-----123456789101112131415161718192021222324252627282930
あんた誰?
- 2017/07/02(Sun) -


0410起床、曇り。
31003KT 9999 FEW020 SCT040 BKN100 21/20 Q1008 RMK 1CU020 3SC040 5AC100
    北西の風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高2,000ftの積雲 雲量3/8、雲高4,000ftの層積雲 雲量5/8、雲高10,000ftの高積雲
    気温21℃、露点温度20℃ 気圧1008Hp

    昨日はボウズ。
    今日は何としても、1枚くらいは撮りたい・・・
0455、出撃。
    撮影した写真の一部をデジブックに掲載した。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0500、河口現着。

2017070274.jpg
    水位は昨日より5cmほど上昇しており、勢いよく流れていた。
2017070275.gif

0540、1番枝に翡翠飛来。
NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/2000 F:5.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV+0.67 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017070201.jpg
    ありゃ?幼鳥じゃないみたい・・・
    ひょっとしてギャル曽根?

2017070202.gif

2017070203.gif
0541、ギャル曽根は2番枝へ。
2017070204.jpg
    嘴の先端が白っぽくみえるのは「成長点」かとも思えたのだが、よくよく見ると・・・
    単に透けて白く見えるだけのようだ。
0542、ダイブするも採餌失敗、河床の石へ。
    超高速ダイブ、一瞬にしてファインダーから消えた・・・

SS:1/2000 F:4.0 EV-0.33
2017070207.jpg
    ギャル曽根、再び2番枝へ。
SS:1/2000 F:4.0
2017070208.jpg

2017070209.jpg

2017070210.jpg
0549、下太郎は霞上流へ飛び去った。

0640、霞上流から本流上流に向け翡翠通過。
    直後、対岸土手越えで翡翠飛来、そのまま霞上流へ。

0642、合流点に下太郎飛来。
0656、本流上流へ。

0658、2番枝に翡翠飛来。

SS:1/1600 F:5.6 ISO:280
2017070211.jpg
    あんた、誰?
    やっぱり・・・ギャル曽根だよなぁ?

2017070212.gif

2017070213.jpg

2017070214.gif

2017070216.gif
0704、ダイブ・・・着水せずに対岸水際の石へ。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:450
2017070217.jpg
    すぐにまた2番枝へ。
SS:1/1600 F:5.6 ISO:400
2017070218.jpg
    そしてまたのんびり羽繕い。
2017070219.gif

2017070220.gif
0710、超高速変則ヒネりダイブ、採餌失敗して枝戻り。
   途中まで追尾できたのに、ヒネりで見失った(T-T)

SS:1/2000 F:5.6 ISO:450
2017070221.jpg

2017070222.jpg

2017070223.jpg

2017070224.jpg
    この後ギャル曽根は竹林の端へ。
    直後、別個体が本流上流から下流に向け通過。
0711、ギャル曽根、竹林からダイブするも採餌失敗、合流点の石へ。
    そしてすぐにまた竹林の端へ。
0712、竹林から飛び出し、本流上でホバリング、ダイブせずに合流点の石へ。
    すぐに舞い上がり、また本流上でホバリング、ダイブせずに合流点の石へ。
0713、ギャル曽根は本流上流へ飛び去った。

0720、霞上流左岸側のFCB(FlexibleCountainerBag)に幼鳥飛来。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:560
2017070225.jpg
0721、幼鳥は霞上流右岸側へ。
    姿は見えなくなった。

0723、幼鳥が右岸側藪からダイブ、採餌失敗して合流点へ。
    このとき、合流点で別個体と出くわし、2羽ともに本流上流へ飛び去った。

0735、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

0745、カメラ席左側、右岸水際の石に翡翠飛来。
    あんた、誰?

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1400
2017070226.jpg
    ひょっとして・・・下太郎?
    嘴の先が白く見えるので幼鳥かと思ったんだけど・・・いや、やっぱり下太郎だよな?
    直後、上流側から幼鳥接近。

SS:1/2000 F:5.6
2017070227.jpg

2017070229.jpg

2017070230.jpg

2017070231.jpg

2017070232.jpg
    コレって・・・やっぱり親子だよなぁ・・・
2017070233.gif
    本気でやりあうワケでもなく・・・じゃれ合っているような・・・
    親子だよ・・・なぁ?
    下太郎、先に逃げ出して対岸のFCBへ。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1250
2017070235.jpg
SS:1/2000 F:5.6 ISO:450
2017070236.jpg
0746、幼鳥も後を追ってFCBへ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:400
2017070237.jpg

2017070238.jpg

2017070239.jpg

2017070240.jpg

2017070241.jpg

2017070242.jpg
0748、被写界深度を深くするため絞りを変更している最中に・・・
    下太郎、ダイブするも採餌失敗。
    そして対岸土手を越え、本流上流へ飛び去った。
    またしても離水を撮り損なっちまった( ̄△ ̄)
    そして下太郎は、対岸土手を越え本流上流へ飛び去った。
    直後、幼鳥も下太郎の後を追った。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:500
2017070247.jpg

2017070248.jpg

0829、2番枝にギャル曽根飛来。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:720
2017070249.jpg
0830、ダイブするも採餌失敗。
    あっちゃ~、また振り切られちまったぃ・・・離水撮れねぇ~っ!(T-T)

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2017070250.jpg

2017070251.jpg

2017070252.jpg

2017070253.jpg
SS:1/2500 F:5.6 ISO:800
2017070254.jpg

2017070255.jpg

2017070256.jpg

2017070257.jpg
    も一回ダイブしてちょうだいっ!
0831、ギャル曽根は霞上流右岸側の藪へ。

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1600
2017070258.jpg
    すっごい前被り・・・ギリギリ、何とか、存在が判る程度。
0838、藪からダイブ、Mサイズのお魚をゲットし、そのまま霞上流へ飛び去った。
    ラストチャンス!逃がしてたまるかぁああああっ!

SS:1/2500 F:5.6 ISO:1400
2017070259.jpg

2017070260.jpg

2017070261.jpg

2017070262.jpg

2017070263.jpg

2017070264.jpg

2017070265.jpg

2017070266.jpg

2017070267.jpg

2017070268.jpg

2017070269.jpg

2017070270.jpg

2017070271.jpg

2017070272.jpg

0926、2番枝にギャル曽根飛来、すぐに本流上流へ飛び去った。
SS:1/2500 F:5.6 ISO:1000
2017070273.jpg

0930、本日の撮影を終了し撤収。

今日飛来した2羽(♂・♀)、当初は幼鳥かと思われた。
幼鳥にしては脚が紅いが、嘴の先端が白く見え、それは成長点であろうと思われたからだ。
しかし良く見ると、成長点では無く単に透けて白く見えただけのようだ。

また、過去の画像と比較した結果、♀は間違いなくギャル曽根だった。
♂は・・・確証は無いが、下太郎だと思う。

下太郎夫婦、順調に抱卵していたのであれば、あと1週間ほどで孵化するハズ。
8月上旬には2番子雛を連れて来てくれるだろう。

それにしても、河口が一気に賑やかになったぞ。
ここ暫く切れることなく水が流れ、小魚が遡上してきたからだろう。
この状況が続いてくれると良いのだが。

明日の予報は終日曇り。
少くらいならお湿りがあっても良いのだがなぁ。
この記事のURL |     翡翠 | CM(8) | ▲ top
<<やっぱりねぇ・・・ | メイン | 2度あることは3度無い?>>
コメント
--
だっくさん、こんにちはと言うかおめでとうございます~^^
予想してましたよね~明日は爆発って、いや~大当たり!
今日参加のCMは皆大喜びだったんではないでしょうか
良い兆しです、明日も爆発期待して行くと2度は無いって
事になるのかもね~
でも明日を期待し、出陣しますね~
2017/07/02 17:08  | URL | ASK #-[ 編集] |  ▲ top

--
ASKさん、こんにちは
フィールドの水量がとても良い状態なのです。
お魚もたっぷり居ますし。
しかも本流にはササゴイCMが溢れていて、本流じゃ落ち着けないカワセミが河口に入ってきています。
明日もこの調子が続けばよいのですが・・・水位は次第に低下中・・・
2017/07/02 17:17  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
だっくさん、今日は思い切りシャッターを押すことが出来ました
結果はどうあれ、これはとても幸せな事と思います。
明日もこの調子が変わらずに続くことを願って居ます。
あんた誰?の鳥は、僕は若オスと呼んでアップしました。
下太郎でも若オスでも、なんでも良いから遊んで欲しいものです。
あの後、オスが2度3番枝に飛来しましたがダイブ無しでした。
お疲れ様でした。明日もどうぞよろしくです。
2017/07/02 20:16  | URL | TKN #CYdLuodA[ 編集] |  ▲ top

--
鳥飼人さん、こんばんは。
♂と♀が同時に飛来しないところをみると、やはり下太郎とギャル曽根じゃないかと思うのです。そうであれば、今は抱卵最終期ですしね。
まぁ、誰が誰であろうと、しっかり遊んでくれれば言うことなしなんですが(^^;)
この好調がいつまでも続いて欲しいものです。
明日は遅刻しませんように(^^;)
2017/07/02 20:47  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
週末のCマンにとっては、最高のプレゼントになりましたね。
たまにはこういう事がないと…。
いよいよフィールドの主役が戻ってきてくれたとなると
明日が楽しみです。ま、月曜日なんで、アレですけどね…。
ダイブの画像を見てると、やっぱりこうでなくっちゃと
思います。。
2017/07/02 21:10  | URL | panoramahead #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは~。
やっとこれからが本番と言った所でしょうか。やはりカワセミさん達はお魚が居てくれれば平井してくれるんですな~。
下太郎でもギャル曽根でも若様でも取り敢えず定着して欲しいですねぇ。
2017/07/02 21:18  | URL | かんばんや #zEk0zJbY[ 編集] |  ▲ top

--
センセ、こんばんは。
昨日が酷かったので今日はどうなるか心配だったのですが、週末CMさんが楽しむことが出来、胸をなで下ろしています。
ただ・・・また暫く雨が降らないようなので・・・今後どうなるのか、全く予測できません。
何とか、現状維持して欲しいんですけどね~。
2017/07/02 21:32  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
かんばんやさん、こんばんは。
翡翠の飛来には、水位が大きく影響するようです。
Cポイントは水位が高くなり、さっぱり飛来しなくなっちゃいました。
ぎゃくに河口はちょうど良い塩梅になり、面白くなってきました。
この状態が果たしていつまで続くのか・・・
ま、なるようにしかなりませんけどね~。
2017/07/02 21:35  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |