・・
シャッターをバンバン切れるのは精神的にも良いですもんね。
暫くはこちらで撮影ですかね。
2017/06/10 21:51  | URL | かんばんや #zEk0zJbY[ 編集] |  ▲ top

--
かんばんやさん、こんばんは。
各枝と岸辺の最短距離は20m弱なので、目の前の枝だと近すぎて警戒されちゃいます。
かといって隣の枝だと30m以遠・・・
やはりブラインドネットが必要なのではと思案中です。
河口が干からびているので、梅雨の大雨まではここで我慢です。
2017/06/10 21:57  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
はやいとこ、わんさか降って欲しいものです。
それはそうと、この場所はなかなか良いですね。元気のいい雛が
いいペースでダイブしてくれてますね。
ブラインドを作って、少しずつ人馴れしてもらえると良いなあ。
熱中症、気をつけてくださいね。
2017/06/11 03:45  | URL | panoramahead #-[ 編集] |  ▲ top

--
センセ、おはようございます。
Cポイントは梢の下なので、河口よりも涼しいくらいなんですよ。
問題は足場が非常に悪いということと、ここへのアプローチ自体もかなり危険だということだけです・・・(^^;)

今年も50年に1度の大雨が来ますようにバキッ!!☆/(x_x)
2017/06/11 04:43  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |