---123456789101112131415161718192021222324252627282930--
新装開店
- 2017/06/16(Fri) -
0400起床、曇り。
35006KT 9999 FEW015 SCT020 18/16 Q1006 RMK 1SC015 3SC020
    北の風6kts、視程10km以上
    雲量1/8、雲高1,500ftの層積雲 雲量3/8、雲高2,000ftの層積雲
    気温18℃、露点温度16℃ 気圧1006Hp

    METARも予報も晴れとなっているのだが・・・
    実際はどん曇り。

2017061680.jpg
    予報が外れているのは判るが、METAR観測値が間違っているというのはどうも。
0435、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0440、Cポイント現着。
    いつもなら幼鳥が待っているのだが・・・今朝はどうやら来ていないようだ。
    退屈なので、CM席の整備作業を少々。

0548、幼鳥Aが対岸枝に飛来したが、すぐに土手越えで北へ飛び去った。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1600 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017061601.jpg

0625、幼鳥Aが2番枝に飛来。
SS:1/1600 F:5.6
2017061602.jpg
0626、採餌失敗。
0627、3番枝へ。
0628、対岸水際の石へ。

SS:1/1600 F:5.6
2017061603.jpg
0629、採餌失敗。
    続けてダイブ、小魚をゲット。
0630、対岸枝へ。

SS:1/2000 F:5.6
2017061604.jpg
0631、上流側対岸の草へ。
0633、小魚をゲットして対岸枝へ。

SS:1/2000 F:5.6
2017061605.jpg

2017061606.jpg

2017061607.gif
0644、4番枝に幼鳥B飛来。
SS:1/2000 F:5.6
2017061608.jpg

2017061609.jpg

2017061610.jpg
    幼鳥Aは対岸枝、動かず。
SS:1/2000 F:5.6
2017061611.jpg
    幼鳥Aがダイブしそうな仕草をしたのでレンズを向けていたら・・・
    幼鳥B、採餌失敗。
    急いでレンズを向けても間に合うワケがない。

SS:1/2000 F:5.6
2017061612.jpg

2017061613.jpg
    対岸枝の幼鳥A、今にも飛び込みそうな仕草を見せる。
    幼鳥Aにレンズを向けていたら・・・
0645、またも幼鳥Bダイブ、採餌失敗。(T-T)
0646、対岸枝の幼鳥A、水際にダイブするも採餌失敗。

SS:1/2000 F:5.6
2017061614.jpg

2017061615.jpg

2017061616.jpg
    おっと・・・同時に幼鳥Bダイブ、採餌失敗。
SS:1/2000 F:5.6
2017061617.jpg

2017061618.jpg

2017061619.jpg
0647、幼鳥B、4番枝から飛び出しホバリング、ダイブせずに枝戻り。
SS:1/2000 F:5.6
2017061620.jpg

2017061621.gif

2017061622.jpg

2017061623.jpg

2017061624.jpg
0648、幼鳥Aも4番枝へ。
SS:1/2000 F:5.6
2017061625.jpg

2017061626.jpg

2017061627.jpg

2017061628.jpg
0650、幼鳥Aは再び対岸枝へ。
SS:1/2000 F:5.6
2017061629.jpg

2017061630.jpg
    すると、幼鳥Bも対岸枝へ。
SS:1/2000 F:5.6
2017061631.jpg

2017061632.jpg

2017061633.jpg

2017061634.jpg
    兄弟(姉妹?)だもの、よく似てるよな。
0651、幼鳥Aが直下にダイブ、採餌失敗。
    すぐに3番枝へ。

SS:1/1600 F:5.6
2017061635.jpg
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1000
2017061636.jpg

2017061637.jpg

2017061638.jpg

2017061639.jpg

2017061640.jpg
0652、幼鳥Bが対岸枝から飛び出し、対岸水際でホバリング。
    ダイブせずにお休み処へ。

2017061641.gif

    幼鳥B、すぐにお休み処の中からダイブ、採餌失敗して3番枝へ。
SS:1/800 F:5.6 ISO:900
2017061642.jpg

2017061643.jpg
SS:1/800 F:5.6 ISO:640
2017061644.jpg
0653、幼鳥Bは2番枝へ。
    幼鳥Aも後を追って2番枝へ。
0655、幼鳥B、採餌失敗。
0656、続けてダイブ、採餌失敗。
0700、またまた採餌失敗、対岸水際の石へ。
    石からダイブ、水棲昆虫?をゲット。
    幼鳥Aは本流上流へ飛び去った。

0703、3番枝に幼鳥C飛来。

SS:1/800 F:5.6 ISO:800
2017061645.jpg

2017061646.jpg
0704、幼鳥Cは対岸水際の石へ。
    石からダイブ、採餌失敗。
    続けてダイブ、採餌失敗。
0705、今度は水棲昆虫?をゲット。
    続けてダイブ、採餌失敗。
0707、幼鳥Bもダイブ、採餌失敗。
0709、幼鳥BはCM席のすぐそばに飛来。
    草被り、写距離6mくらいか。

SS:1/1250 F:5.6 ISO:360 EV±0
2017061647.jpg
0710、幼鳥Bは本流上流へ飛び去った。

0711、幼鳥Bが下流側対岸の草に戻ってきた。
0713、対岸でホバリング、ダイブするも採餌失敗して水際の石へ。
0714、続けてダイブ、採餌失敗。
0715、幼鳥Bは1番枝へ。
0716、幼鳥Cが4番枝へ。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600 EV+0.33
2017061648.jpg

2017061649.gif

2017061650.gif

2017061651.gif

2017061652.gif
0721、幼鳥C、採餌失敗。
SS:1/2000 F:5.6 EV-0.33
2017061653.jpg

2017061654.jpg

2017061655.jpg

2017061656.jpg
    この後幼鳥CはCM席背後のグラウンド方向へ飛び去った。

0804、対岸水際の石に幼鳥B飛来。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:560
2017061657.jpg
    直後、幼鳥Aが下流側対岸水際の石に飛来。
0811、幼鳥B、ダイブして小魚をゲット。
0812、続けてダイブ、水棲昆虫?をゲット。
0813、幼鳥A、採餌失敗。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:640
2017061658.jpg

2017061659.jpg
    続けてダイブ、採餌失敗。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:720
2017061660.jpg

2017061661.jpg
    あらら、幼鳥Bもお休み処へ。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:1600
2017061662.jpg

0816、幼鳥Bは3番枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:800
2017061663.jpg
0819、4番枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:560
2017061664.jpg

2017061665.gif

2017061666.gif

2017061667.jpg
0821、幼鳥Cは下流側対岸水際の石へ。
0823、4番枝の幼鳥B、ジャンプアップダイブするも採餌失敗。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:800
2017061668.jpg

2017061669.jpg

2017061670.jpg

2017061671.jpg

2017061672.jpg

2017061673.jpg
0825、幼鳥Bはお休み処へ。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:500
2017061674.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2017061675.jpg
0833、フィールド内に居た3羽の翡翠、全て退場。

    1番枝、2番枝は水面逆光、しかも写距離があり、ろくな画像にならない。
    ということで1,3番枝は撤去することに。
    そして、最下流側の浅瀬(馬の背)に止まり木1本を追加した。
    フィールド内には
1番枝 写距離約18m

2017061676.jpg
2番枝 写距離約19m
2017061677.jpg
3番枝 写距離約29m
2017061678.jpg
そして対岸枝 写距離29m の4本のみとした。

    翡翠の飛来しないヒマな時間、NKMR氏と2人でCM席の拡張及び整地作業を行った。
    今までは3~4人で満席だったが、整備後は最大で7人まで収容できるようになった。
    また、整地作業により、CM席での転倒事故も防止出来るようにした。

2017061682.jpg

0850、下流側対岸水際に下太郎飛来。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600 EV+0.67
2017061679.jpg
0851、下太郎、ダイブして小魚をゲットし、下流へ飛び去った。
    逆光、そして遠すぎ、どうにもならず。

0930、CM席整備作業を終了、本日の撮影を終了し撤収。

本日の河口の状況。

2017061681.jpg
昨日と変化なし。
第2堰で地下に潜った霞川がCM席前で再び地表に出現している。
この状況では水生植物も育たず、藻エビや水棲昆虫も育たない。
5月いっぱいで河川工事が終了しても、この状況は変わらないだろう。
梅雨期に大量の雨が降り霞川の河床に浸透し、土砂等で浸透穴をふさいでくれれば・・・
ひょっとしたら、以前の状態に戻るかもしれない。
それにしても、2ヶ月くらいはかかるだろう。

というわけで河口ポイントは当面の間閉鎖し、Cポイントを代替運用する。

明日の予報は終日晴れ。
おいおい・・・梅雨なんだよなぁ・・・。
この記事のURL |     翡翠 | CM(6) | ▲ top
<<ギャル曽根 | メイン | 河口最新状況>>
コメント
--
おお、素晴らしいですね!これなら寝坊しても
何とか潜り込めるでしょうか(汗)NKMRさんと2人での奮闘
本当にお疲れ様でした。こうして幼鳥がまとまっているのも
そんなに長くは続きませんよね。
2017/06/16 18:30  | URL | panoramahead #-[ 編集] |  ▲ top

--
センセ、こんばんは。
NKMR氏と2人で大汗流して頑張りましたが・・・
このフィールドが当分の間賑わうかというと・・・
幼鳥の行動は「思いつき」によるものですから、そのうちここも見向きもされなくなる可能性が大だと思います。
このCポイントがアウトになる前に、河口が何とか持ち直してくれると良いのですが・・・
2017/06/16 19:07  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
先ずは、だっくさん、NKMRさん、お疲れ様でした。
しばらくは、記事だけと思って居たのにありがたや!
幼鳥観察に明日寄らせて貰います。
幼鳥は動きが速そうなので、止まりモノで我慢します。
月曜日はセンセも参戦出来そうですね~
楽しみにしています。
2017/06/16 20:24  | URL | TKN #CYdLuodA[ 編集] |  ▲ top

--
鳥飼人さん、こんばんは。
Cポイントではルールを確実に守って頂きますよ。
テープで規制線を引いてありますので、その外には絶対に出ないように願います。
CM席内は狭いので、動き回るのは御法度です。
ルールを守れない場合は即刻退場ですからね~(^^;)
駐車場からのアプローチもかなり危険ですので、十分注意してください。
2017/06/16 20:30  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは~。
整備作業お疲れ様でした。足元がしっかりして安心して撮影に集中できますね~。
出も良くて羨ましいですねぇ。河口が戻るまでは時間が掛かりそうなので暫くはこちらでですね。
2017/06/16 23:09  | URL | かんばんや #zEk0zJbY[ 編集] |  ▲ top

--
かんばんやさん、こんにちは。
とりあえず幼鳥3~4羽が遊んでくれている間は大丈夫だと思います。
ただ・・・これがいつまでもつやら(^^;)
河口は・・・たぶん・・・秋までアウトかもしれません。
何年もかけて整備したフィールドなのに、たった1回の台風でダメになっちゃうんですものねぇ・・・。
2017/06/17 09:59  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |