----123456789101112131415161718192021222324252627282930-
RX100 デジスコ化 その7
- 2017/06/20(Tue) -
センセから機材をお借りしてのRX100デジスコ化計画、なかなか巧く進まない。
このほどセンセからTE-11WZ PROMINAR (25~60× WIDE ZOOM)とターボアダプタP2をお借りしたので、再度トライすることに。

アイピースとカメラの接合には、ターボアダプタTA4とP2を2段重ねする。

20170620010.jpg
この際、アイピースの見口ゴムとスライド金具は取り外す。
(これに気付かず、取り付けられずに苦労した)
カメラはユニバーサルアダプタに乗せて接合。
以前は遮光に苦労したのだが、今回はカメラのレンズ部がアダプタの奥深くに挿入出来るので、遮光の心配は無用だった。

20170620012.jpg
カメラはユニバーサルアダプタに搭載するのだが・・・
これの「芯出し」が非常に手間が掛かる。
1ヶ所のネジを緩めりゃすぐに全体がズレてしまい、一発ではなかなか決まらない。
とっても便利そうで、とっても難儀するアダプタだ(^^;)

20170620011.jpg
全てを組み終えると
20170620009.jpg
RX100への電力供給は、スマホ用モバイルバッテリーを流用する。

さて、試写だが・・・
とりあえずベランダから遠方を狙って・・・
といってもこのお天気、気温高めで大気の揺らぎが凄い・・・
というわけで、きっちりとした試写評価はまた後日。

画像は全てオリジナルサイズ、加工していない。
隣のビルの照明(100m)

SS:1/800 F:5.6 ISO:125 EV±0 分割測光 焦点距離10.4mm アイピース倍率x25 換算焦点距離700mm
20170620002.jpg
SS:1/640 F:5.6 ISO:125 EV±0 分割測光 焦点距離10.4mm アイピース倍率x40 換算焦点距離1120mm
20170620001.jpg
SS:1/400 F:5.6 ISO:125 EV±0 分割測光 焦点距離10.4mm アイピース倍率x60 換算焦点距離1680mm
20170620003.jpg

う~ん・・・
適当に組み上げただけで、いきなりこの画質かよ・・・たまげたぞ。

写距離約300mの道路案内板

SS:1/500 F:5.6 ISO:125 EV±0 分割測光 焦点距離10.4mm アイピース倍率x25 換算焦点距離700mm
20170620004.jpg
SS:1/400 F:5.6 ISO:125 EV±0 分割測光 焦点距離10.4mm アイピース倍率x40 換算焦点距離1120mm
20170620005.jpg
SS:1/250 F:5.6 ISO:125 EV±0 分割測光 焦点距離10.4mm アイピース倍率x60 換算焦点距離1680mm
20170620006.jpg

こりゃホントに凄いね。

ちょっと色気を出して、デジタルズーム。

SS:1/250 F:5.6 ISO:125 EV±0 分割測光 焦点距離21.9mm アイピース倍率x40 換算焦点距離2360mm
20170620007.jpg
SS:1/320 F:5.6 ISO:125 EV±0 分割測光 焦点距離37.1mm アイピース倍率x40 換算焦点距離4000mm
20170620008.jpg

アイピースの倍率を60倍にすれば、6000mmもの超望遠撮影となるが・・・
さすがにブレがもの凄く影響してくる。
足元をかなり固めて、しかもレンズの芯出しもかなり追い込まなきゃダメだ。

それにしてもだ、チャチャッとやっただけでこの高画質だぞ・・・
もっと撮影条件の良いときに、きっちりと追い込んでから翡翠撮影をしてみたいものだ。
この記事のURL |     機材 | CM(6) | ▲ top
突然ガツンとボウズ
- 2017/06/20(Tue) -
0430起床、晴れ。
01002KT 9999 FEW020 17/13 Q1012 RMK 2SC020
    北の風弱く視程10km以上
    雲量2/8、雲高2,000ftの層積雲
    気温17℃、露点温度13℃ 気圧1012Hp
    予報でも終日穏やかに晴れるとのこと。
0455、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0500、河口現着。

2017062013.jpg
    本日は常連さん達は皆さん遠征に出かけたので、だっく独り占めの予定(#^_^#)
2017062014.jpg

0527、遙か下流の止まり木に下太郎飛来。
    300m・・・遠すぎ・・・

2017062012.jpg

0551、下流150mの水際に下太郎飛来、すぐにダイブして小魚をゲット。
    これまた遠すぎて撮る気になれず。
0552、下流100m、対岸の木にパーチ。
    まだまだ!
    ありゃ・・・下太郎、下流へ行っちゃったぞ。

0628、下流から上流に向け翡翠通過。

0634、対岸枝に幼鳥B飛来、すぐに土手を越え北へ飛び去った。
    滞在時間0.5秒以下・・・

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1000 F:5.6 マニュアル露出 ISO:1250 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017062001.jpg

    結局その後は全く飛来せず・・・

1000、本日の撮影を諦め退散。

本日のその他の野鳥
対岸樹上のキジ♂

2017062002.jpg
ササゴイ
2017062004.jpg

2017062005.jpg

2017062006.jpg

2017062007.jpg

2017062008.jpg

2017062009.jpg

2017062010.jpg







アオサギ
2017062011.jpg

独り占めしようだなんて浅ましい考えをするから、独りボウズを喰らった・・・(^^;)
それにしても、この一気のトーンダウンは厳しいなぁ。
もともとCポイントは幼鳥が飛来してなんぼの場所、幼鳥がこなけりゃただの「水辺」なんだ。
幼鳥の気まぐれに振り回されることは百も承知だけど、こうもあっさりと見限られるとは・・・
参ったね。

明日の予報は終日雨、しかもかなりの雨量が見込まれる。
鳥撮りは諦め、一人静かに反省すべきか・・・(^^;)
この記事のURL |     翡翠 | CM(4) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ