-----123456789101112131415161718192021222324252627282930
ラジエタースポンジ交換
- 2017/09/25(Mon) -
1999年製ロードスターNB6C
ラジエターとフロントバンパー部の隙間を埋めてあるスポンジが経年劣化し、指で触れただけでポロポロと崩れてきた。

スポンジ交換01
このスポンジは、エンジンにより温められた空気が再びラジエター前面から吸入されるのを防止するために取り付けてある。
これが劣化し崩落すれば、ラジエターの本来の性能が発揮されなくなる。

まず、劣化したスポンジを指でしごいて全て取り除く。
この際、ラジエターを押さえている金具を取り外すと、ラジエター本体を若干倒すことが出来、隙間が広がり作業がしやすくなる。

スポンジ交換02
スポンジ交換03
左側も。
スポンジ交換04
スポンジを取り除いたら、スポンジを貼り付けていた両面テープも剥ぎ取る。
ドライバーまたはスクレーパーでこそぎ取れば良い。

スポンジ交換05
新たに貼り付けるスポンジは30cm角の発泡ウレタン材(厚さ20mm)を使用したが、ホームセンタで 幅20mm、厚さ10mmの隙間テープを購入した方が安上がりで綺麗に仕上がるかも。お値段は800円程度。
スポンジ交換06
発泡ウレタン材を幅10mmに切り出す。
スポンジ交換07
これに両面テープを貼り付ける。
スポンジ交換08
ラジエター本体を少し後方に押し、作成したスポンジ材を貼り付ける。
スポンジ交換09
ラジエター止め金具を取り付け、作業完了。
スポンジ交換10
これで、エンジンの暖気がラジエターに再吸入されることは無くなった。

作業効率、費用、完成後の見栄え等を考えると、発泡ウレタン材よりも隙間テープの方がずっと良いかも(^^ゞ。
この記事のURL |     日記 | CM(0) | ▲ top
あわやボウズ2連チャン
- 2017/09/24(Sun) -
0500起床、高曇り。
VRB01KT 9999 FEW030 SCT150 BKN180 19/17 Q1015 RMK 1CU030 3AC150 6AC180
    風弱く視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲 雲量3/8、雲高15,000ftの高積雲 雲量6/8、雲高18,000ftの高積雲
    気温19℃、露点温度17℃ 気圧1015Hp

    高い雲はあるが、時間経過とともに消散するだろう。
0555、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0600、河口現着。

2017092401.jpg
    昨日より10cmほど水位が下がり、ちょうど良い湯加減だ。
    今日は、昨日の分まで撮り返すぞ!

0605、霞上流から本流下流に向け翡翠通過。

0608、合流点ブロックに幼鳥飛来。
    採餌失敗して本流下流へ飛び去った。

    早朝の翡翠の出は申し分なし、こりゃ今日は爆発するかも\(^o^)/

0639、合流点の枯れ竹に幼鳥飛来。
0640、本流にダイブ、採餌失敗して本流上流へ飛び去った。

    あれ?
    その後パッタリ・・・

0805、合流点のブロックに幼鳥A飛来。
    よ~し、やっとショー開始だ。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/2500 F:6.3 マニュアル露出 ISO:1400 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017092402.jpg
    この後ブロックからダイブして採餌失敗し2番枝へ・・・
    というのがいつものパターンなのだが・・・
    なかなかダイブしない・・・
    お魚が見つからないのか?
    こっちにはいっぱい居るぞ。
0811、本流対岸ブロックに別個体出現。
    先日飛来した「幼鳥D」のようだ。
    A、スクランブル発進。

SS:1/2500 F:7.1 ISO:1600
2017092403.jpg
    この後2羽は本流下流へ飛び去った。

    スクランブル任務を完了し戻って・・・来ない・・・オイオイ( ̄△ ̄)

0900、CM席には昨日のような暗く淀んだ空気が・・・(T-T)
    う~ん・・・完全丸坊主2連チャンかよ・・・
    10時にゃ帰るぞ・・・

0921、2番枝に幼鳥A飛来!
    ふぅ・・・やっとボウズを免れたぞ~!

SS:1/3200 F:7.1 ISO:1000
2017092404.jpg
0923、採餌失敗。
    レンズの振りおろしが遅れたが、2段離水だったので何とか間に合った。

SS:1/2500 F:7.1 ISO:1400
2017092405.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:1250
2017092406.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:1400
2017092407.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:1250
2017092408.jpg

2017092409.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:800
2017092410.jpg

2017092411.jpg

2017092412.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:720
2017092413.jpg
0924、直近を通過した鳩に驚いて対岸水際の岩へ。
    そしてすぐに上流対岸川のFCB(フレキシブルコンテナバッグ)へ。
    ここで飛び込みそうな仕草は見せるものの、なかなか飛び込まず。
0928、4番枝へ。

SS:1/2000 F:5.6 ISO:1600
2017092414.jpg
    あぁそうか、ペレットを吐きたいんだ。
2017092415.gif
0930、ペレットが出ない・・・
    CM席左側足元のブロックへ。
    写距離7m弱、殆どノートリ。

SS:1/2000 F:5.6
2017092416.jpg

2017092417.gif
    やっと出たよ。
    さて、どうするんだ?

SS:1/2000 F:5.6
2017092418.jpg

2017092419.jpg

2017092420.jpg

2017092421.jpg
0932、幼鳥Aは1番枝へ。
SS:1/2000 F:5.6 ISO:400
2017092422.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:1250 EV+0.67
2017092423.jpg
0923、ハイジャンプアップからダイブ、採餌失敗して2番枝へ。
    ジャンプアップと同時にファインダから消失、撮影失敗(T-T)

SS:1/2500 F:7.1 ISO:1600
2017092424.jpg

2017092425.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:1400
2017092426.jpg
0934、採餌失敗して下流側の河床の石へ。
SS:1/2500 F:7.1 ISO:1250
2017092427.jpg

2017092428.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:1000
2017092429.jpg
    石から舞い上がりホバリング、採餌失敗。
SS:1/2500 F:7.1 ISO:800
2017092430.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:1100
2017092431.jpg
0935、採餌失敗。
SS:1/2500 F:7.1 ISO:800
2017092432.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:720
2017092433.jpg
    続けてダイブ、採餌失敗。
SS:1/2500 F:7.1 ISO:800
2017092434.jpg
SS:1/2500 F:7.1 ISO:720
2017092435.jpg

2017092436.jpg

2017092437.jpg
    更にダイブ、採餌失敗。
0936、ホバリングからダイブ、採餌失敗して合流点のブロックへ。

2017092438.gif
SS:1/2500 F:7.1 ISO:900
2017092439.jpg
    すぐに本流上でホバリング、採餌失敗。
    幼鳥Aは本流上流へ飛び去った。

0945、本流下流から霞上流に向け翡翠通過。

0955、本日の撮影を終了し撤収。

危うくボウズ2連チャンを喰らうところだった。
それにしてもヤツは何故こんなに遅く来るんだ?
フィールド周辺では4羽の幼鳥がうろついている。
まだテリトリーは確定しておらず、皆何処へ行ったら良いのやら・・という状態なんだろう。

明日の予報は朝のうちは曇りで後晴れ。

明日は気分転換に、ちょっと別場所で鳥撮りの予定。
この記事のURL |     翡翠 | CM(8) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ