---123456789101112131415161718192021222324252627282930--
彷徨(徘徊)
- 2017/11/17(Fri) -
0645起床、晴れ。
27002KT 9999 FEW030 04/00 Q1020 RMK 1CU030
    西の風弱く、視程10km以上
    雲量1/8、雲高3,000ftの積雲
    気温4℃、露点温度0℃ 気圧1020Hp

    冷え込んでいるが、無風のため寒くは無い。

    こんなに遅くまで寝ていたのって・・・何年ぶり?
    朝寝坊、とくに冷え込んだ朝にベッドでのんびりしているのって、すっごく幸せだよな(^^;)
    今日は河口へは向かわず、UD公園へ直行の予定。
    UD公園は早朝に行っても暗くて撮影出来ないから、のんびり~。

0730、出撃。
    現像して2400x1600pix にトリミングし、1500x1000pixにリサイズしてある。
    静止画像はクリックで1500x1000pix表示。
0820、UD公園公園現着。
    普段なら20分もあれば十分なのに・・・何と・・・50分も掛かってしまった。
    道を間違えたワケじゃない、すっごい渋滞だったのだ。
    7時半から8時半って、出勤時間帯なんだよな。
    世の中の連中、えらく朝寝坊なヤツばかりか・・・バキッ!!☆/(x_x)

2017111701.jpg
    う~ん、とっても良い感じ。
    でも・・・
    どういうワケか、誰も居ない。
    8時半だもの、CMさんがずらりと並んでいるハズなのだが・・・
    1時間以上待つも、翡翠の姿も、声もなし。
    ダメだコリャ・・・
    だれも来ないのは、撮影出来ないからなのだろう。
    つまりここは・・・終わったってことだな。
    機材を片付け公園の出口にさしかかったとき、梢にパーチする翡翠を発見。

NIKON D4S+NIKKOR600F4G ED SS:1/1600 F:4.0 マニュアル露出 ISO:1600 EV-0.33 中央重点測光 焦点距離:(mm)600.0
2017111702.jpg
    この後翡翠は大沼方向へ飛び去ったので、ここでの撮影を諦め、北の蓮池へ。

1010、北の蓮池現着。
    ここも、カメラマンは一人も居なかった。
    池の周りでは草刈り作業が行われていて、とても撮影できる雰囲気では無かった。
1030、行くところも無いので河口へ戻ることに。

1050、河口現着。
    ANDY氏とOSNご夫妻が歓談していた。
    OSNご夫妻とは・・1年ぶりくらいだろうか、お元気そうで何よりだ。
    この後本流側で撮影準備。

2017111703.jpg

1117、中枝に下流の♂が飛来。
SS:1/3200 F:5.6 ISO:500 EV-0.33
2017111705.jpg

2017111706.gif
SS:1/3200 F:5.6 ISO:400
2017111707.jpg
1121、ダイブしてMサイズのお魚をゲットし、枝には戻らずブロックへ。
SS:1/3200 F:5.6 ISO:800
2017111708.jpg

2017111709.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:640
2017111710.jpg

2017111711.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:450
2017111712.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:320
2017111713.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:280
2017111714.jpg
SS:1/3200 F:5.6 ISO:220
2017111715.jpg
    お~い、見えないぞ~出て来い!
    出てきた・・・(^^;)

SS:1/3200 F:5.6 ISO:450
2017111716.jpg

2017111717.gif
1123、完食して左枝へ。
SS:1/3200 F:5.6 ISO:560
2017111718.jpg
    背景がグチャグチャなのでカメラを担いで移動。
    あらら・・・ちょっと近づいたら、♂は本流下流へ飛び去ってしまった(T-T)

1146、下流から♂飛来、右枝直前でU-ターンしてブロックへ。

SS:1/3200 F:5.6 ISO:220
2017111719.jpg

2017111720.jpg
1147、♂は本流下流へ飛び去った。

1159、水辺まで出てみたら・・・
    右の藪から♂が飛び出し、対岸沿いにフィールドを半周し、背後のグラウンド方向へ飛び去った。
    下流へ飛び去ったと思っていたのだが、どうやらすぐ近くに潜んでいたようだ。

1200、本日の撮影を終了し撤収。

本日のその他の野鳥等
上空を飛行する米軍のC-130

2017111721.jpg

帰り際、CM席からフィールドを見てきた。
昨日と何の変化も無かった。

2017111704.jpg

参ったねぇ。
このところ絶不調だったから、UD公園でガッツリ撮って気分転換をしようと思ったのだが・・・
そのUD公園は既に終わったようでボウズ。
久しぶりに訪ねた北の蓮池も全くダメダメ
隣の芝生は青いと言われるが、何処へ行ってもダメなものはダメ。
あちこち彷徨ったが(徘徊していると言った方が正しいかも)、結局はMFで腰を据えて撮るのが一番ということだ。

明日の予報は朝のうちは曇りでその後は雨。
早朝から雨が降り出すまでの間、本流でスタンバイしよう。
この記事のURL |     翡翠 | CM(8) | ▲ top
ステンレスコーヒーフィルタ
- 2017/11/16(Thu) -
普段、コーヒーを入れるフィルタはネルを使用している。
ネルは、使用後は水に濡らした状態で冷蔵庫に保存している。
ごく当たり前の作業なのだが、これが結構面倒臭い(^^;)

ということで、試しにステンレスフィルタなるものを購入してみた。

20171116003.jpg
メッシュではなく、ステンレスにパンチングしてあるものだ。
目詰まりするんじゃないかとか、金属臭がするんじゃないかとか、色々と心配はある。
でもお値段1500円弱だよ、ネルフィルタ3枚分くらい。すぐに元とれるよな。

早速使ってみた。

20171116001.jpg

20171116002.jpg
本来はコーヒーカップの上に置いて、一杯分ずつ抽出するものなのだが・・・
ガラスポットの上にフィルタ部分だけを入れて珈琲を抽出してみた。


さて、飲んだ感想は・・・
その前に、珈琲豆はもちろん自家焙煎。
生豆はケニア産のレッドマウンテン。
これを超浅煎りする。
約12分で1爆ぜさせ、1爆ぜ終了1分後に火を止め急速冷却している。
浅煎りなので、こく、深みはあまり無いが酸味と渋みはしっかり出る。
ステンレスフィルタで淹れた珈琲の味は・・・
①雑味が消えた。
 特に、粉っぽさが無くなったように思う。
②酸味は殆ど変化無いが、渋みが少なくなり、その分苦みが増えたように思える。
③甘みが・・・何処かへ行っちゃったかも・・・
それでも、不味くなったという程ではない。
十分に美味しい珈琲ではある。

さて、珈琲を淹れたあとのフィルタの管理。
ネルは綺麗に洗って、水を張ったタッパウェアに淹れて冷蔵室に保管する。
乾燥させちゃダメなんだ。

ステンレスフィルタは・・・


水道水でチャチャッと洗うだけ。
こりゃ簡単だわ。
たぶん、何回か使用したら珈琲渋が付着するだろうから、キッチンハイター等で洗浄する必要があるんだろうと思うけど。

取り扱いが簡単になったぶん、珈琲の消費量が増えるかも・・・
この記事のURL |     日記 | CM(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ